Secret Oath(2019.3.20)-第148回ケンタッキーオークス(米GI)の勝ち馬-

Result

Secret Oath(シークレットオース) 牝 栗毛 2019.3.20生 米国・Briland Farm, Robert Mitchell & Stacy Mitchell生産 馬主・Briland Farm 米国・D Wayne Lukas厩舎

Secret Oath(2019.3.20)の4代血統表
Arrogate
芦毛 2013.4.11
種付け時活性値:1.25【5】
Unbridled’s Song
芦毛 1993.2.18
Unbridled
鹿毛 1987.3.5
Fappiano 1977.5.19
Gana Facil 1981.2.9
Trolley Song
芦毛 1983.4.13
Caro 1967.4.11
Lucky Spell 1971.1.28
Bubbler
黒鹿毛 2006.4.5
Distorted Humor
栗毛 1993.3.19
フォーティナイナー 1985.5.11
Danzig’s Beauty 1987.3.7
Grechelle
黒鹿毛 1995.3.11
Deputy Minister 1979.5.17
Meadow Star 1988.5.19
Absinthe Minded
鹿毛 2007.4.12
仔受胎時活性値:0.75【11】
Quiet American
鹿毛 1986.4.29
種付け時活性値:1.00【20】
Fappiano
鹿毛 1977.5.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Killaloe 1970.3.17
Demure
鹿毛 1977.4.4
Dr. Fager 1964.4.6
Quiet Charm 1971.2.25
Rockford Peach
栗毛 1991.3.14
仔受胎時活性値:1.75【15】
Great Above
黒鹿毛 1972.1.19
種付け時活性値:0.50【18】
Minnesota Mac 1964.4.26
Ta Wee 1966.3.26
Strawberry Skyline
芦毛 1984.5.21
仔受胎時活性値:1.50【6】
Hatchet Man
芦毛 1971.3.30
種付け時活性値:1.00【12】
Drylook
黒鹿毛 1973.5.15
仔受胎時活性値:0.50【10】

<5代血統表内のクロス:Fappiano3×4、Mr. Prospector4×5×5、Dr. Fager4×5(母方)、Rough’n Tumble5×5(母方)、Aspidistra(♀)5×5(母方)>

Secret Oath(2019.3.20)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Arrogate
(Mr. Prospector系)
Quiet American
(Mr. Prospector系)
Great Above
(Rough’n Tumble系)
Hatchet Man
(Blenheim系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Arrogate 4.50
(No. 9-f)
4番仔?
(2連産目?)

*

2022年の第148回ケンタッキーオークス(米GI。チャーチルダウンズ・ダート9F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 1 Secret Oath 牝3 54.9 Luis Saez 1:49.44 D Wayne Lukas 3
2 4 Nest 牝3 54.9 Irad Ortiz Jr 2 Todd Pletcher 1
3 9 Desert Dawn 牝3 54.9 Umberto Rispoli 1/2 Philip D’Amato 13
4 7Echo Zulu 牝3 54.9 Joel Rosario 1/2 Steven Asmussen 2
5 10 Kathleen O. 牝3 54.9 Javier Castellano 1 Claude R McGaughey III 3
KYオークスはシークレットオースが制覇、ルーカス師は32年ぶりの美酒 | JRA-VAN Ver.World
 現地6日、米チャーチルダウンズ競馬場でG1ケンタッキーオークス(3歳牝馬、ダート9ハロン)が行われ、L.サエス騎乗のシークレットオースが勝利した。  レースはエアの冠名で知られる吉原毎文氏が共同所

2022年の第148回ケンタッキーオークス。桃色の百合、スターゲイザーの首飾りを賭けた”Lillies for the Fillies”。その第148回を制したのはSecret Oath。1頭スクラッチして14頭立てとなったチャーチルダウンズ・ダート9ハロン。逃げてレースを引っ張ったのは冠名「エア」でおなじみの吉原毎文氏の持ち馬Yuugiri(2019.3.10)、番手追走は昨年2021年のエクリプス賞最優秀2歳牝馬Echo Zulu(2019.4.7)。前走アッシュランドS(米GI)を8と4分の1馬身差の圧勝を収めて1番人気に推されたNest(2019.4.8)は7番手、そしてSecret Oathは8番手あたりを追走。半マイル通過46秒51という淀みない流れの中、外外を回りながら手応えよく進出する白い小ぶりのブリンカーを着けた栗毛馬の姿が目に付いたかと思うと、チャーチルダウンズの直線376m、青の帽子、日本風に言うならば「青、黄緑襷、黄緑二本輪」の勝負服をまとったルイス・サエス騎手の鼓舞に応じたSecret Oathが軽やかに抜け出し。前走はアーカンソーダービー(米GI)に向かい牡馬相手に3着だったSecret Oath、牝馬どうしの大一番でGI初制覇を遂げました。

Secret Oathを管理されるのは米国の名伯楽ダレル・ウェイン・ルーカス調教師。ルーカス師は1982年の第108回のBlush With Pride(1979.6.5)、1984年の第110回のLucky Lucky Lucky(1981.2.20)、1989年の第115回のオープンマインド(1986.3.8)、1990年の第116回のSeaside Attraction(1987.3.20)に続いて、今年2022年の第148回のSecret Oathが32年ぶり(!!)5度目のケンタッキーオークス制覇と相成りました。ケンタッキーオークス5勝はウッディー・スティーヴンス調教師に並ぶ、調教師のケンタッキーオークス最多勝ということ。現在86歳で今年9月2日に87歳を迎えられるルーカス師、その手腕の確かさは、老いを全く感じさせず。↑で引いたレース映像において、ゴール後、おなじみのサングラス姿のルーカス師がチラッと映られていましたが、そのお姿は御身90歳に近いとはとても思えませんでした。意気軒昂、老いては益益壮んなるべし。今回はかつてルーカス師の下でアシスタントを務めたトッド・プレッチャー調教師の管理するNestを負かしての勝利でもあり、「サスガは師匠」というところを見せ付けられた結果でもありました。

*

Secret Oathのケンタッキーオークス制覇は、父Arrogateに種牡馬としてのGI初勝利を贈ることにもなりました。改めてArrogateの現役時代の成績を確認しておきますと、3歳から4歳で7勝を挙げ、その主な勝ち鞍にドバイワールドカップ(UAE・GI)、ブリーダーズカップ・クラシック(米GI)、トラヴァーズS(米GI)、ペガサスワールドC招待S(米GI)があります。

第147回トラヴァーズS(米GI)の勝ち馬。
Arrogate 牡 芦毛 2013.4.11生 米国・Clearsky Farms生産 馬主・Juddmonte Farms, Inc 米国・Bob Baffert厩舎 Arrogate(...
2016年のBCの主役たち(其の肆)-Arrogate(2013.4.11)-。
Arrogate 牡 芦毛 2013.4.11生 米国・Clearsky Farms生産 馬主・Juddmonte Farms, Inc 米国・Bob Baffert厩舎 Arrogate(...
第1回ペガサスワールドカップ(米GI)の勝ち馬
Arrogate 牡 芦毛 2013.4.11生 米国・Clearsky Farms生産 馬主・Juddmonte Farms, Inc 米国・Bob Baffert厩舎 Arrogate(...
2017年のドバイWCナイトの主役たち(其の伍)
Arrogate 牡 芦毛 2013.4.11生 米国・Clearsky Farms生産 馬主・Juddmonte Farms, Inc 米国・Bob Baffert厩舎 Arrogate(...

Arrogate、2017年のドバイワールドカップが鬼のような強さでなんじゃこりゃ。馬の絶対能力が違いすぎる。世界には、恐ろしい馬がいるものと思ったものでした。そのドバイワールドカップで2着に負かした同い年のGun Runner(2013.3.8)もとんでもなく強い馬で、種牡馬としても同じ2018年から供用され、共に2019年生まれ世代が初年度産駒。Gun Runnerは上述のEcho Zuluの他、Gunite(2019.2.3)、Cyberknife(2019.3.14)、Taiba(2019.4.13)と既に4頭のGI勝ち馬を送り出しており、Arrogateはジュタロウ(2019.2.17)を始めとして日本でも8頭の勝ち上がり馬を出すなどしていますが、ケンタッキーオークスの戦前までGレース勝ちはSecret OathによるハニービーS(米GIII)のみ。

そうして迎えたケンタッキーオークスにおいて、Secret Oathが大舞台でその秘めたる勝負強さを見せてくれたのでした。天国にいる父Arrogateにも届いたかなSecret Oathのケンタッキーオークス制覇、2馬身差の完勝。お見事でした。

*

Secret Oathはアーカンソーダービーで3着に敗れたことによりケンタッキーダービー(米GI)を断念したようですが、

 一方でルーカス師は、クラシック第2戦のG1プリークネスステークス参戦の可能性は完全に否定しなかった。

前哨戦で敗れた牝馬シークレットオース、KYダービー挑戦を断念 | JRA-VAN Ver.World

ということ。ルーカス師は牝馬Winning Colors(1985.3.14)でケンタッキーダービー1着、プリークネスS3着、ベルモントS(米GI)6着と三冠路線を歩まれたこともありますので、Secret Oathの進路も気になるところです。

Secret Oath、Arrogateの愛娘の次走も楽しみにしておきましょう。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

#ケンタッキーオークスに臨むにあたってのインタビューですが、ルーカス師、肌艶の色の良さや舌鋒鋭く滑らかな口の動きからも、本当にお若い。ルーカス師のお姿から、人間は「生涯現役」ということが真に大切と改めて思いました。

##レース後の記者会見でも「舌好調」だった模様。素晴らしい。


##長い動画ですが百合のレイが出来上がるまでを追った内容。人の手による仕事、その出来上がりの美しさよ(^^)