第9回JBCレディスクラシック(JpnI)の勝ち馬-ヤマニンアンプリメ(2014.4.5)-

Result

ヤマニンアンプリメ 牝 鹿毛 2014.4.5生 浦河・廣田伉助氏生産 馬主・土井肇氏 栗東・長谷川浩大厩舎

ヤマニンアンプリメ(2014.4.5)の4代血統表
シニスターミニスター
鹿毛 2003.3.29
種付け時活性値:0.50
Old Trieste
栗毛 1995.3.2
A.P. Indy
黒鹿毛 1989.3.31
Seattle Slew 1974.2.15
Weekend Surprise 1980.4.8
Lovlier Linda
栗毛 1980.5.17
Vigors 1973
Linda Summers 1967.2.28
Sweet Minister
鹿毛 1997.4.3
▲The Prime Minister
鹿毛 1987.4.15
Deputy Minister 1979.5.17
Stick to Beauty 1973.4.17
Sweet Blue
黒鹿毛 1985.4.15
Hurry Up Blue 1977.5.16
Sugar Gold 1980.4.22
ヤマニンエリプス
黒鹿毛 1996.4.2
仔受胎時活性値:0.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ヤマニンペニー
鹿毛 1979.3.14
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Nijinsky
鹿毛 1967.2.21
種付け時活性値:0.75
Northern Dancer 1961.5.27
Flaming Page 1959.4.24
Lower Lights
鹿毛 1970.4.1
仔受胎時活性値:2.00
Sir Gaylord
黒鹿毛 1959.2.12
種付け時活性値:0.50
Luffing
鹿毛 1962.4.23
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Turn-to5×5(母方)>

ヤマニンアンプリメ(2014.4.5)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
シニスターミニスター
(Seattle Slew系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
Nijinsky
(Northern Dancer系)
Sir Gaylord
(Turn-to系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Nijinsky
(ヤマニンエリプス)
6.00 or 4.00 伯父ヤマニングローバル
(No. 16-c)
10番仔
(4連産目)

*

2019年の第9回JBCレディスクラシック(JpnI。浦和ダート1400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 3 ヤマニンアンプリメ 牝5 55 武豊 1:24.5   36.9 494
[+4]
長谷川浩大 3
2 5 ゴールドクイーン 牝4 55 古川吉洋 1:24.9 2 38.3 454
[0]
坂口智康 2
3 11 ファッショニスタ 牝5 55 川田将雅 1:26.1 6 39.0 496
[-7]
安田隆行 1
4 8 ラーゴブルー 牝5 55 吉原寛人 1:26.4 1.1/2 38.9 517
[-10]
内田勝義 8
5 9 ミッシングリンク 牝5 55 笹川翼 1:26.8 2 38.4 540
[+9]
小久保智 10

2019年の第9回JBCレディスクラシック。武豊騎手のJpnI完全制覇、成る。サスガはセンリョウヤクシャ(1986.5.28)もとい千両役者のユタカさん、現地時間11月1日&2日の米国のブリーダーズカップに騎乗されたかと思えば、日本時間4日のJBCで騎乗。齢50歳を迎えられてもなお、全く衰えないそのフットワークの軽さ。「ムチ1本で世界中を飛び回れる職業」とは言え、そのタフネスさにも脱帽です。そうして褒められるべきは、ヤマニンアンプリメ。デイリー杯3歳S(現デイリー杯2歳S、GII)勝ち直後の骨折により、ユタカさんをして「来年のGIを4つ(クラシック三冠、有馬記念)損した」と言わしめたヤマニングローバル(1987.4.11)の姪、伯父が果たせなかったジーワン制覇を見事に遂げました。また、終わってみればゴールドクイーン(2015.3.22)が2着に踏ん張ったことにより、シニスターミニスター産駒のワンツーフィニッシュ。そしてまた、管理される長谷川浩大調教師には開業初年度のジーワン勝ちをプレゼントとなりました。長谷川師、騎手時代にマイネサマンサ(2000.4.5)で初騎乗初勝利を収められた2003年がつい先日のようですが、すでに16年前。時は流れ、血は巡り、馬は駆けて行きます。

他方、モンペルデュ(2016.4.22)に騎乗された戸崎圭太騎手。ラチ沿いの先行争い、厳しいせめぎあいではありましたが、これは馬にも人にも可哀想な競走中止でした……。ともかく、馬も人も、大事に至らないことを祈ります。

  

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

ヤマニングローバル - Wikipedia