タイトルホルダー(2018.2.10)&シュネルマイスター(2018.3.23)-2021年のクラシック候補生を確認する(No.19)-

Pedigree

タイトルホルダー 牡 鹿毛 2018.2.10生 新ひだか・岡田スタツド生産 馬主・山田弘氏 美浦・栗田徹厩舎

タイトルホルダー(2018.2.10)の4代血統表
ドゥラメンテ
鹿毛 2012.3.22
種付け時活性値:1.25【5】
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
アドマイヤグルーヴ
鹿毛 2000.4.30
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
エアグルーヴ
鹿毛 1993.4.6
トニービン 1983.4.7
ダイナカール 1980.5.10
メーヴェ
黒鹿毛 2008.5.8
仔受胎時活性値:0.25【9】
Motivator
鹿毛 2002.2.22
種付け時活性値:1.25【5】
Montjeu
鹿毛 1996.4.4
Sadler’s Wells 1981.4.11
Floripedes 1985.5.11
Out West
黒鹿毛 1994.2.8
Gone West 1984.3.10
Chellingoua 1983.1.30
Top Table
鹿毛 1989.1.30
仔受胎時活性値:0.50【18】
Shirley Heights
鹿毛 1975.3.1
種付け時活性値:1.25【13】
Mill Reef 1968.2.23
Hardiemma 1969
Lora’s Guest
栗毛 1984.5.18
仔受胎時活性値:1.00【4】
Be My Guest
栗毛 1974.4.12
種付け時活性値:0.25【9】
Lora
鹿毛 1972
仔受胎時活性値:0.75【11】

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×5、Northern Dancer5×5(母方)>

タイトルホルダー(2018.2.10)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ドゥラメンテ
(Mr. Prospector系)
Motivator
(Sadler’s Wells系)
Shirley Heights
(Mill Reef系)
Be My Guest
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ドゥラメンテ 2.50 母が丹頂S(OP)勝ち馬
(No. 9-c)
2番仔
(3連産目)

*

2021年の第58回報知杯弥生賞ディープインパクト記念(GII。中山芝2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 4 タイトルホルダー 牡3 56 横山 武史 2:02.0 1-1-1-1 34.5 466
[-4]
栗田 徹 4
2 10 シュネルマイスター 牡3 56 C.ルメール 2:02.2 1 1/4 2-2-2-2 34.5 480
[+6]
手塚 貴久 2
3 2 ダノンザキッド 牡3 56 川田 将雅 2:02.3 クビ 5-5-5-4 34.2 512
[-4]
安田 隆行 1
4 8 ソーヴァリアント 牡3 56 大野 拓弥 2:02.5 1 1/2 7-7-6-6 34.2 498
[-2]
大竹 正博 8
5 3 テンバガー 牡3 56 M.デムーロ 2:02.5 クビ 3-4-3-4 34.6 512
[+2]
藤岡 健一 6

2021年の第58回報知杯弥生賞ディープインパクト記念。タイトルホルダー、対ダノンザキッド(2018.1.29)ということでは「三度目の正直」となりました。昨年2歳時の東京スポーツ杯2歳S(GIII)では0秒2差の2着、ホープフルS(GI)では0秒5差の4着。そうしてお互いに3歳初戦となった弥生賞ディープインパクト記念。タイトルホルダー、テン乗りとなった横山武史騎手に促されて逃げ、10頭立てのレースの主導権を握ると前半1000m通過が62秒6のスローペース。そうして後半1000mを59秒4でまとめたタイトルホルダーと横山騎手、前後半のラップ差3秒2に幻惑された後続を振り切り、見事に逃げ切りました。タイトルホルダーの父ドゥラメンテは2018年生まれ世代が初年度産駒となりますが、産駒のJRA重賞初制覇となりました。正にGII勝ちのタイトルを蹄中に収めたタイトルホルダー、その馬名意味は「選手権保持者。父、母父、二代母父がダービー馬なので」ということです。

*

シュネルマイスター 牡 鹿毛 2018.3.23生 独国・Northern Farm生産 馬主・(有)サンデーレーシング 美浦・手塚貴久厩舎

シュネルマイスター(2018.3.23)の4代血統表
Kingman
鹿毛 2011.2.26
種付け時活性値:1.50【6】
Invincible Spirit
鹿毛 1997.2.17
Green Desert
鹿毛 1983.4.16
Danzig 1977.2.12
Foreign Courier 1979.4.11
Rafha
鹿毛 1987.2.19
Kris 1976.3.23
Eljazzi 1981.4.12
Zenda
鹿毛 1999.2.18
Zamindar
鹿毛 1994.4.7
Gone West 1984.3.10
Zaizafon 1982.1.18
Hope
鹿毛 1991.4.5
ダンシングブレーヴ 1983.5.11
Bahamian 1985.2.8
セリエンホルデ
鹿毛 2013.3.23
仔受胎時活性値:1.00【4】
Soldier Hollow
鹿毛 2000.2.25
種付け時活性値:1.00【12】
In The Wings
鹿毛 1986.1.17
Sadler’s Wells 1981.4.11
High Hawk 1980.3.17
Island Race
鹿毛 1995.4.20
Common Grounds 1985.4.20
Lake Isle 1989.4.5
Saldenehre
芦毛 2000.2.21
仔受胎時活性値:1.00【12】
★Highest Honor
芦毛 1983.6.15
種付け時活性値:0.00【16】
Kenmare 1975.5.5
High River 1978.5.12
Salde
鹿毛 1992.4.9
仔受胎時活性値:1.75【7】
Alkalde
黒鹿毛 1985.5.10
種付け時活性値:1.50【6】
Saite
鹿毛 1978.2.24
仔受胎時活性値:1.25【13】

<5代血統表内のクロス:Kris4×5、Northern Dancer5×5>

シュネルマイスター(2018.3.23)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Kingman
(Danzig系)
Soldier Hollow
(Sadler’s Wells系)
★Highest Honor
(ゼダーン系)
Alkalde
(Bahram系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Kingman 5.00 母が独オークス馬
(No. 16-c)
初仔

*

弥生賞ディープインパクト記念の前日に行われたチューリップ賞(GII)は、メイケイエール(2018.2.23)エリザベスタワー(2018.1.23)による1着同着という激戦となりました。

メイケイエール(2018.2.23)&エリザベスタワー(2018.1.23)-2021年のクラシック候補生を確認する(No.18)-
メイケイエール 牝 鹿毛 2018.2.23生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・名古屋競馬(株) 栗東・武英智厩舎エリザベスタワー 牝 黒鹿毛 2018.1.23生 英国・Shadai Farm生産 馬主・(有)社台レースホース 栗東・高野友和厩舎

エリザベスタワーは「Kingman産駒かつ母が独オークス馬」という血統馬ですが、弥生賞ディープインパクト記念の2着に入ったシュネルマイスターも「Kingman産駒かつ母が独オークス馬」という血統馬。なお、エリザベスタワーの母ターフドンナ(2012.5.1)、シュネルマイスターの母セリエンホルデ、共に独国のA.ヴェーラー厩舎の所属でE.ペドロサ騎手の手綱により独オークスことディアナ賞(独GI)の勝ち馬となりました。そんな訳で2日連続で「Kingman産駒かつ母が独オークス馬」の血統馬が活躍したことを受け、今回はシュネルマイスターの4代血統表を合わせてご紹介しておきます。シュネルマイスター、その馬名意味は「スピードの名人(独)」ということです。

エリザベスタワーとシュネルマイスターの父であるKingmanは、2014年のカルティエ賞年度代表馬

カルティエ賞年度代表馬を辿る(其の弐拾弐)-Kingman(2011.2.26)-
Kingman(キングマン) 牡 鹿毛 2011.2.26生 英国・Juddmonte Farms生産 馬主・Khalid Abdullah 英国・John Gosden厩舎

Kingmanは愛2000ギニー(GI)、セントジェームズパレスS(英GI)、サセックスS(英GI)、ジャック・ル・マロワ賞(仏GI)と3カ国でマイルGI4勝の卓越したスピードを以て、欧州の年度代表馬の栄誉に浴しました。2021年現時点における代表産駒の主な勝ち鞍を見れば、

  1. Persian King(2016.2.18)
    →仏2000ギニー(GI)、ムーラン・ド・ロンシャン賞(仏GI)、イスパーン賞(仏GI)ほか
  2. Palace Pier(2017.3.20)
    →セントジェームズパレスS(英GI)、ジャック・ル・マロワ賞(仏GI)ほか
  3. Domestic Spending(2017.2.24)
    →ハリウッドダービー(米GI)ほか

と、額面通りマイルのGIレースを中心として活躍しています。とはいえ、Persian Kingは不良馬場で行われた2020年の凱旋門賞(仏GI)で3着に頑張ったように、母方によっては距離をこなせる下地はあるのでしょう。日本にマル外馬として輸入されたエリザベスタワーとシュネルマイスター、母にデュッセルドルフ芝2200mの独GI勝ち馬を持つ2頭のこれからも楽しみにしたいと思います。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

#「Turf-Times Deutschland」における、ターフドンナとセリエンホルデのページ。

Turfdonna (GER) 2012 | Turf-Times Deutschland
Serienholde (GER) 2013 | Turf-Times Deutschland

良いんですよね、Turf-Times Deutschland。ターフドンナもセリエンホルデも良い写真です。