ニホンピロアワーズ(2007.5.3)-思い出のGI1勝馬を辿る(其の拾玖)+α-

Series

ニホンピロアワーズ 牡 青鹿毛 2007.5.3生 新ひだか町・片岡牧場生産 馬主・小林 百太郎氏 栗東・大橋 勇樹厩舎

ニホンピロアワーズ(2007.5.3)の4代血統表

ホワイトマズル
鹿毛 1990.3.21
種付け時活性値:0.00【16】
ダンシングブレーヴ
鹿毛 1983.5.11
Lyphard
鹿毛 1969.5.10
Northern Dancer 1961.5.27
Goofed 1960.3.29
Navajo Princess
鹿毛 1974.3.31
Drone 1966.4.1
Olmec 1966
Fair of the Furze
鹿毛 1982.6.15
Ela-Mana-Mou
鹿毛 1976.2.28
ピツトカーン 1971.3.20
Rose Bertin 1970
Autocratic
鹿毛 1974.4.22
Tyrant 1966.3.23
Flight Table 1965.2.13
ニホンピロルピナス
青毛 2002.4.5
仔受胎時活性値:1.00【4】
アドマイヤベガ
鹿毛 1996.3.12
種付け時活性値:1.25【5】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ベガ
鹿毛 1990.3.8
トニービン 1983.4.7
アンテイツクヴアリユー 1979.2.25
ニホンピロタイラ
青鹿毛 1996.5.15
仔受胎時活性値:1.25【5】
Theatrical
黒鹿毛 1982.3.13
種付け時活性値:1.25【13】
Nureyev 1977.5.2
ツリーオブノレッジ 1977.3.2
ミルカレント
栗毛 1992.4.16
仔受胎時活性値:0.75【3】
Little Current
栗毛 1971.4.5
種付け時活性値:1.00【20】
Marston’s Mill
黒鹿毛 1975.5.31
仔受胎時活性値:2.00【16】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5×5>

ニホンピロアワーズ(2007.5.3)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
★ホワイトマズル
(Lyphard系)
アドマイヤベガ
(サンデーサイレンス系)
Theatrical
(Nureyev系)
Little Current
(Sea-Bird系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
アドマイヤベガ
(Severn Bridge)
5.00フジキセキと同牝系
(No. 22-d)
初仔

*

2012年の第13回ジャパンカップダート(GI。阪神ダート1800m)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破
時計
着差通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
114ニホンピロアワーズ牡557酒井 学1:48.83-4-4-336.0536
[0]
大橋 勇樹6
212ワンダーアキュート牡657和田 竜二1:49.43 1/25-5-5-536.4522
[+21]
佐藤 正雄3
39ホッコータルマエ牡356幸 英明1:49.51/22-2-2-236.8488
[-2]
西浦 勝一9
410ローマンレジェンド牡457M.デムーロ1:49.828-7-8-736.6510
[+4]
藤原 英昭1
513グレープブランデー牡457C.ルメール1:49.91/26-7-6-336.8526
[-2]
安田 隆行11

2012年の第13回ジャパンカップダート。直線半ば、1頭だけ他馬とまったく違う手応え。青鹿毛の巨漢馬、ニホンピロアワーズ。橙の帽子に「白、緑玉霰、黄袖緑縦縞」の勝負服を乗せ、余裕しゃくしゃくで抜け出した姿は、6番人気馬のそれではありませんでした。先行4番手から上がり3ハロンをメンバー最速の36秒0で駆け、終わってみれば2着のワンダーアキュート(2006.3.14)に3と2分の1馬身差の圧勝。レースレコードのオマケまで付きました。ただただ、強かった。

ニホンピロアワーズ、生産者、調教師、そして騎手に、初めてのGI勝利をプレゼントしました。そしてまた「ニホンピロ」の冠名、関西の名物馬主として知られ今年2022年に93歳で逝去された小林百太郎オーナーにとっても、JRA・GIはニホンピロウイナー(1980.4.27)による1985年のマイルチャンピオンシップ(GI)以来、統一GIを含めるとニホンピロジュピタ(1995.5.3)による1999年のマイルチャンピオンシップ南部杯(統一GI)以来となるGI勝利でした。併せて気が付けば、志半ばに逝ったニホンピロジュピタも、ニホンピロアワーズと同じ5月3日生まれ。私たちの宝物が、皆に果報を届けたのでした。

ニホンピロアワーズは種牡馬として2年度産駒5頭の中から、2021年のJRA3勝クラスの御影Sを制したシゲルホサヤク(2018.5.18)が出ており「ええやん、ええやん」と思っています。願わくはシゲルホサヤクがこれからも活躍してくれて、ニホンピロアワーズの名を更に高めて欲しいと祈っています。

[ニホンピロアワーズ(2007.5.3)の主な競走成績]

  1. ジャパンカップダート(GI)、東海S(GII)、ダイオライト記念(JpnII)、名古屋グランプリ(JpnII)、平安S(GIII)、白山大賞典(JpnIII)、名古屋大賞典(JpnIII)
  2. 帝王賞(JpnI)、東海S(GII)、名古屋グランプリ(JpnII)2回、アンタレスS(GIII)、みやこS(GIII)、白山大賞典(JpnIII)
  3. 東京大賞典(GI)、アンタレスS(GIII)、みやこS(GIII)

通算42戦13勝、2着10回、3着5回。

ニホンピロアワーズとは [単語記事] - ニコニコ大百科
ニホンピロアワーズとは、2007年生まれの日本の競走馬である。牡・青鹿毛。 現代の中央競馬に対して一石を投じようとしている馬である。 主な勝ち鞍:ジャパンカップダート、名古屋グランプリ、平...

*

名前を出してしまいましたので、ニホンピロアワーズと同じ5月3日生まれの彼も併せて紹介しておきます。

ニホンピロジュピタ 牡 鹿毛 1995.5.3生~2000.5.9没 浦河町・橋爪 松夫氏生産 馬主・小林 百太郎氏 栗東・目野 哲也厩舎

ニホンピロジュピタ(1995.5.3)の4代血統表
オペラハウス
鹿毛 1988.2.24
種付け時活性値:1.50【6】
Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Fairy Bridge
鹿毛 1975.5.4
Bold Reason 1968.4.8
Special 1969.3.28
Colorspin
鹿毛 1983.3.16
High Top
鹿毛 1969
Derring-Do 1961
Camenae 1961
Reprocolor
栗毛 1976.5.14
Jimmy Reppin 1965.3.16
Blue Queen 1967
ニホンピロクリア
鹿毛 1984.3.4
仔受胎時活性値:0.50【10】
ブレイヴエストローマン
鹿毛 1972.5.19
種付け時活性値:0.75【11】
Never Bend
鹿毛 1960.3.15
Nasrullah 1940.3.2
Lalun 1952 ♀
Roman Song
鹿毛 1955.2.24
Roman 1937
Quiz Song 1948
ニホンピロアスター
黒鹿毛 1968.5.24
仔受胎時活性値:1.75【15】
★インフアチユエイシヨン
黒鹿毛 1951
種付け時活性値:0.00【16】
Nearco 1935.1.24
Allure 1937
ツルシマ
鹿毛 1951.5.27
仔受胎時活性値:2.00【16】
シマタカ
鹿毛 1944.2.27
種付け時活性値:1.50【6】
鶴藤
鹿毛 1935.3.6
仔受胎時活性値:1.75【15】

<5代血統表内のクロス:Lalun(♀)4×5、Nearco4×5×5>

ニホンピロジュピタ(1995.5.3)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
オペラハウス
(Sadler’s Wells系)
ブレイヴエストローマン
(Never Bend系)
★インフアチユエイシヨン
(Nearco系)
シマタカ
(Blandford系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
オペラハウス6.00半兄ニホンピロプリンス
(No. 7-c アストニシメント系)
7番仔
(7連産目)

*

1999年の第12回マイルチャンピオンシップ南部杯(統一GI。ダート1600m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名性齢
騎手走破
時計
着差馬体重
[増減]
調教師
13ニホンピロジュピタ牡456武豊1:38.4485
[+5]
目野哲也1
28キョウエイマーチ牝554秋山真一郎1:38.92.1/2499
[+5]
野村彰彦2
31ウイングアロー牡456菊沢隆仁1:39.11458
[0]
工藤嘉見3
47ダイアモンドコア牝454佐々木竹見1:39.1ハナ467
[+3]
佐々木国広7
56バンチャンプ牡656佐藤雅彦1:39.62.1/2492
[+2]
平沢芳三4

1999年の第12回マイルチャンピオンシップ南部杯。ニホンピロジュピタ、7月の函館ダート1700mの津軽海峡特別、同じく7月の函館ダート1700mのマリーンS(OP)、そして9月の札幌ダート1700mのエルムS(GIII)ではオースミジェット(1994.4.29)相手に5馬身差勝ちと3連勝を収めて臨んだのが、10月の盛岡ダート1600mのマイルチャンピオンシップ南部杯。ニホンピロジュピタ、12頭立ての道中は内ラチ沿いの6番手を進み、直線スパートしてから鋭い伸び脚を見せました。キョウエイマーチ(1994.4.19)ウイングアロー(1995.3.25)を切って捨てたニホンピロジュピタ、自身4連勝を以て、武豊騎手には統一GI初勝利を、目野哲也調教師にはGI級競走初勝利をプレゼントしたのでした。翌2000年に20世紀最後のJRA賞最優秀ダートホースに輝くウイングアローですが、同じ1995年生まれ世代のこの同期生が無事であれば、その勝負は果たしてどうだったでしょうか。

ニホンピロジュピタ、20世紀最後の砂の王に成り得た鹿毛の駿馬。空の上からニホンピロアワーズや「白、緑玉霰、黄袖緑縦縞」の勝負服で走る後輩たちを見守っていてあげてください。

[ニホンピロジュピタ(1995.5.3)の主な競走成績]

  1. マイルチャンピオンシップ南部杯(統一GI)、エルムS(GIII)
  2. デイリー杯3歳S(GII)、エルムS(GIII)、札幌3歳S(GIII)

通算21戦7勝、2着4回、3着4回。

 

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

「正直に白状すると『五十音にて名馬を辿る』シリーズにおいてニホンピロジュピタを紹介するつもりで、記事を下書きしていました」って、このサイトの管理人が言っていました。

マイシンザン
マイシンザン

そうか。今回ニホンピロアワーズとニホンピロジュピタの5月3日生まれの2頭を併せて紹介したということは、「五十音にて名馬を辿る」シリーズの「ニ」で始まる馬名の名馬は、、、。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

ええ。日本の短距離GIにおける「時代の申し子」とも言うべき、あの先輩ですね。

マイシンザン
マイシンザン

そりゃ、ネタバレも何も、ニホンピロウイナーさんになるわなぁ。