Swiss Skydiver(2017.3.10)-第145回プリークネスS(米GI)の勝ち馬+α-

Result

Swiss Skydiver(スイススカイダイバー) 牝 栗毛 2017.3.10生 米国・WinStar Farm, LLC生産 馬主・Peter J. Callahan 米国・Kenneth G. McPeek厩舎

Swiss Skydiver(2017.3.10)の4代血統表
Daredevil
栗毛 2012.2.15
種付け時活性値:1.00【4】
More Than Ready
黒鹿毛 1997.4.4
サザンヘイロー
鹿毛 1983.2.9
Halo 1969.2.7
Northern Sea 1974.3.13
Woodman’s Girl
鹿毛 1990.4.30
Woodman 1983.2.17
Becky Be Good 1981.2.26
Chasethewildwind
栗毛 1994.4.15
フォーティナイナー
栗毛 1985.5.11
Mr. Prospector 1970.1.28
File 1976.4.30
Race the Wild Wind
黒鹿毛 1989.3.3
★Sunny’s Halo 1980.2.11
Redpath 1974.1.20
Expo Gold
栗毛 2008.4.1
仔受胎時活性値:2.00【8】

ヨハネスブルグ
鹿毛 1999.2.23
種付け時活性値:0.00【8】
ヘネシー
栗毛 1993.3.25
Storm Cat 1983.2.27
Island Kitty 1976.2.23
Myth
鹿毛 1993.2.26
オジジアン 1983.3.17
Yarn 1987.3.1
Clouds of Gold
栗毛 1999.3.30
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【8】
Strike the Gold
栗毛 1988.3.21
種付け時活性値:0.50【10】
Alydar 1975.3.23
Majestic Gold 1979.3.12
Cloudy Colors
鹿毛 1991.5.31
仔受胎時活性値:1.75【7】
Personal Flag
黒鹿毛 1983.4.15
種付け時活性値:1.75【7】
Getoffofmycloud
鹿毛 1977.3.19
仔受胎時活性値:1.25【13】

<5代血統表内のクロス:Halo4×5、Mr. Prospector4×5×5、Raise a Native5×5>

Swiss Skydiver(2017.3.10)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Daredevil
(Halo系)
★ヨハネスブルグ
(Storm Cat系)
Strike the Gold
(Alydar系)
Personal Flag
(Damascus系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Personal Flag
(Cloudy Colors)
7.00 or 5.00 祖母が加GIII2着馬
(No. 5-i)
4番仔?
(4連産目?)

*

2020年の第145回プリークネスS(米GI。ピムリコ・ダート9.5F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 4 Swiss Skydiver 牝3 55.8 Robby Albarado 1:53.28 Kenneth McPeek 6
2 9 Authentic 牡3 57.2 John R Velazquez クビ Bob Baffert 1
3 6 Jesus’ Team 牡3 57.2 Jevian Toledo 9 3/4 Jose Francisco D’Angelo 10
4 3 Art Collector 牡3 57.2 Brian Joseph Hernandez Jr アタマ Thomas Drury Jr 2
5 8 Max Player 牡3 57.2 Paco Lopez 1 1/4 Steven Asmussen 5

2020年の第145回プリークネスS。史上6頭目の牝馬制覇、成る。Swiss Skydiver、牝馬限定戦のスピンスターS(米GI)やブラックアイドスーザンS(米GII)ではなく、プリークネスSへの果敢な挑戦により、同期の牡馬10頭を打ち破りました。テン乗りとなったロビー・アルバラード騎手にエスコートされたSwiss Skydiver、向こう正面で内から上手く進出して「良い感じ」と思って見ていたら、最後は外から迫ったケンタッキーダービー(米GI)馬Authentic(2017.5.5)との一騎打ちを「クビ」だけ制しました。

Authentic(2017.5.5)-第146回ケンタッキーダービー(米GI)の勝ち馬-
Authentic(オーセンティック) 牡 鹿毛 2017.5.5生 米国・Peter E. Blum Thoroughbreds, LLC生産 馬主・Spendthrift Farm LLC, MyRaceHorse Stable, Madaket Stables LLC and Starlight Racing Owner Link 米国・Bob Baffert厩舎

Swiss Skydiver、前走ケンタッキーオークス(米GI)でShedaresthedevil(2017.3.2)の2着の折にアラバマS(米GI)の勝ち馬として紹介した際、私の中で、Swiss Skydiverという馬名は、近年の海外馬において最も印象に残った馬名です。どういう訳か(^^)と記載したのですが、プリークネスS史上6頭目の牝馬制覇により、世の中に対しても印象に残る快挙を遂げてくれました。

Shedaresthedevil(2017.3.2)-第146回ケンタッキーオークス(米GI)の勝ち馬+α-
Shedaresthedevil(シーデアーズザデビル) 牝 鹿毛 2017.3.2生 米国・WinStar Farm, LLC生産 馬主・Flurry Racing Stables LLC, Qatar Racing Limited and Big Aut Farms 米国・Brad H. Cox厩舎 Swiss Skydiver(スイススカイダイバー) 牝 栗毛 2017.3.10生 米国・WinStar Farm, LLC生産 馬主・Peter J. Callahan 米国・Kenneth G. McPeek厩舎

プリークネスSを制した牝馬を挙げておきますと、Flocarline(1900)、Whimsical(1903)、Rhine Maiden(1912)、Nellie Morse(1921)、Rachel Alexandra(2006.1.29)、そしてSwiss Skydiverの6頭です。Swiss Skydiver、かのRachel Alexandra以来11年ぶりの牝馬制覇と相成りました。素晴らしい。

SS以降のエクリプス賞年度代表馬を辿る(其の拾玖)-Rachel Alexandra(2006.1.29)-
Rachel Alexandra(レイチェルアレクサンドラ) 牝 鹿毛 2006.1.29生 米国・Dolphus C. Morrison生産 馬主・Stonestreet Stables 米国・Steve Asmussen厩舎

*

Swiss SkydiverのプリークネスS勝利により、父Daredevilについて、米国内で「トルコから呼び戻せ」の声が更に加熱するのでしょう。そりゃ初年度産駒がケンタッキーオークスでワンツーフィニッシュ、そしてプリークネスSを制したのですから、ね^^;

伏兵のレコード勝ちで幕を閉じたケンタッキーオークス - 合田直弘 | 競馬コラム - netkeiba.com
デアデヴィル産駒ワンツーに「呼び戻せ!」の声も 4日(金曜日)にチャーチルダウンズ競馬場で行われた第146回ケンタッキーオークス(d9F)は、オッズ16.1倍の伏兵シーデアズザデヴィル(牝3)が1分4… No.1競馬情報サイト「netkeiba.com」の競馬コラム。月150本以上の競馬コラムを毎日更新中!

という訳で、今回は種牡馬としても功成り名を遂げたDaredevilの4代血統表も併せてご紹介しておきます。

Daredevil(デアデビル) 牡 栗毛 2012.2.15生 米国・Marianne I. Chase & Brandon L. Chase生産 馬主・Let’s Go Stable, WinStar Farm LLC and China Horse Club 米国・Todd A. Pletcher厩舎

Daredevil(2012.2.15)の4代血統表
More Than Ready(USA)
黒鹿毛 1997.4.4
種付け時活性値:1.50【14】
サザンヘイロー
鹿毛 1983.2.9
Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Northern Sea
鹿毛 1974.3.13
Northern Dancer 1961.5.27
Sea Saga 1968.2.21
Woodman’s Girl
鹿毛 1990.4.30
Woodman
栗毛 1983.2.17
Mr. Prospector 1970.1.28
プレイメイト 1975.4.12
Becky Be Good
鹿毛 1981.2.26
Naskra 1967.3.15
Good Landing 1965.4.18
Chasethewildwind(USA)
栗毛 1994.4.15
仔受胎時活性値:0.25【17】

フォーティナイナー(USA)
栗毛 1985.5.11
種付け時活性値:0.00【8】
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
File
栗毛 1976.4.30
Tom Rolfe 1962
Continue 1958
Race the Wild Wind(USA)
黒鹿毛 1989.3.3
仔受胎時活性値:1.00【4】
★Sunny’s Halo(USA)
栗毛 1980.2.11
種付け時活性値:0.00【8】
Halo 1969.2.7
Mostly Sunny 1971
Redpath(USA)
鹿毛 1974.1.20
仔受胎時活性値:1.50【14】
Indian Chief(ARG)
鹿毛 1965
種付け時活性値:1.875【7.5】
Lady Marguery(USA)
黒鹿毛 1966
仔受胎時活性値:1.75【7】

<5代血統表内のクロス:Halo3×4、Mr. Prospector3×4>

Daredevil(2012.2.15)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
More Than Ready
(Halo系)
★フォーティナイナー
(Mr. Prospector系)
Sunny’s Halo
(Halo系)
Indian Chief
(Tourbillon系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Indian Chief
(Race the Wild Wind)
4.50 半兄と祖母が米GI勝ち馬
(No. 4-n)
7番仔?

Halo系の0の理論的良馬を種牡馬として国外に送り、後に米国内で「あらら……」となってしまった先例と言えば、やはり

平成の首位種牡馬を辿る(其の伍)-サンデーサイレンス(1986.3.25)-
サンデーサイレンス(Sunday Silence) 牡 青鹿毛 1986.3.25生~2002.8.19没 米国・Oak Cliff Thoroughbreds, Ltd. 生産 馬主・Gaillard-Hancock III-Whittingham & 吉田善哉氏 米国・Charles E. Whittingham厩舎

ですね。Daredevilは母方の仕掛けにより、近い代で上手く先祖を0化しています。更に最優性先祖に異系であるTourbillon系の亜国産種牡馬Indian Chiefを持ってくる。サンデーサイレンス(1986.3.25)もHyperion(1930.4.18)系の亜国産種牡馬Montparnasse(1956)を最優性先祖としています。

*

閑話休題。牝馬として史上6頭目のプリークネスS勝ち馬となったSwiss Skydiver、この後の進路が気になるところです。詰めて使うのか、あるいは期間を取るのか。Swiss Skydiver、0の理論的には体力のバックボーンもしっかりしていますけれど、今はひとまず、同期の牡馬たちとの戦いの疲れを癒やしてください。お疲れ様でした。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。