インダストリア(2019.4.23)&マテンロウオリオン(2019.2.20)-2022年のクラシック候補生を確認する(No.11)-

Pedigree

インダストリア 牡 鹿毛 2019.4.23生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 美浦・宮田 敬介厩舎

インダストリア(2019.4.23)の4代血統表
リオンディーズ
黒鹿毛 2013.1.29
種付け時活性値:1.25【5】
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
シーザリオ
青毛 2002.3.31
スペシャルウィーク
黒鹿毛 1995.5.2
サンデーサイレンス 1986.3.25
キャンペンガール 1987.4.19
キロフプリミエール
鹿毛 1990.4.15
Sadler’s Wells 1981.4.11
Querida 1975.3.14
インダクティ
黒鹿毛 2008.3.3
仔受胎時活性値:0.50【10】
ハーツクライ
鹿毛 2001.4.15
種付け時活性値:1.50【6】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
アイリッシュダンス
鹿毛 1990.3.26
トニービン 1983.4.7
ビユーパーダンス 1983.2.26
ホールオブフェーム
黒鹿毛 1991.4.27
仔受胎時活性値:2.00【16】
アレミロード
鹿毛 1983.3.29
種付け時活性値:1.75【7】
Tom Rolfe 1962.4.14
Why Me Lord 1974.3.8
ベルベットサッシュ
鹿毛 1986.5.19
仔受胎時活性値:1.00【4】
デイクタス
栗毛 1967.4.11
種付け時活性値:0.50【18】
ダイナサツシユ
鹿毛 1979.3.16
仔受胎時活性値:1.50【6】

<5代血統表内のクロス:サンデーサイレンス3×4>

インダストリア(2019.4.23)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
リオンディーズ
(Mr. Prospector系)
ハーツクライ
(サンデーサイレンス系)
アレミロード
(Ribot系)
デイクタス
(Fine Top系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
アレミロード
(ホールオブフェーム)
5.00 半兄ケイデンスコール
(No. 1-t)
5番仔
(5連産目)

*

2022年のジュニアC(L。中山芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 4インダストリア 牡3 56 戸崎 圭太 1:34.9  4-5-4 34.3 494
[+10]
宮田 敬介 2
2 5ベルウッドブラボー 牡3 56 丸山 元気 1:35.3 2 1/2 1-1-1 35.2 456
[0]
和田 雄二 5
3 6モンタナアゲート 牡3 56 津村 明秀 1:35.3 アタマ 2-2-2 35.0 556
[+8]
和田 正一郎 4
4 9アバンチュリエ 牡3 56 田辺 裕信 1:35.4 3/4 8-8-6 34.3 466
[0]
大竹 正博 3
5 7トーセンヴァンノ 牡3 56 山田 敬士 1:35.5 クビ 4-3-3 35.0 498
[+12]
小桧山 悟 7

2022年のジュニアC。過去の勝ち馬を辿ればメジロライアン(1987.4.11)イシノサンデー(1993.5.29)サニーブライアン(1994.4.23)セイウンスカイ(1995.4.26)キンシャサノキセキ(2003.9.24)スマートファルコン(2005.4.4)マイネルホウオウ(2010.4.23)等、後のGI馬の姿も見えるレース。2022年の一戦を制したのは、サニーブライアンとマイネルホウオウと同じ4月23日生まれのインダストリア。9頭立ての中山芝1600mを道中4、5番手から進み、直線大外から脚を伸ばすと、最後は逃げたベルウッドブラボー(2019.3.5)に2と2分の1馬身差を着けての快勝。抜け出してからの脚色が「あ、これは強い馬」と思わせたインダストリア、その馬名意味は「物語に登場する架空の地名」。むぅ、やっぱり「未来少年コナン」を想ってしまいますm(_ _)m

未来少年コナン公式ホームページ|NIPPON ANIMATION OFFICIAL HOME PAGE
未来少年コナンの公式サイトです。

ちょいと気になった馬名かつ血統馬でしたので、ついつい書いてしまうのですが、インダストリアのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

ホールオブフェーム 1991.4.27 2勝
|バランスオブゲーム 1999.4.22 8勝 毎日王冠(GII) オールカマー(GII) 中山記念(GII)2回 セントライト記念(GII) 弥生賞(GII) 新潟2歳S(GIII)ほか
|インダクティ 2008.3.3 2勝
||ケイデンスコール 2016.2.11 現役 マイラーズC(GII) 京都金杯(GIII) 新潟2歳S(GIII)ほか
||インダストリア 2019.4.23 (本馬) ジュニアC(L)
|フェイムゲーム 2010.5.11 7勝 目黒記念(GII) アルゼンチン共和国杯(GII) ダイヤモンドS(GIII)3回 京成杯(GIII)ほか

半兄ケイデンスコール、伯父バランスオブゲーム、叔父フェイムゲームと来れば、紛れもない良血。半兄は現役ですのでまだこれからがありますが、近親馬があと一歩まで迫ったGI制覇、インダストリアに期待したいと思います。

*

マテンロウオリオン 牡 黒鹿毛 2019.2.20生 新冠町・ムラカミファーム生産 馬主・寺田 千代乃氏 栗東・昆 貢厩舎

マテンロウオリオン(2019.2.20)の4代血統表
ダイワメジャー
栗毛 2001.4.8
種付け時活性値:0.25【17】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
スカーレットブーケ
栗毛 1988.4.11
ノーザンテースト
栗毛 1971.3.15
Northern Dancer 1961.5.27
Lady Victoria 1962.2.20
スカーレツトインク
栗毛 1971.5.5
Crimson Satan 1959.5.4
Consentida 1962.4.6
パルテノン
鹿毛 2012.3.28
仔受胎時活性値:1.50【6】
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
種付け時活性値:0.50【10】
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
レディパステル
黒鹿毛 1998.4.26
仔受胎時活性値:1.25【13】
トニービン
鹿毛 1983.4.7
種付け時活性値:1.50【14】
カンパラ 1976.2.19
Severn Bridge 1965
ピンクタートル
栗毛 1988.3.2
仔受胎時活性値:0.25【9】
Blushing Groom
栗毛 1974.4.8
種付け時活性値:1.25【13】
Turtle Cove
黒鹿毛 1970.2.19
仔受胎時活性値:0.25【17】

<5代血統表内のクロス:なし>

マテンロウオリオン(2019.2.20)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ダイワメジャー
(サンデーサイレンス系)
キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
トニービン
(ゼダーン系)
Blushing Groom
(Red God系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
トニービン
(Priddy Fair)
3.25 祖母が優駿牝馬勝ち馬
(No. 1-l)
3番仔
(3連産目)

*

2022年の第56回日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII。中京芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 10マテンロウオリオン 牡3 56 横山 典弘 1:34.1  3-4-3 34.9 486
[0]
昆 貢 4
2 3ソリタリオ 牡3 56 C.デムーロ 1:34.1 クビ 7-6-6 34.7 482
[+4]
西村 真幸 2
3 9レッドベルアーム 牡3 56 川田 将雅 1:34.4 1 3/4 8-9-9 34.7 512
[-2]
藤原 英昭 3
4 1ビーアストニッシド 牡3 56 岩田 康誠 1:34.4 ハナ 5-7-6 34.9 466
[0]
飯田 雄三 5
5 11デルマグレムリン 牡3 56 武 豊 1:34.4 クビ 12-12-12 34.5 438
[-2]
五十嵐 忠男 9

2022年の第56回日刊スポーツ賞シンザン記念。五冠馬シンザン(1961.4.2)を記念して創設された伝統の3歳重賞。過去の勝ち馬を辿ればエリモジヨージ(1972.3.17)、フレッシュボイス(1983.5.9)、シーキングザパール(1994.4.16)タニノギムレット(1999.5.4)ジェンティルドンナ(2009.2.20)ミッキーアイル(2011.3.12)アーモンドアイ(2015.3.10)ピクシーナイト(2018.5.14)等GI級レースの勝ち馬の姿が見え、特に近10年ではジェンティルドンナとアーモンドアイという傑出した牝馬の名前も目立つ出世レース。そんなシンザン記念の第56回を制したのはマテンロウオリオン。2021年12月の阪神芝1600mの新馬戦2着から中1週で挑んだ阪神芝1400mの万両賞では11頭立て最後方からの追い込み勝ちを決めたマテンロウオリオン。2022年の初戦では15頭立ての中京芝1600mを先行3、4番手からの競馬を見せ、直線最内から抜け出すと、最後はソリタリオ(2019.2.16)の差しを「クビ」だけ凌いだところが決勝点。特別から重賞への連勝で出世街道に乗ったマテンロウオリオン、その馬名意味は「摩天楼+星座の名」ということ。オリオン座は「冬の大三角」の一角でもあるα星ベテルギウスを含み、その鼓の形からよくよく知られた星座のひとつですね。JRAでもオリオンSは12月の阪神の3勝クラスで行われるレースとして定着しています。

マテンロウオリオンは新馬戦の後に未勝利戦を使わず1勝クラスの万両賞から重賞のシンザン記念を連勝した訳ですが、2019年生まれ世代のJRA重賞勝ち馬では新馬戦3着の後、フェニックス賞(OP)から小倉2歳S(GIII)を連勝したナムラクレア(2019.3.30)もいます。

ジオグリフ(2019.2.25)&ナムラクレア(2019.3.30)-2022年のクラシック候補生を確認する(No.2)-
ジオグリフ 牡 栗毛 2019.2.25生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 美浦・岩戸 孝樹厩舎 ナムラクレア 牝 青鹿毛 2019.3.30生 浦河町・谷川牧場生産 馬主・奈村 睦弘氏 栗東・長谷川 浩大厩舎

陣営がその力量を信じて敢えて格上挑戦し、馬がしっかりと応えて勝利を収める。馬人の有り様、その素晴らしさよ。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。