2020年のクラシック候補生を確認する(No.10)-スマイルカナ(2017.3.22)+ヒルノマリブ(2017.3.19)-

Pedigree

スマイルカナ 牝 芦毛 2017.3.22生 新ひだか・木田牧場生産 馬主・岡田繁幸氏 美浦・高橋祥泰厩舎

スマイルカナ(2017.3.22)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:1.50
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971.4.9
エーシンクールディ
芦毛 2006.5.9
仔受胎時活性値:0.50
Distorted Humor
栗毛 1993.3.19
種付け時活性値:1.00
フォーティナイナー
栗毛 1985.5.11
Mr. Prospector 1970.1.28
File 1976.4.30
Danzig’s Beauty
鹿毛 1987.3.7
Danzig 1977.2.12
Sweetest Chant 1978.5.11
キャタリナ
芦毛 1994.5.8
仔受胎時活性値:0.75
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
種付け時活性値:0.50
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
Carolina Saga
芦毛 1980.3.12
仔受胎時活性値:1.25
Caro
芦毛 1967.4.11
種付け時活性値:1.00
Key to the Saga
黒鹿毛 1975.4.4
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5×5>

スマイルカナ(2017.3.22)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(サンデーサイレンス系)
Distorted Humor
(Mr. Prospector系)
Storm Cat
(Storm Bird系)
Caro
(フオルテイノ系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ディープインパクト
(サンデーサイレンス)
3.50 叔父エイシンヒカリ
(No. 16-g)
4番仔
(4連産目)

*

2020年の第36回フェアリーS(GIII。中山芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 1スマイルカナ 牝3 54 柴田 大知 1:34.0 1-1-1 35.0 420
[+4]
高橋 祥泰 3
2 8チェーンオブラブ 牝3 54 石橋 脩 1:34.4 2 1/2 6-10-9 34.4 458
[-10]
小笠 倫弘 7
3 5ポレンティア 牝3 54 池添 謙一 1:34.6 1 1/4 10-5-5 35.0 492
[+4]
田中 博康 5
4 10シャインガーネット 牝3 54 O.マーフィー 1:34.6 アタマ 2-2-2 35.3 460
[0]
栗田 徹 2
5 3ソーユーフォリア 牝3 54 武藤 雅 1:34.7 1/2 6-2-2 35.4 444
[-12]
高柳 瑞樹 9

1枠1番から敢然とハナに立つと、終始先頭を譲らず。2020年の中山芝1600mのフェアリーSを逃げ切ったのはスマイルカナと柴田大知騎手。スマイルカナを管理される高橋祥泰調教師は2003年の根岸S(GIII)を制したサウスヴィグラス(1996.4.19)以来、17年ぶりのJRA重賞勝利となりました。高橋師といえば、タイキフォーチュン(1993.2.9)による1996年の第1回NHKマイルカップ(GI)制覇を思い出します。マル外ダービー、東京芝1600m1分32秒6。

スマイルカナにお話を戻しますと、叔父がエイシンヒカリ(2011.5.3)。スマイルカナと同じく新ひだかの木田牧場の生産馬、同じく芦毛のディープインパクト産駒、脚質も同じく逃げの快速馬でした。叔父に続けとばかりにスマイルカナ、その馬名意味は「笑顔+人名」ということです。

*

ヒルノマリブ 牝 鹿毛 2017.3.19生 新冠・山岡ファーム生産 馬主・(株)ヒルノ 栗東・北出成人厩舎

ヒルノマリブ(2017.3.19)の4代血統表
ゴールドアリュール
栗毛 1999.3.3
種付け時活性値:0.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ニキーヤ
鹿毛 1993.4.4
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
Northern Dancer 1961.5.27
Special 1969.3.28
Reluctant Guest
鹿毛 1986.2.21
Hostage 1979.2.13
Vaguely Royal 1974.3.7
パレガルニエ
鹿毛 2000.3.28
仔受胎時活性値:2.00
シアトルダンサーII
鹿毛 1984.4.22
種付け時活性値:1.75
Nijinsky
鹿毛 1967.2.21
Northern Dancer 1961.5.27
Flaming Page 1959.4.24
My Charmer
鹿毛 1969.3.25
Poker 1963.3.20
Fair Charmer 1959.2.3
ダービーベター
黒鹿毛 1991.4.4
仔受胎時活性値:2.00
キンググローリアス
黒鹿毛 1986.2.6
種付け時活性値:1.00
Naevus 1980.1.29
Glorious Natalie 1980.1.10
ダービーナイト
黒鹿毛 1978.5.21
仔受胎時活性値:1.00
シヤイニングナイト
鹿毛 1971.2.2
種付け時活性値:1.50
サンルプローシユ
鹿毛 1965
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Nijinsky3×5、Northern Dancer4×4、Round Table5×5(母方)>

ヒルノマリブ(2017.3.19)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ゴールドアリュール
(サンデーサイレンス系)
シアトルダンサーII
(Nijinsky系)
キンググローリアス
(Mr. Prospector系)
シヤイニングナイト
(Round Table系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
シアトルダンサーII
(Busher)
6.00 母が南関2歳重賞2勝
(No. 2-i インタグリオ系)
6番仔
(不受胎後)

*

2020年の紅梅S(L。京都芝1400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 5ヒルノマリブ 牝3 54 松山 弘平 1:24.8 3-3 34.8 484
[-2]
北出 成人 1
2 10コンバットマーチ 牝3 54 岩田 望来 1:25.0 1 1/2 2-2 35.2 448
[-6]
吉村 圭司 7
3 3マテンロウディーバ 牝3 54 藤岡 佑介 1:25.0 クビ 7-8 34.6 406
[+2]
中内田 充正 3
4 8クーファイザナミ 牝3 54 秋山 真一郎 1:25.1 クビ 7-5 34.9 410
[-2]
武 幸四郎 10
5 2ミズリーナ 牝3 54 福永 祐一 1:25.1 クビ 5-5 35.0 474
[+4]
坂口 智康 8

京都芝1400mの紅梅Sとなった1998年以降の勝ち馬からスティルインラブ(2000.5.2)スイープトウショウ(2001.5.9)ローブデコルテ(2004.4.28)シンハライト(2013.4.11)等も見えます。2020年の勝ち馬はヒルノマリブ。初コンビとなった松山弘平騎手と共に1番人気に応えての勝利は、好発から終始3番手で進めると、直線では最短距離の内ラチ沿いをキレイに抜け出しました。ヒルノマリブの母パレガルニエは東京2歳優駿牝馬、鎌倉記念と南関2歳重賞2勝があります。東京2歳優駿牝馬のかつての勝ち馬にはメリーナイス(1984.3.22)の母ツキメリー(1977.2.18)、リンデンリリー(1988.3.16)の母ラドンナリリー(1979.5.12)等がいますが、リンデンリリーといえば1991年の紅梅賞、すなわち現在の紅梅Sで1位入線を果たすも13着降着となり、1991年からJRAに導入された降着制度において、関西で最初に適用になった馬としても知られています。余談が過ぎましたが、2020年の紅梅Sを制したヒルノマリブ、その馬名意味は「冠名+アメリカの都市名」ということです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

冬枯れの 淀のターフに 散りし夢 永遠に忘れじ 君の面影