Baaeed(2018.4.8)-第136回サセックスS(英GI)の勝ち馬-

Result

Baaeed(バーイード) 牡 鹿毛 2018.4.8生 英国・Shadwell Estate Company Limited生産 馬主・Shadwell Estate Company Ltd 英国・William Haggas厩舎

Baaeed(2018.4.8)の4代血統表
Sea The Stars
鹿毛 2006.4.6
種付け時活性値:0.75【11】
Cape Cross
黒鹿毛 1994.3.13
Green Desert
鹿毛 1983.4.16
Danzig 1977.2.12
Foreign Courier 1979.4.11
Park Appeal
黒鹿毛 1982.4.9
Ahonoora 1975.4.12
Balidaress 1973.4.22
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki
栗毛 1978.2.22
Mr. Prospector 1970.1.28
Hopespringseternal 1971.5.27
Allegretta
栗毛 1978.3.10
Lombard 1967.1.31
Anatevka 1969.2.13
Aghareed
鹿毛 2009.2.14
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【8】
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
種付け時活性値:0.50【18】
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Miesque
鹿毛 1984.3.14
Nureyev 1977.5.2
Pasadoble 1979.4.1
Lahudood
鹿毛 2003.3.2
仔受胎時活性値:1.25【5】
Singspiel
鹿毛 1992.2.25
種付け時活性値:0.50【10】
In the Wings 1986.1.17
Glorious Song 1976.4.22
Rahayeb
鹿毛 1996.3.3
仔受胎時活性値:1.50【6】
アラジ
栗毛 1989.3.4
種付け時活性値:1.50【6】
Bashayer
黒鹿毛 1990.1.30
仔受胎時活性値:1.25【5】

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector3×4×5、Northern Dancer5×5>

Baaeed(2018.4.8)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Sea The Stars
(Danzig系)
Kingmambo
(Mr. Prospector系)
Singspiel
(Sadler’s Wells系)
アラジ
(Blushing Groom系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
アラジ
(Rahayeb)
6.00 or 4.00 祖母が米GI2勝馬
(No. 2-f)
5番仔?
(5連産目?)

*

2022年の第136回サセックスS(英GI。グッドウッド芝8F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 1 Baaeed 牡4 61.7 Jim Crowley 1:37.74 William Haggas 1
2 7Modern Games 牡3 58.1 William Buick 1 3/4 Charlie Appleby 3
3 5 Alcohol Free 牝4 60.3 Rob Hornby 1 3/4 Andrew Balding 2
4 2バスラットレオン 牡4 61.7 坂井 瑠星 短アタマ 矢作 芳人 7
5 6 Angel Bleu 牡3 58.1 Frankie Dettori 3/4 Ralph Beckett 5
英G1サセックスS、バスラットレオンは逃げて4着 バーイードが無敗継続 | JRA-VAN Ver.World
 現地27日、英グッドウッド競馬場にてG1サセックスステークス(芝8ハロン)が行われ、日本から参戦したバスラットレオンは最低人気ながら勝ち馬から3馬身半差の4着と健闘した。  好スタートを切ったバス

2022年の第136回サセックスS。日本から果敢な挑戦を見せたゴドルフィンマイル(UAE・GII)勝ち馬バスラットレオン(2018.3.25)。

バスラットレオン(2018.3.25)-第28回ゴドルフィンマイル(UAE・GII)の勝ち馬-
バスラットレオン(Bathrat Leon) 牡 鹿毛 2018.3.25生 浦河町・三嶋牧場生産 馬主・広尾レース(株) 栗東・矢作 芳人厩舎

Racing Postにおいてゴドルフィンマイルでは16頭立て15番人気、そして今回のサセックスSでは7頭立ての最低人気。バスラットレオン、そんな戦前の人気を跳ね返す走りを見せてくれています。今回のサセックスSは発馬直後に躓き加減となりましたが、敢然とした逃げを見せ「もしかしたら」と夢を見させてくれた、良い走りっぷりでした。鞍上の坂井瑠星騎手は3着に残せなかったのは自分の力不足と思いますが、バスラットレオンは良く頑張ってくれたと思いますと自分に厳しいコメントを残されましたが、相棒を上手にエスコートされていました。

ただ、今回は相手が悪かった。2022年現在における欧州最強マイラーが相手では、ですね^^;

Baaeed、道中後方2番手で折り合って、残り2ハロンで大外から進出してくる時の、その脚色の良さよ。そしてラスト1ハロンでビュンと抜け出す時の、その脚の速さよ。Baaeed、デビュー以来9戦9勝の負けなし。昨年2021年9月のムーラン・ド・ロンシャン賞(仏GI)、10月のクイーンエリザベス2世S(英GI)、今年2022年5月のロッキンジS(英GI)、6月のクイーンアンS(英GI)、そして7月のサセックスSとマイルGI5連勝。




GI5連勝中、クイーンエリザベス2世Sで1歳年上のこれも超強豪マイラーだったPalace Pier(2017.3.20)との一騎打ちの「クビ」差が最も僅差の勝負でしたが、それ以外はいずれも2着を1馬身以上離す勝利。特に前走のクイーンアンSは、鞍上のジム・クローリー騎手はステッキを振るっているようには見えませんでした。Baaeed、これは強い。

マイルG1を5連勝のバーイードがいよいよ中距離挑戦へ、凱旋門賞参戦は否定 | JRA-VAN Ver.World
 現地27日の英G1サセックスステークスを快勝し、昨秋からのマイルG1レース5連勝を含めてデビューからの無敗を9に伸ばしたバーイード。次走はついにマイルの枠を飛び越えて中距離レースへ挑むようだ。  

Baaeed、次走は英インターナショナルS(GI)になる模様。マイルのスペシャリストから中距離もこなせるゼネラリストへ。果たして父Sea The Starsとの父仔制覇かつ10連勝となりますでしょうか。欧州最強マイラーの8月の走りも楽しみにしたいと思います。

そしてまたバスラットレオンは8月にはジャック・ル・マロワ賞(仏GI)に挑戦する予定ですので、こちらも期待しています(^^)

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

#矢作芳人調教師の管理馬が英国のマイルGIに挑戦する際には、歴史的マイラーが立ちはだかる構図なのでしょうか。11年前の2011年、セントジェームズパレスS(英GI)にグランプリボス(2008.3.28)がチャレンジした時にはFrankel(2008.2.11)が居ましたので^^;

カルティエ賞年度代表馬を辿る(其の弐拾)-Frankel(2008.2.11)-
Frankel(フランケル) 牡 鹿毛 2008.2.11生 英国・Juddmonte Farms生産 馬主・Khalid Abdullah 英国・Henry Cecil厩舎