フジノマッケンオー(1991.3.11)-20世紀のJRA賞最優秀ダートホースを辿る(No.5)-

Series

フジノマッケンオー 牡 黒鹿毛 1991.3.11生~2013.3.8没 新冠町・本桐牧場生産 馬主・中村 寛俊氏→高橋 文枝氏 栗東・中村 好夫厩舎→岩手・村上 実厩舎→荒尾・宇都宮 徳一厩舎

フジノマッケンオー(1991.3.11)の4代血統表
ブレイヴエストローマン
鹿毛 1972.5.19
種付け時活性値:0.50【18】
Never Bend
鹿毛 1960.3.15
Nasrullah
鹿毛 1940.3.2
Nearco 1935.1.24
Mumtaz Begum 1932
Lalun
鹿毛 1952
Djeddah 1945
Be Faithful 1942
Roman Song
鹿毛 1955.2.24
▲Roman
鹿毛 1937
Sir Gallahad 1920
Buckup 1928
Quiz Song
栗毛 1948
★Sun Again 1939
Clever Song 1936
ドミナスローズ
鹿毛 1981.4.20
仔受胎時活性値:0.25【9】
トウシヨウボーイ
鹿毛 1973.4.15
種付け時活性値:1.75【7】
テスコボーイ
黒鹿毛 1963
Princely Gift 1951
Suncourt 1952
ソシアルバターフライ
鹿毛 1957.4.13
Your Host 1947
Wisteria 1948
オフエル
黒鹿毛 1968.4.29
仔受胎時活性値:1.00【12】
シヤミエ
栃栗毛 1950
種付け時活性値:0.25【17】
Chamossaire 1942
Therapia 1944
ミスリユウゲツ
黒鹿毛 1961.5.10
仔受胎時活性値:1.50【6】
ヒンドスタン
黒鹿毛 1946
種付け時活性値:1.50【14】
ウメヨシ
鹿毛 1943.4.3
仔受胎時活性値:0.25【17】

<5代血統表内のクロス:Nasrullah3×5>

フジノマッケンオー(1991.3.11)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ブレイヴエストローマン
(Never Bend系)
トウシヨウボーイ
(Princely Gift系)
シヤミエ
(Hurry On系)
ヒンドスタン
(Bois Roussel系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
トウシヨウボーイ
(Blue Cyprus)
3.00 母がGIII勝ち馬
(No. 2-d ウメハル系)
4番仔
(4連産目)

*

1994年の神無月S(OP。東京ダート1600m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 5 フジノマッケンオー 牡3 54 岡部幸雄 1:38.3   3-2 38.6 500
[-4]
中村好夫 1
2 1 マキバスクリーン 牝6 54 橋本広喜 1:39.1 5 1-1 39.6 480
[-12]
境直行 4
3 7 イブキクラッシュ 牡4 56 的場均 1:39.8 4 6-5 39.8 480
[-10]
沖芳夫 2
4 4 エイシンライジン せん5 55 小池隆生 1:40.4 3.1/2 6-7 40.1 480
[-12]
太宰義人 3
5 6 セントラルマドンナ 牝4 53 横山義行 1:40.5 クビ 5-5 40.5 472
[-8]
加賀武見 7

*

1994年の第8回根岸S(GIII。東京ダート1200m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 10 フジノマッケンオー 牡3 55 岡部幸雄 1:10.9   4-2 35.7 498
[-2]
中村好夫 1
2 9 イブキクラッシュ 牡4 56 的場均 1:11.1 1.1/4 2-2 36.0 480
[0]
沖芳夫 6
3 1 ビッグショウリ 牡3 54 塩村克己 1:11.2 クビ 2-2 36.1 484
[-6]
中尾正 4
4 11 ヒシクレバー 牡3 55 田中勝春 1:11.2 ハナ 1-1 37.1 472
[0]
佐山優 2
5 8 ダンディテシオ 牡5 56 加藤和宏 1:11.4 1.1/2 8-5 35.6 462
[0]
久恒久夫 5

*

1994年のJRA賞最優秀ダートホース、フジノマッケンオー。1994年に出走したダート競走では3戦3勝。現年齢表記3歳初戦となった阪神ダート1200mの500万下を制して、その後は秋に出走した↑で示した神無月S、根岸Sを岡部幸雄騎手の手綱で連勝。当年よりGIIに格上げとなったフェブラリーSの勝ち馬チアズアトム(1989.5.20)、暮れの中京のウインターS(GIII)を制したライブリマウント(1991.6.5)等を差し置いて最優秀ダートホースに選出されました。フジノマッケンオー、ダート3戦3勝負け無しはもちろん素晴らしいですし、それに上乗せして皐月賞(GI)3着、東京優駿(GI)4着、マイルチャンピオンシップ(GI)3着と牡馬クラシック及び古馬混合の芝のGIレースでも上位争いしており、芝ダート兼用の強さも評価されたのではないでしょうか。牡馬クラシックを制したのは、言わずもがなですが、ナリタブライアン(1991.5.3)

個人的な思い出となりますけれど、フジノマッケンオーが3着した第11回マイルチャンピオンシップの当日、1994年11月20日は初めて競馬場に行った日でした。京都競馬場の決勝点前で観戦していた私、ノースフライト(1990.4.12)が悠然たる最終飛行を見せ、サクラバクシンオー(1989.4.14)がスプリント王の矜持で粘り、最後桃色の帽子に「白、赤山形二本輪」の勝負服を乗せた黒鹿毛のフジノマッケンオーが大外から鋭く追い込んだレースは、生涯忘れることのない一戦です。そうして4着にアラン・ムンロ騎手騎乗のホッカイセレス(1990.4.28)、5着にビコーペガサス(1991.2.8)。「1番人気が必ず連対する」というマイルチャンピオンシップの神話が継続された最後の回は、1番人気から5番人気の馬たちがそのまま人気順の通りに上位5頭を占めたのでした。

そしてまたフジノマッケンオーの半姉ドミナスクリスタル(1990.2.25)は、私が初めて意識をして見たクラシック世代である1990年生まれ世代の牝馬であり、種牡馬クリスタルグリツターズ(1980.5.30)の日本供用初年度産駒の1頭。1993年の初戦となったKBS京都紅梅賞(OP)において、アローム(1990.4.4)-レインボーダリア(2007.4.27)のお母さん-を下して勝利を収めました。その後マーガレットS(OP)も制していますし、1994年の第1回札幌スプリントS(GIII)でも3着に入るなど頑張っていました。美しい栗毛の牝馬だったドミナスクリスタル、紅梅賞を制した際の写真が、関西版「週刊競馬ブック」の裏表紙に長く使われていたのも懐かしい思い出です。

*

ひとつ前の「20世紀のJRA賞最優秀ダートホースを辿る」記事で、同じブレイヴェストローマン産駒であるメイショウホムラ(1988.2.17)を紹介した際、

メイショウホムラ(1988.2.17)-20世紀のJRA賞最優秀ダートホースを辿る(No.4)-
メイショウホムラ 牡 鹿毛 1988.2.17生~2013.4.1没 新冠町・北星村田牧場生産 馬主・松本 好雄氏 栗東・高橋 成忠厩舎

「ブレイヴェストローマンの牡馬の代表産駒は、実は地味に良い種牡馬」と記しました。Mill Reef(1968.2.23)やRiverman(1969.3.22)を経由しないNever Bend系における、日本の旗頭とも言うべき種牡馬であったブレイヴェストローマン。競走馬として長きに渡り活躍し続けたフジノマッケンオーにも2代目種牡馬としての期待が掛かりましたが、フジノマッケンオーは牝馬に興味を示さなかったそうな。フジノマッケンオー、世俗を超越していたのでしょうか、存命時のエピソードを引いておきますと、

「これほど大人しく賢い馬はちょっといない」と絶賛するほどである。「噛む、蹴る、(前肢で)叩く、という他の馬がやりそうな悪さは一度も見たことがない。」と断言するくらいだ。圧巻だったのは、この馬の馬房に迷い込んでしまった幼児がマッケンオーの腹の下に入った時、静かに体を移動させて幼児を守ったというエピソード。

フジノマッケンオーを訪ねて | 馬産地コラム | 競走馬のふるさと案内所

現役時代に見た三白眼も印象に残るフジノマッケンオー。その実は、心優しきジェントルマンでした。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[フジノマッケンオー(1991.3.11)の主な競走成績]

  1. セントウルS(GIII)、ダービー卿チャレンジT(GIII)、根岸S(GIII)、さきたま杯(統一GIII)
  2. マイラーズC(GII)、スプリングS(GII)、黒船賞(統一GIII)、クラスターC(統一GIII)
  3. 皐月賞(GI)、マイルチャンピオンシップ(GI)、東京新聞杯(GIII)

通算61戦8勝、2着8回、3着6回(内ダート戦34戦5勝、2着3回、3着1回)。

https://honkiri.co.jp/meritorious/%e3%83%95%e3%82%b8%e3%83%8e%e3%83%9e%e3%83%83%e3%82%b1%e3%83%b3%e3%82%aa%e3%83%bc/