ヒシアケボノ(1992.2.27)-五十音にて名馬を辿る(No.27)-

Series

ヒシアケボノ 牡 黒鹿毛 1992.2.27生~2008.11.19没 米国・Swettenham Stud, et al.生産 馬主・阿部雅一郎氏 栗東・佐山 優厩舎

ヒシアケボノ(1992.2.27)の4代血統表

Woodman
栗毛 1983.2.17
種付け時活性値:0.00【8】
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native
栗毛 1961.4.18
Native Dancer 1950.3.27
Raise You 1946
Gold Digger
鹿毛 1962.5.28
Nashua 1952.4.14
Sequence 1946
プレイメイト
栗毛 1975.4.12
Buckpasser
鹿毛 1963.4.28
Tom Fool 1949.3.31
Busanda 1947
Intriguing
栗毛 1964.2.16
Swaps 1952.3.1
Glamour 1953.4.2 ♀
Mysteries
鹿毛 1986.2.26
仔受胎時活性値:1.25【5】
Seattle Slew
黒鹿毛 1974.2.15
種付け時活性値:0.75【11】
Bold Reasoning
黒鹿毛 1968.4.29
Boldnesian 1963.4.14
Reason to Earn 1963
My Charmer
鹿毛 1969.3.25
Poker 1963.3.20
Fair Charmer 1959.2.3
Phydilla
鹿毛 1978.2.13
仔受胎時活性値:1.75【7】
Lyphard
鹿毛 1969.5.10
種付け時活性値:0.00【8】
Northern Dancer 1961.5.27
Goofed 1960.3.29
Godzilla
栗毛 1972.5.4
仔受胎時活性値:1.25【5】
Gyr
栗毛 1967.4.22
種付け時活性値:1.00【4】
Gently
芦毛 1962
仔受胎時活性値:0.25【9】

<5代血統表内のクロス:Glamour(♀)4×5、Nasrullah5×5(父方)>

ヒシアケボノ(1992.2.27)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
★Woodman
(Mr. Prospector系)
Seattle Slew
(Bold Ruler系)
Lyphard
(Northern Dancer系)
Gyr
(Sea-Bird系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
Gyr4.50半弟アグネスワールド
(No. 6-b)
2番仔
(2連産目)

*

【競馬】[1995年10月28日]スワンステークス(GII) ヒシアケボノ
【競馬】スワンステークス(GII) ヒシアケボノ 【youtube転載】1分19秒8の日本レコードで勝利!!!!!!!!!!!!!■1着ヒシアケボノ(角田晃一)■2着ノーブ...
1995年の第38回スワンS(GII。京都芝1400m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名性齢
騎手走破
時計
着差通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
114ヒシアケボノ牡355角田晃一1:19.8レコード4-434.7556
[+11]
佐山優4
29ノーブルグラス牝455小島太1:20.546-634.9428
[-2]
上原博之5
32ビッグショウリ牡458塩村克己1:20.715-535.2492
[+2]
中尾正6
45ホクトフィーバス牡457的場均1:20.7ハナ2-235.9458
[0]
中野隆良7
56タイブルース牡355村本善之1:20.8クビ12-1434.3506
[+2]
坂田正行11

1995年の第38回スワンS。14頭立ての京都芝1400mを大外14番枠から発進した、見るからにデカイ黒鹿毛に白いシャドーロールのヒシアケボノ。3角から4角で勢いを付けて直線に向くと、後続を見る見る突き放しました。最後は出走14頭中最重量の556kgのヒシアケボノが、最軽量の428kgのノーブルグラス(1991.4.7)に4馬身差を着けての快勝。その勝ち時計1分19秒8は、前年1994年に阪神芝1400mで行われたスワンSにおいてサクラバクシンオー(1989.4.14)が計時した1分19秒9をコンマ1秒更新する芝1400mの日本レコードでした。

サクラバクシンオー(1989.4.14)-カンテレ競馬【公式】さんの良い仕事に乗る(No.1)-
サクラバクシンオー 牡 鹿毛 1989.4.14生~2011.4.30没 早来町・社台フアーム生産 馬主・(株)さくらコマース 美浦・境勝太郎厩舎

#ノーブルグラスといえば、1996年の札幌スプリントS(GIII)において、安田富男騎手に「史上初のJRA全10競馬場における重賞制覇」をプレゼントした馬としても知られていますね。

*

1995年の第29回スプリンターズS(GI。中山芝1200m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名性齢騎手走破
時計
着差調教師
18ヒシアケボノ牡3角田 晃一1:08.1佐山 優1
212ビコーペガサス牡4横山 典弘1:08.31・1/4柳田 次男2
36ソーファクチュアル牡5O.ペリエ1:08.43/4S.ビン・スルール3
415ニホンピロスタディ牡3小林 徹弥1:08.82・1/2目野 哲也4
55ホクトフィーバス牡4的場 均1:08.8ハナ中野 隆良5

1995年の第29回スプリンターズS。16頭立ての中山芝1200m、電撃の6ハロン戦の前半600mはニホンピロスタディ(1992.4.17)がガンガン逃げて32秒9の速いラップ。そんな速い流れを中団位置の外目外目を回りながら追走したヒシアケボノ。白いシャドーロールをつけた黒鹿毛の巨漢馬、冬の中山の芝を揺らすように走り、直線、大外に振り回して勝利を収めました、1番人気馬に騎乗された鞍上の角田晃一騎手、自信がおありだったのでしょう。ビワハイジ(1993.3.7)による前週の阪神3歳牝馬S(GI)続く2週連続GI制覇と相成りました。

ビワハイジ(1993.3.7)
ビワハイジ 牝 青鹿毛 1993.3.7生~2022.2.25没 新冠町・早田牧場新冠支場生産 馬主・(有)ビワ 栗東・浜田 光正厩舎

そうしてヒシアケボノ、馬体重560kgでの勝利は、JRA・GI史上最高馬体重での勝利でした。

*

ヒシアケボノが活躍していた時分、1990年代の佐山優厩舎は短距離得意の馬が多く見られた印象も強いです。ユウキトップラン(1988.6.21)、ゴールドマウンテン(1989.4.7)、トーワウィナー(1990.3.19)。厩舎の先輩たちが届かなかったGI勝利、米国生まれのヒシアケボノが果たすと共に、佐山調教師にもGI初勝利を届けたのでした。

佐山厩舎の冠名「ヒシ」といえば、大物外車と喧伝されたヒシマサル(1989.2.20)が最初の重賞勝ち馬で、その後に続いたのがヒシアケボノでした。その後もヒシナタリー(1993.2.16)、ヒシピナクル(1996.3.17)-ヒシアマゾン(1991.3.26)の全妹-等の外国産馬の活躍が多く見られました。しかし、佐山厩舎と冠名「ヒシ」の組み合わせとなりますと、やはり

年度代表馬の同期生を辿る(其の弐拾陸)-ヒシミラクル(1999.3.31)-
ヒシミラクル 牡 芦毛 1999.3.31生 三石・大塚牧場生産 馬主・阿部雅一郎氏 栗東・佐山優厩舎

ヒシミラクル(1999.3.31)ですね。佐山厩舎はGI4勝を遂げられましたが、ヒシアケボノの1勝とヒシミラクルの3勝と、冠名「ヒシ」の2頭によるもので、共に鞍上は角田騎手でした。

*

ヒシアケボノ。「白、青二本輪」の勝負服を背にした短距離の横綱、現年齢表記4歳以降にもうひとつ、ふたつ勲章が増えても良かったと思っています。特に1996年の安田記念(GI)はゴール寸前まで逃げ粘ってましたが、他の0の理論的良馬の2頭に僅かに先んじられました。トロットサンダー(1989.5.10)、タイキブリザード(1991.3.12)との「ハナ」「クビ」の勝負、惜しかった。

中島国治氏関連馬(其の肆)-トロットサンダー(1989.5.10)-
トロットサンダー 牡 鹿毛 1989.5.10生~2004.11.20没 鵡川・フラット牧場生産 馬主・(有)有匡→藤本照男氏 浦和・津金沢正男厩舎→美浦・相川勝敏厩舎→内藤一雄厩舎→相川勝敏厩舎
年度代表馬の同期生を辿る(其の拾肆)-タイキブリザード(1991.3.12)-
タイキブリザード 牡 黒鹿毛 1991.3.12生~2014.8.18没 米国・H & Y Bloodstock生産 馬主・(有)大樹ファーム 美浦・藤沢和雄厩舎

出走する度にその馬体の大きさも話題となったヒシアケボノ。1990年代中期の印象に残る外国産馬の1頭でした。

 

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

[ヒシアケボノ(1992.2.27)の主な競走成績]

  1. スプリンターズS(GI)、スワンS(GII)
  2. 安田記念(GI)、マイルチャンピオンシップ(GI)、高松宮杯(GI)、シルクロードS(GIII)、京王杯オータムH(GIII)

通算30戦6勝、2着1回、3着6回。

*

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

このサイトの管理人、ヒシアケボノが制した1995年の第38回スワンSの「発走前」のことをよく覚えているそうで。

マイシンザン
マイシンザン

ああ、天皇賞・秋(GI)の前日でなぁ。KBS京都のテレビ中継で宮本英樹アナウンサーが「2枠3番のマイシンザンが左前脚の屈腱炎を発症」って、伝えてくれはったって。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

このサイトの管理人、厳しい口調から嫌な予感がしたので、「2枠」と聞いた後、「3番とは言わんといて」と願ったそうな。

マイシンザン
マイシンザン

それは、ヒシアケボノやおまはんと同い年でおなじみのジェニュイン(1992.4.28)には申し訳なかったなぁ。このサイトの管理人に成り代わり、お詫び申し上げる。

思い出のGI1勝馬を辿る(其の弐)-サクラチトセオー(1990.5.11)&サクラキャンドル(1992.4.9)-
サクラチトセオー 牡 黒鹿毛 1990.5.11生~2014.1.30没 静内・谷岡牧場生産 馬主・(株)さくらコマース 美浦・境勝太郎厩舎 サクラキャンドル 牝 鹿毛 1992.4.9生~2019.3.4没 静内・谷岡牧場生産 馬主・(株)さくらコマース 美浦・境勝太郎厩舎→小島太厩舎