ソダシ(2018.3.8)&レイハリア(2018.3.8)-2021年のクラシック候補生を確認する(No.35)-

Pedigree

ソダシ 牝 白毛 2018.3.8生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・金子真人ホールディングス(株) 栗東・須貝尚介厩舎

ソダシ(2018.3.8)の4代血統表
クロフネ
芦毛 1998.3.31
種付け時活性値:0.75【19】
フレンチデピュティ
栗毛 1992.1.30
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
Vice Regent 1967.4.29
Mint Copy 1970.2.24
Mitterand
鹿毛 1981.2.19
Hold Your Peace 1969.1.24
Laredo Lass 1971.3.19
ブルーアヴェニュー
芦毛 1990.2.15
Classic Go Go
鹿毛 1978.2.11
Pago Pago 1960
Classic Perfection 1972.4.22
Eliza Blue
芦毛 1983.4.11
Icecapade 1969.4.4
コレラ 1978.2.18
ブチコ
白毛 2012.4.27
仔受胎時活性値:1.25【5】
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
種付け時活性値:0.50【10】
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
シラユキヒメ
白毛 1996.4.4
仔受胎時活性値:1.75【15】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.25【9】
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ウェイブウインド
鹿毛 1991.1.28
仔受胎時活性値:1.00【4】
★Topsider
鹿毛 1974.3.15
種付け時活性値:0.00【16】
Storm and Sunshine
黒鹿毛 1983.2.3
仔受胎時活性値:1.75【7】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5>

ソダシ(2018.3.8)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
クロフネ
(Deputy Minister系)
キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
★Topsider
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
クロフネ 5.75 近親メイケイエール
(No. 2-w)
初仔

*

2021年の第57回札幌記念(GII。札幌芝2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 13ソダシ 牝3 52 吉田 隼人 1:59.5  2-2-1-1 35.4 472
[0]
須貝 尚介 2
2 4ラヴズオンリーユー 牝5 55 川田 将雅 1:59.6 3/4 7-7-6-5 35.1 470
[-8]
矢作 芳人 1
3 7ペルシアンナイト 牡7 57 横山 武史 1:59.6 アタマ 5-4-4-3 35.2 502
[+10]
池江 泰寿 8
4 3マイネルウィルトス 牡5 57 団野 大成 1:59.9 1 3/4 8-7-8-7 35.2 470
[0]
宮 徹 11
5 12ブラストワンピース 牡6 57 岩田 康誠 2:00.0 3/4 11-11-2-2 35.9 540
[-8]
手塚 貴久 3

2021年の第57回札幌記念。13頭立てとなった札幌芝2000m、真夏のスーパーGII。歴戦の古馬たちを相手に敢然と挑んだ3歳牝馬ソダシ。レースは受けて立つ競馬を見せて、最後は差し迫ったラヴズオンリーユー(2016.3.26)の追撃を4分の3馬身抑え込みました。単純に「やっぱり強い」ソダシ。3歳牝馬による札幌記念勝ちは、サンエイサンキュー(1989.4.7)、ハープスター(2011.4.24)に続いて史上3頭目。この後は秋華賞(GI)に直行するようですが、白毛の駿馬の走りにただただ期待しておきます。

ソダシ(2018.3.8)&メイケイエール(2018.2.23)-2021年のクラシック候補生を確認する(No.2)-
ソダシ 牝 白毛 2018.3.8生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・金子真人ホールディングス(株) 栗東・須貝尚介厩舎 メイケイエール 牝 鹿毛 2018.2.23生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・名古屋競馬(株) 栗東・武英智厩舎
ソダシ(2018.3.8)&ラッキードリーム(2018.5.9)-2021年のクラシック候補生を確認する(No.5)-
ソダシ 牝 白毛 2018.3.8生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・金子真人ホールディングス(株) 栗東・須貝尚介厩舎 ラッキードリーム 牡 鹿毛 2018.5.9生 新ひだか・谷岡牧場生産 馬主・林正夫氏 北海道・林和弘厩舎
ソダシ(2018.3.8)-第72回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)の勝ち馬。史上初の白毛馬のGI制覇、成る-
ソダシ 牝 白毛 2018.3.8生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・金子真人ホールディングス(株) 栗東・須貝尚介厩舎 サトノレイナス 牝 鹿毛 2018.2.26生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(株)サトミホースカンパニー 美浦・国枝栄厩舎 ユーバーレーベン 牝 青鹿毛 2018.1.27生 新冠・ビッグレッドファーム生産 馬主・(株)サラブレッドクラブ・ラフィアン 美浦・手塚貴久厩舎
ソダシ(2018.3.8)-第81回桜花賞(GI)の勝ち馬。史上初の白毛馬のクラシック制覇、成る-
ソダシ 牝 白毛 2018.3.8生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・金子真人ホールディングス(株) 栗東・須貝尚介厩舎

*

レイハリア 牝 鹿毛 2018.3.8生 新ひだか・谷岡牧場生産 馬主・(株)ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン 美浦・田島俊明厩舎

レイハリア(2018.3.8)の4代血統表
ロードカナロア
鹿毛 2008.3.11
種付け時活性値:0.25【9】
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
レディブラッサム
鹿毛 1996.3.4
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
サラトガデュー
鹿毛 1989.4.3
Cormorant 1974.4.21
Super Luna 1982.4.5
ライトリーチューン
鹿毛 2013.3.23
仔受胎時活性値:1.00【4】
マンハッタンカフェ
青鹿毛 1998.3.5
種付け時活性値:1.50【14】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
サトルチェンジ
黒鹿毛 1988.4.2
Law Society 1982.2.16
Santa Luciana 1973.4.4
リーインフォースト
鹿毛 1998.4.20
仔受胎時活性値:1.50【14】
トニービン
鹿毛 1983.4.7
種付け時活性値:1.50【14】
カンパラ 1976.2.19
Severn Bridge 1965
ティアラ
栗毛 1986.5.8
仔受胎時活性値:0.75【11】
ノーザンテースト
栗毛 1971.3.15
種付け時活性値:1.50【14】
シヤダイサイクル
鹿毛 1976.3.21
仔受胎時活性値:0.25【9】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5>

レイハリア(2018.3.8)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ロードカナロア
(Mr. Prospector系)
マンハッタンカフェ
(サンデーサイレンス系)
トニービン
(ゼダーン系)
ノーザンテースト
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
マンハッタンカフェ
(Suleika)
3.50 伯母バウンシーチューン
(No. 13-c サイクラス系)
初仔

*

2021年の第16回キーンランドC(GIII。札幌芝1200m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 12レイハリア 牝3 51 亀田 温心 1:09.1  2-3 34.8 452
[+6]
田島 俊明 3
2 9エイティーンガール 牝5 55 横山 和生 1:09.1 アタマ 9-10 34.0 462
[+2]
飯田 祐史 7
3 8セイウンコウセイ 牡8 58 勝浦 正樹 1:09.2 クビ 4-6 34.6 514
[+10]
上原 博之 9
4 14カイザーメランジェ 牡6 56 菱田 裕二 1:09.3 3/4 2-2 35.0 484
[+2]
中野 栄治 10
5 3アストラエンブレム せん8 56 吉田 隼人 1:09.4 クビ 12-11 34.2 480
[+2]
小島 茂之 14

2021年の第16回キーンランドC。むぅ、3歳牝馬強し。レイハリア、3月の中山ダート1200mの未勝利戦、4月の新潟芝1200mの雪うさぎ賞、5月の中京芝1200mの葵S(重賞)、そして8月の札幌芝1200mのキーンランドCと4連勝。今回のキーンランドCでは16頭立てを逃げの手に出ようとしたところ、6ハロンの電撃戦でも掛かって行ってしまったメイケイエール(2018.2.23)に道中の先頭を譲ったものの、決勝点では先頭を譲らず。3歳限定重賞から古馬混合重賞の連勝を果たして見せました。レイハリアと共に殊勲を立てた亀田温心騎手、レイハリアに騎乗して3戦3勝の名コンビぶりを見せてくれています。

レイハリア(2018.3.8)&セファーラジエル(2018.3.4)-2021年のクラシック候補生を確認する(No.31)-
レイハリア 牝 鹿毛 2018.3.8生 新ひだか・谷岡牧場生産 馬主・(株)ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン 美浦・田島俊明厩舎 セファーラジエル 牡 鹿毛 2018.3.4生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・高柳大輔厩舎

そしてまた、葵Sで好勝負を見せた上位3頭の3歳牝馬たちですが、

  1. レイハリア(2018.3.8)
    →葵S1着の後、キーンランドC(GIII)勝ち
  2. ヨカヨカ(2015.5.13)
    →葵S2着の後、北九州記念(GIII)勝ち
  3. オールアットワンス(2018.4.24)
    →葵S3着の後、アイビスサマーダッシュ(GIII)勝ち

ソダシ世代と言いますか、なんと言いますか^^;。2018年生まれ世代の3歳乙女たちが古馬相手に一歩も引かずにメチャクチャ頑張ってくれていますので、私が書く記事も増えて行くという嬉しい悲鳴です笑

  

という訳で、図らずも同じ2018年3月8日に生を受けた名牝2頭の古馬撃破を紹介する記事でございましたm(_ _)m

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。