ペリエール(2020.2.13)&オープンファイア(2020.1.25)-2023年のクラシック候補生を確認する(No.16)-

ペリエール 牡 鹿毛 2020.2.13生 新ひだか町・チャンピオンズファーム生産 馬主・長谷川 祐司氏 美浦・黒岩 陽一厩舎

ペリエール(2020.2.13)の4代血統表

ヘニーヒューズ
栗毛 2003.4.5
種付け時活性値:0.00【16】
ヘネシー
栗毛 1993.3.25
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
Island Kitty
栗毛 1976.2.23
Hawaii 1964.8.1
T. C. Kitten 1969.3.30
Meadow Flyer
鹿毛 1989.1.22
Meadowlake
栗毛 1983.3.12
Hold Your Peace 1969.1.24
Suspicious Native 1972.4.1
Shortley
黒鹿毛 1980.3.11
Hagley 1967.4.13
Short Winded 1965.4.20
ソフトライム
黒鹿毛 2010.2.25
仔受胎時活性値:0.25【9】
フジキセキ
青鹿毛 1992.4.15
種付け時活性値:0.25【17】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ミルレーサー
鹿毛 1983.5.20
Le Fabuleux 1961.2.12
Marston’s Mill 1975.5.31
アスピリンスノー
鹿毛 2002.5.10
仔受胎時活性値:1.75【7】
エルコンドルパサー
黒鹿毛 1995.3.17
種付け時活性値:1.50【6】
Kingmambo 1990.2.19
サドラーズギャル 1989.4.29
スキーパラダイス
芦毛 1990.5.12
仔受胎時活性値:0.75【11】
Lyphard
鹿毛 1969.5.10
種付け時活性値:1.00【20】
Ski Goggle
芦毛 1980.5.25
仔受胎時活性値:0.25【9】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5>

ペリエール(2020.2.13)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
★ヘニーヒューズ
(Storm Cat系)
フジキセキ
(サンデーサイレンス系)
エルコンドルパサー
(Mr. Prospector系)
Lyphard
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
エルコンドルパサー
(Fairy Bridge)
3.00
(【9】+【7】+【11】+【9】)
曾祖母が仏GI馬
(No. 3-l)
5番仔
(3連産目)

*

レース結果 JRA
2023年のヒヤシンスS(L。東京ダート1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 3 ペリエール 牡3 56 福永 祐一 1:37.2 5-5 36.4 476
[0]
黒岩 陽一 1
2 11 ゼットリアン 牡3 56 T.バシュロ 1:37.4 1 1/2 4-3 36.9 426
[-14]
吉田 直弘 11
3 12 エクロジャイト 牡3 56 坂井 瑠星 1:38.0 3 1/2 1-1 38.0 504
[-12]
安田 隆行 9
4 6 グレートサンドシー 牡3 56 J.モレイラ 1:38.0 ハナ 8-9 36.7 498
[-2]
中内田 充正 2
5 8 ゴライコウ 牡3 57 川田 将雅 1:38.0 クビ 6-6 37.0 516
[+10]
新谷 功一 4
2023年のヒヤシンスS(L。東京ダート1600m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.5 – 11.1 – 11.3 – 12.3 – 12.8 – 12.4 – 12.4 – 12.4
ラップの
累計タイム
12.5 – 23.6 – 34.9 – 47.2 – 1:00.0 – 1:12.4 – 1:24.8 – 1:37.2
上り 4F 50.0 – 3F 37.2

福永祐一騎手のJRAレース騎乗における最後の勝利として刻まれることになった2636勝目。相棒はペリエール。2022年8月の札幌ダート1700mの新馬戦を3と2分の1馬身差、11月の東京ダート1400mのオキザリス賞も3と2分の1馬身差とデビュー2連勝。その脚で勢いを持って挑んだ12月の川崎ダート1600mの全日本2歳優駿(JpnI)では、1番人気に推されたもののデルマソトガケ(2020.4.28)の3着。

デルマソトガケ(2020.4.28)-第73回全日本2歳優駿(JpnI)の勝ち馬-
デルマソトガケ 牡 栗毛 2020.4.28生 千歳市・社台ファーム生産 馬主・浅沼 廣幸氏 栗東・音無 秀孝厩舎

そんなペリエール、巻き返しを図ったのが2023年初戦の東京ダート1600mのヒヤシンスS。晴の良馬場、14頭立てを重賞勝ち馬のオマツリオトコ(2020.1.31)ゴライコウ(2020.4.4)を向こうに回して1番人気に推挙されたペリエール。抜群の発馬から道中は前を行く馬たちを見るようにして先行5番手あたりを追走。大きめな黒いブリンカーを着けた鹿毛馬、赤の帽子に「青、鼠一本輪、袖鼠縦縞」の勝負服、白い手袋が「あ、祐一さん」と思ったら、右に左に飛んだムチに応え、メンバー最速の上がり3ハロン36秒4の末脚を繰り出しての完勝劇。

改めて能力の確かさを見せ付けたペリエール、その馬名意味は「フランスの地名より」ということ。……綴は違いますが、ペリエ(ール)とフランスからは、やっぱりオリビエを思いますね。

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing arou...

*

オープンファイア 牡 鹿毛 2020.1.25生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・長谷川 祐司氏 栗東・斉藤 崇史厩舎

オープンファイア(2020.1.25)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:0.25【17】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
▲Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971.4.9
ゴーマギーゴー
鹿毛 2013.4.24
仔受胎時活性値:1.50【6】
Ghostzapper
鹿毛 2000.4.6
種付け時活性値:1.00【12】
Awesome Again
鹿毛 1994.3.29
Deputy Minister 1979.5.17
Primal Force 1987.4.27
Baby Zip
鹿毛 1991.3.24
Relaunch 1976.3.16
Thirty Zip 1983.4.23
Magibel
鹿毛 2000.4.8
仔受胎時活性値:1.00【12】
Tale of the Cat
黒鹿毛 1994.4.13
種付け時活性値:1.25【5】
Storm Cat 1983.2.27
Yarn 1987.3.1
Marquetry Road
栗毛 1995.3.8
仔受胎時活性値:1.00【4】
Marquetry
栗毛 1987.1.30
種付け時活性値:1.75【7】
Road to Heaven
栗毛 1978.3.17
仔受胎時活性値:2.00【16】

<5代血統表内のクロス:なし>

オープンファイア(2020.1.25)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(サンデーサイレンス系)
Ghostzapper
(Deputy Minister系)
Tale of the Cat
(Storm Cat系)
Marquetry
(Mr. Prospector系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Marquetry
(K D Princess)
5.50
(【6】+【12】+【4】+【16】)
母が米GII2勝馬
(No. 9-f)
2番仔
(2連産目)

2023年のクラシック候補生(牡馬編)」の記事として、共同通信杯(GIII)の勝ち馬であるファントムシーフ(2020.2.22)だけではなく2着馬のタッチウッド(2020.1.11)を連ねてしまいまして、紹介馬の枠をひとつ多く埋めてしまいました。

ファントムシーフ(2020.2.22)&タッチウッド(2020.1.11)-2023年のクラシック候補生を確認する(No.15)-
ファントムシーフ 牡 鹿毛 2020.2.22生 浦河町・谷川牧場生産 馬主・(有)ターフ・スポート 栗東・西村 真幸厩舎タッチウッド 牡 鹿毛 2020.1.11生 新冠町・村田牧場生産 馬主・吉田 和美氏 栗東・武 幸四郎厩舎

そうなりますと「やっぱり、きさらぎ賞で僅差の2着になった馬が、皆さん気になりますよね」と思いました。

フリームファクシ(2020.4.7)&ハーパー(2020.1.18)-2023年のクラシック候補生を確認する(No.14)-
フリームファクシ 牡 青鹿毛 2020.4.7生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・金子真人ホールディングス(株) 栗東・須貝 尚介厩舎ハーパー 牝 鹿毛 2020.1.18生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・エムズレーシング 栗東・友道 康夫厩舎

オープンファイア、2021年のセレクトセールサラブレッド1歳で税込3億3千万円の最高価格で落札された高額馬。その馬名意味は「火蓋を切る」とのことです。

セレクトセール サラブレッド 1歳|JBISサーチ(JBIS-Search)

  

という訳で、期せずして長谷川祐司オーナーの持ち馬2頭を紹介することになった、2023年のクラシック候補生を確認する(No. 16)でございました。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。