Jupiter Island(1979.2.23)-ジャパンカップ(GI)の勝ち馬を辿る(No.6)-

Series

Jupiter Island(ジュピターアイランド) 牡 鹿毛 1979.2.23生~1998.7.25没 英国・Marquess and Marchioness of Tavistock生産 馬主・Marquess of Travistock 英国・Clive E. Brittain厩舎

Jupiter Island(1979.2.23)の4代血統表
St. Paddy
鹿毛 1957
種付け時活性値:1.25【21】
Aureole
栗毛 1950.4.14
Hyperion
栗毛 1930.4.18
Gainsborough 1915.1.24
Selene 1919
Angelola
鹿毛 1945
Donatello 1934
Feola 1933
Edie Kelly
黒鹿毛 1950
Bois Roussel
黒鹿毛 1935
★Vatout 1926
Plucky Liege 1912
Caerlissa
鹿毛 1935
Caerleon 1927
Sister Sarah 1930
Mrs. Moss
栗毛 1969
仔受胎時活性値:0.25【9】
Reform
鹿毛 1964
種付け時活性値:1.00【4】
★Pall Mall
栗毛 1955
Palestine 1947
Malapert 1946
Country House
黒鹿毛 1955
Vieux Manoir 1947
Miss Coventry 1943
Golden Plate
栗毛 1964
仔受胎時活性値:1.00【4】
Whistler
栗毛 1950
種付け時活性値:1.25【13】
Panorama 1936
Farthing Damages 1939
Good as Gold
栗毛 1955
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【8】
★ニンバス
黒鹿毛 1946
種付け時活性値:0.00【8】
Gamble in Gold
黒鹿毛 1948
仔受胎時活性値:1.50【6】

<5代血統表内のクロス:Fair Trial5×5(母方)>

Jupiter Island(1979.2.23)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
St. Paddy
(Aureole系)
Reform
(Fairway系)
Whistler
(The Boss系)
★ニンバス
(Nearco系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
St. Paddy 4.75 or 2.75 半姉が英GII勝ち馬
(No. 14)
6番仔?
(6連産目?)

*

1986年の第6回ジャパンカップ(GI。東京芝2400m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢 騎手 走破
時計
着差 調教師
1 10 ジュピターアイランド 牡7 P.J.エデリー 2:25.0レコード C.E.ブリテン 8
2 13 アレミロード 牡3 G.スターキー 2:25.0 アタマ G.ハーウッド 6
3 6ミホシンザン 牡4 柴田 政人 2:25.2 1・1/4 田中 朋次郎 4
4 11 ラグビーボール 牡3 河内 洋 2:25.3 3/4 田中 良平 10
5 9 ウェイバリースター せん4 L.A.オサリバン 2:25.4 1/2 D・J・オサリバン 2

1986年の第6回ジャパンカップ。最後の直線。残り400mを切ったあたりからゴールまで続く、外のJupiter Islandのパット・エデリー騎手と、内のアレミロード(1983.3.29)のグレヴィル・スターキー騎手による、ヨーロピアンスタイルの壮絶な叩き合い。

ここはアレミロードのスターキー騎手、なんとしても意地を見せたかったでしょう。

というのも、この1986年、アレミロードのステーブルメイトであったダンシングブレーヴ(1983.5.11)をめぐる鞍上の争いがあったから。

ダンシングブレーヴの10Fまでの距離のレースではスターキー騎手が全レース騎乗されて6戦6勝だったのです。しかし12ハロン級のレースでは肝心の英ダービー(GI)を2着に取りこぼしてしまい、”キング・ジョージ”(英GI)、凱旋門賞(仏GI)、ブリーダーズカップ・ターフ(米GI)ではエデリー騎手がダンシングブレーヴに騎乗されたのでした。

そんな騎手どうしの因縁もあり、西洋の12ハロンの借りを、東洋の2400mで返したかったスターキー騎手。けれど、悲しいかな、府中の杜におわす競馬の神様は、わずかに「アタマ」だけ届かないという結果を与えてしまいました。

勝ったのはエデリー騎手が騎乗した現年齢表記7歳馬、Jupiter Island。引退レースとして選んだ東京芝2400mを2分25秒0のレコードタイムで駆けた彼の勝利は、日本中央競馬会史上初の現年齢表記7歳馬によるGI制覇でもありました。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[Jupiter Island(1979.2.23)の主な競走成績]

  1. ジャパンカップ(GI)、ハードウィックS(英GII)、コンセイユドパリ賞(仏GII)、セントサイモンS(英GIII)2回、ジョンポーターS(英GIII)
  2. ジョッキークラブS(英GII)2回、ハードウィックS(英GII)
  3. ワシントンDC国際(米GI)、サンフアンカピストラーノH(米GI)、ドーヴィル大賞(仏GII)

通算41戦14勝、2着4回、3着6回。