ステラリア(2018.1.25)&ホウオウアマゾン(2018.2.12)-2021年のクラシック候補生を確認する(No.25)-

Pedigree

ステラリア 牝 黒鹿毛 2018.1.25生 白老・(有)社台コーポレーション白老ファーム生産 馬主・(有)社台レースホース 栗東・斉藤崇史厩舎

ステラリア(2018.1.25)の4代血統表
キズナ
青鹿毛 2010.3.5
種付け時活性値:1.75【7】
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao 1980.2.28
Burghclere 1977.4.26
キャットクイル
鹿毛 1990.5.22
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
Pacific Princess
鹿毛 1973.5.10
★Damascus 1964.4.14
Fiji 1960
ポリネイター
栗毛 2007.4.2
仔受胎時活性値:0.50【10】
Motivator
鹿毛 2002.2.22
種付け時活性値:1.00【4】
Montjeu
鹿毛 1996.4.4
Sadler’s Wells 1981.4.11
Floripedes 1985.5.11
Out West
黒鹿毛 1994.2.8
Gone West 1984.3.10
Chellingoua 1983.1.30
Ceanothus
栗毛 1994.4.2
仔受胎時活性値:1.00【12】
Bluebird
鹿毛 1984
種付け時活性値:0.25【9】
Storm Bird 1978.4.19
Ivory Dawn 1978
Golden Bloom
栗毛 1985.2.14
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【8】
★Main Reef
栗毛 1976.4.9
種付け時活性値:0.00【8】
Daffodil Day
鹿毛 1978.3.2
仔受胎時活性値:1.50【6】

<5代血統表内のクロス:Storm Bird4×4、Northern Dancer5×5×5>

ステラリア(2018.1.25)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
キズナ
(サンデーサイレンス系)
Motivator
(Sadler’s Wells系)
Bluebird
(Storm Bird系)
★Main Reef
(Mill Reef系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
キズナ
(サンデーサイレンス)
5.00 or 3.00 母が英GII勝ち馬
(No. 4-h)
3番仔?
(流産後)

*

2021年の忘れな草賞(L。阪神芝2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 5 ステラリア 牝3 54 福永 祐一 1:58.0   7-6-7-6 34.3 482
[+6]
斉藤 崇史 2
2 8 エイシンヒテン 牝3 54 団野 大成 1:58.2 3/4 1-1-1-1 35.1 442
[+2]
渡辺 薫彦 5
3 9 ビッグリボン 牝3 54 川田 将雅 1:58.3 1/2 8-8-7-8 34.5 484
[-6]
中内田 充正 4
4 3 マジカルステージ 牝3 54 C.ルメール 1:58.4 1/2 10-10-9-11 34.4 428
[0]
須貝 尚介 6
5 11 アサケレディ 牝3 54 酒井 学 1:58.4 クビ 8-8-9-8 34.5 462
[+4]
大橋 勇樹 11

2021年の忘れな草賞。例年桜花賞(GI)当日のアンダーカードに組まれるリステッド競走。

ソダシ(2018.3.8)-第81回桜花賞(GI)の勝ち馬。史上初の白毛馬のクラシック制覇、成る-
ソダシ 牝 白毛 2018.3.8生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・金子真人ホールディングス(株) 栗東・須貝尚介厩舎

忘れな草賞の過去の勝ち馬を見ればチョウカイキャロル(1991.3.26)エリモエクセル(1995.5.18)エリンコート(2008.3.10)ミッキークイーン(2012.2.8)ラヴズオンリーユー(2016.3.26)と5頭の優駿牝馬(GI)勝ち馬を輩出しています。今年2021年の一戦は、開催当日の馬場の良さを如実に表した結果となり、阪神芝2000mを1分58秒0のレースレコードによる決着。11頭立てを道中中団位置から差し切ったのはステラリア。エイシンヒカリ(2011.5.3)の仔エイシンヒテン(2018.5.6)が逃げ粘るところを4分の3馬身差し切ったところがゴールでした。ステラリア、その馬名意味は「ハコベの学名」ということです。

*

ホウオウアマゾン 牡 栗毛 2018.2.12生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・小笹芳央氏 栗東・矢作芳人厩舎

ホウオウアマゾン(2018.2.12)の4代血統表

キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
種付け時活性値:0.00【16】
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Miesque
鹿毛 1984.3.14
Nureyev 1977.5.2
Pasadoble 1979.4.1
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン
黒鹿毛 1983.5.9
トライマイベスト 1975.4.28
Mill Princess 1977.5.21
Pilot Bird
鹿毛 1983.2.9
★Blakeney 1966.3.28
The Dancer 1977.3.31
ヒカルアマランサス
栗毛 2006.1.24
仔受胎時活性値:0.75【11】
アグネスタキオン
栗毛 1998.4.13
種付け時活性値:1.75【7】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
アグネスフローラ
鹿毛 1987.6.18
ロイヤルスキー 1974.5.24
アグネスレデイー 1976.3.25
スターミー
鹿毛 1998.1.26
仔受胎時活性値:1.75【7】
A.P. Indy
黒鹿毛 1989.3.31
種付け時活性値:0.00【8】
Seattle Slew 1974.2.15
Weekend Surprise 1980.4.8
Caerlina
鹿毛 1988.4.7
仔受胎時活性値:0.25【9】
Caerleon
鹿毛 1980.3.27
種付け時活性値:1.75【7】
Dinalina
鹿毛 1983.2.16
仔受胎時活性値:1.00【4】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5(父方)>

ホウオウアマゾン(2018.2.12)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
★キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
アグネスタキオン
(サンデーサイレンス系)
★A.P. Indy
(Seattle Slew系)
Caerleon
(Nijinsky系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
アグネスタキオン
(Tournoi)
3.75 母がGIII勝ち馬
(No. 16-d)
6番仔
(6連産目)

*

2021年の第30回アーリントンC(GIII。阪神芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 9 ホウオウアマゾン 牡3 56 川田 将雅 1:34.2   2-2 34.8 496
[-4]
矢作 芳人 1
2 10 リッケンバッカー 牡3 56 幸 英明 1:34.4 1 1/4 6-7 34.7 468
[+2]
西村 真幸 10
3 12 レイモンドバローズ 牡3 56 浜中 俊 1:34.5 3/4 4-4 35.0 476
[+10]
上村 洋行 7
4 8 ピクシーナイト 牡3 56 福永 祐一 1:34.6 1/2 1-1 35.4 530
[-6]
音無 秀孝 2
5 14 ワールドバローズ 牡3 56 和田 竜二 1:34.8 1 1/4 3-2 35.4 450
[0]
石坂 公一 8

2021年の第30回アーリントンC。過去の勝ち馬を見ればエイシンプレストン(1997.4.9)ダンツフレーム(1998.4.19)タニノギムレット(1999.5.4)ウインクリューガー(2000.2.13)ジャスタウェイ(2009.3.8)コパノリチャード(2010.4.15)ミッキーアイル(2011.3.12)レインボーライン(2013.4.1)ペルシアンナイト(2014.3.11)タワーオブロンドン(2015.2.9)と後にGI勝ちを収める馬も多く見えるこのレース-エイシンプレストンは既にGI馬でしたが^^;-。そんな出世レース、2021年の一戦を制したのはホウオウアマゾン。昨年2020年12月の朝日杯フューチュリティS(GI)以来4ヶ月ぶりの実戦もいとやせず、雨中重馬場の18頭立てを番手先行から1番人気に応えてしっかり勝ち切りました。鞍上の川田将雅騎手は4週連続JRA重賞制覇、そして管理される矢作芳人調教師はJRA通算700勝のメモリアル。勢いのある人に依るのは大切です。とはいえ、やはりそれに応える馬があればこそ。ホウオウアマゾン、マイル路線を進むのであれば同厩舎のバスラットレオン(2018.3.25)との対決も気になるところ。ホウオウアマゾン、その馬名意味は「冠名+アマゾン」ということです。

バスラットレオン(2018.3.25)&ゴッドセレクション(2018.4.17)-2021年のクラシック候補生を確認する(No.24)-
バスラットレオン 牡 鹿毛 2018.3.25生 浦河・三嶋牧場生産 馬主・広尾レース(株) 栗東・矢作芳人厩舎ゴッドセレクション 牡 鹿毛 2018.4.17生 千歳・社台ファーム生産 馬主・川勝裕之氏 栗東・今野貞一厩舎

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。