Sir Dragonet(2016.2.9)-第100回コックスプレート(豪GI)の勝ち馬-

Result

Sir Dragonet(サードラゴネット) 牡 鹿毛 2016.2.9生 愛国・Orpendale, Wynatt & Chelston生産 馬主・Aziz Kheir, P Mehrten Et Al 豪州・Ciaron Maher & David Eustace厩舎

Sir Dragonet(2016.2.9)の4代血統表
Camelot
鹿毛 2009.3.5
種付け時活性値:1.50【6】
Montjeu
鹿毛 1996.4.4
Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Floripedes
鹿毛 1985.5.11
★Top Ville 1976.4.5
Toute Cy 1979.5.4
Tarfah
鹿毛 2001.2.26
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
Fickle
鹿毛 1996.3.30
デインヒル 1986.3.26
Fade 1988.4.11
Sparrow
鹿毛 2011.5.6
仔受胎時活性値:1.00【4】
Oasis Dream
鹿毛 2000.3.30
種付け時活性値:0.50【10】
★Green Desert
鹿毛 1983.4.16
Danzig 1977.2.12
Foreign Courier 1979.4.11
Hope
鹿毛 1991.4.5
ダンシングブレーヴ 1983.5.11
Bahamian 1985.2.8
All Too Beautiful
鹿毛 2001.4.30
仔受胎時活性値:0.25【9】
Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
種付け時活性値:0.75【19】
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
仔受胎時活性値:0.75【11】
Miswaki
栗毛 1978.2.22
種付け時活性値:0.50【10】
Allegretta
栗毛 1978.3.10
仔受胎時活性値:0.50【10】

<5代血統表内のクロス:Sadler’s Wells3×3、Northern Dancer4×4×5、Mr. Prospector4×5、Danzig4×5>

Sir Dragonet(2016.2.9)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Camelot
(Sadler’s Wells系)
Oasis Dream
(Danzig系)
Sadler’s Wells
(Northern Dancer系)
Miswaki
(Mr. Prospector系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Camelot
(Sadler’s Wells)
2.50 泣く子も黙る世界的名牝系
(No. 9-h)
初仔

*

2020年の第100回コックスプレート(豪GI。ムーニーバレー芝2040m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 7 Sir Dragonet 牡4 59 Glen Boss 2:08.46 Ciaron Maher & David Eustace 3
2 12 Armory 牡3 56.5 Ben Melham 1.25 A P O’Brien 3
3 11 Russian Camelot 牡3 56.5 Damien Oliver 2 Danny O’Brien 1
4 5 Mugatoo せん5 59 John Allen 3.5 Kris Lees 10
5 9 Arcadia Queen 牝5 57 William Pike 3.8 Grant & Alana Williams 2
豪G1コックスプレート、昨年の英ダービー1番人気サードラゴネットが快勝 | JRA-VAN Ver.World
 今年で節目の第100回を迎えた豪G1コックスプレート(3歳以上、芝2040m)が現地24日にムーニーバレー競馬場で行われ、サードラゴネット(3番人気タイ)が中団の内ラチ沿いから馬群の中を進出すると、

豪州の中距離王決定戦として知られるコックスプレート。記念の第100回を制したのはSir Dragonet。昨年2019年の英ダービー(GI)で1番人気に推された素質馬、2020年に豪州に移籍したその初戦で、素養の高さがついに開花しました。世界中で駆けるSadler’s Wellsの血ですが、南半球でもその血の確かさは現れており、今回ののコックスプレートで1番人気3着だったRussian Camelot(2017.3.29)もSir Dragonetと同じCamelot産駒です。まま、2着のArmory(2017.1.8)もGalileo(1998.3.30)産駒ですね(^^;)

​コックスプレート制したサードラゴネット、中9日でメルボルンC参戦へ | JRA-VAN Ver.World
 現地24日に豪G1コックスプレートを制したサードラゴネットが、11月3日に行われる豪G1メルボルンカップへ中9日で出走することが決まった。 豪競馬メディア『racing.com』によると、サードラゴ

報せによると中9日で第160回メルボルンカップ(豪GI)に挑むというSir Dragonet。この記事をアップした後2時間足らずで結果は判明しますが、南半球で花開いた世界的名牝系の底力、「国の動きを止めるレース」でも発揮されることを期待しておきます。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。