マイネルレコルト(2002.5.10)-思い出のGI1勝馬を辿る(其の拾肆)-

Series

マイネルレコルト 牡 鹿毛 2002.5.10生 三石町・田上 稔氏生産 馬主・(株)サラブレッドクラブ・ラフィアン 美浦・堀井 雅広厩舎

マイネルレコルト(2002.5.10)の4代血統表

チーフベアハート
栗毛 1993.2.1
種付け時活性値:0.00【8】
Chief’s Crown
鹿毛 1982.4.7
Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Six Crowns
栗毛 1976.4.21
Secretariat 1970.3.30
Chris Evert 1971.2.14
Amelia Bearhart
栗毛 1983.5.17
Bold Hour
黒鹿毛 1964
Bold Ruler 1954.4.6
Seven Thirty 1958.5.14
Myrtlewood Lass
鹿毛 1972.3.7
Ribot 1952.2.27
Gold Digger 1962.5.28
ミヤギミノル
青鹿毛 1985.5.22
仔受胎時活性値:2.00【16】
タイテエム
鹿毛 1969.4.14
種付け時活性値:1.75【15】
セントクレスピン
栗毛 1956
Aureole 1950
Neocracy 1944
テーシルダ
黒鹿毛 1963
ヴエンチア 1957
Temoignage 1956
タサノシユホー
鹿毛 1972.5.5
仔受胎時活性値:1.00【12】
★フジオンワード
鹿毛 1963.3.10
種付け時活性値:0.00【8】
Ribot 1952.2.27
Fiji 1956
トサイズミ
鹿毛 1959.6.3
仔受胎時活性値:1.00【12】
トサミドリ
鹿毛 1946.5.20
種付け時活性値:1.00【12】
ヒロノボリ
栗毛 1945.5.12
仔受胎時活性値:1.25【13】

<5代血統表内のクロス:Bold Ruler4×5(父方)、Ribot4×4>

マイネルレコルト(2002.5.10)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
★チーフベアハート
(Danzig系)
タイテエム
(Aureole系)
フジオンワード
(Ribot系)
トサミドリ
(Blandford系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
タイテエム
(Bois Roussel)
5.25従姉カリスマサンオペラ
(No. 16 ローズホーキンス系)
13番仔
(13連産目)

*

2004年の第56回朝日杯フューチュリティS(GI。中山芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破
時計
着差通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
17マイネルレコルト牡255後藤 浩輝1:33.4レコード8-5-235.3450
[+2]
堀井 雅広2
28ストーミーカフェ牡255四位 洋文1:33.721-1-136.3496
[+10]
小島 太3
32ペールギュント牡255小牧 太1:33.81/211-14-1535.0510
[+4]
橋口 弘次郎1
412マイネルハーティー牡255武 豊1:33.8クビ14-16-1534.8468
[0]
中村 均7
55セイウンニムカウ牡255田中 勝春1:33.8ハナ8-9-935.5484
[+12]
上原 博之12

2004年の第56回朝日杯フューチュリティS。16頭立ての中山芝1600mを道中中団位置から徐々に進出、4角では外から2番手まで押し上げると、直線では馬場中央外側から抜け出しに掛かりました。額にハート型の流星も麗しい鹿毛、青の帽子に「赤、緑袖赤一本輪」の勝負服に鼓舞されると、決勝点では2着のストーミーカフェ(2002.3.24)に2馬身差。その勝ち時計1分33秒4はエイシンチャンプ(2000.3.23)が持っていた1分33秒5をコンマ1秒更新する2歳レコードタイムでした。

マイネルレコルト。0の理論使いにとっては言わずもがなの、父チーフベアハートが満8歳時交配の0遺伝馬。4代血統構成も『Danzig系×Aureole系×Ribot系×Blandford系』というEclipse(1764.4.1)系の分枝が進んだ系統の組み合わせ。母父タイテエムが最優性先祖であり意的素質も優れています。岡田繁幸さん、こういうレースホースを見い出されたのは、ただただサスガ。サンデーサイレンス(1986.3.25)系が全盛の日本競馬において、2003年はザグレブ(1993.5.14)の仔、2004年はチーフベアハートの仔で2歳王者を送り込まれました。

岡田繁幸氏(1950.3.19~2021.3.19)-マイネル軍団総帥、逝く-
岡田繁幸氏(1950.3.19~2021.3.19)-マイネル軍団総帥、逝く-
コスモバルク(2001.2.10)&コスモサンビーム(2001.3.28)-思い出のGI1勝馬を辿る(其の拾参)-
コスモバルク(Cosmo Bulk) 牡 鹿毛 2001.2.10生 三石・加野牧場生産 馬主・岡田 美佐子氏→(有)ビッグレッドファーム 北海道・田部 和則厩舎→愛国・児玉 敬厩舎 コスモサンビーム 牡 青鹿毛 2001.3.28生~2006.2.26没 新冠町・ヤマオカ牧場生産 馬主・岡田 美佐子氏 栗東・佐々木 晶三厩舎

マイネルレコルトの牝系は16号族ローズホーキンス(1922)系。古くから日本の風土に根付いた牝系のひとつ。近親の活躍馬には伯母に桜花賞2着のミホクイーン(1980.5.10)、その娘で中山金杯(GIII)の勝ち馬カリスマサンオペラ(1997.5.30)、伯父に東京新聞杯(GIII)の勝ち馬カイラスアモン(1984.4.28)がいます。次いで述べておきますと、ミホクイーンはその父テスコボーイ(1963)が満16歳時の0遺伝馬、カリスマサンオペラはその父オペラハウス(1988.2.24)が満8歳時の0遺伝馬です。リフレッシュされた血統更新が行われた際、活躍馬が送り込まれる牝系のようですね。

マイネルレコルト、「サンデーサイレンス系種牡馬×輸入牝馬」の送り出す産駒ばかりが活躍するご時勢に、日本古来の牝系を持つ馬が活躍するのはとても嬉しい出来事でした。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[マイネルレコルト(2002.5.10)の主な競走成績]

  1. 朝日杯フューチュリティS(GI)、新潟2歳S(GIII)
  2. 弥生賞(GII)、京阪杯(GIII)

通算19戦4勝、3着4回。

MIKIホーストレックの馬たち | 兵庫県神戸の乗馬クラブ MIKIホーストレック|安心の乗馬体験・乗馬教室
兵庫の乗馬教室「MIKIホーストレック」の馬たちをご紹介します。ホーストレッキングの馬と乗馬教室の馬で担当分けしています。当然ですがそれぞれ性格が違いますので、触れ合う中で馬の個性にも注目してみて下さい。

*

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

マイネルレコルトは0の理論的な良馬ということで、中島国治氏のWEB記事でも取り上げられていました。

2004年 JRA50周年の競馬
2004年 JRA50周年の競馬 2004年のJRAの競馬を振り返る以前に2003年の全容を述べなければならな…
マイシンザン
マイシンザン

このWEBサイトのコアな閲覧者向けの案内、お疲れさん。理論的な背景はともあれ、2歳時の活躍ぶりからは、3歳のクラシックについても、陣営はもちろん意気込みはあったやろうな。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

はい。ただ、とんでもない同期生が、マイネルレコルトが朝日杯フューチュリティSを制した1週間後にデビューしたんですよね…。

マイシンザン
マイシンザン