第81回優駿牝馬(GI)の勝ち馬-デアリングタクト(2017.4.15)-

Result

デアリングタクト 牝 青鹿毛 2017.4.15生 日高・長谷川牧場生産 馬主・(株)ノルマンディーサラブレッドレーシング 栗東・杉山晴紀厩舎

デアリングタクト(2017.4.15)の4代血統表
エピファネイア
鹿毛 2010.2.11
種付け時活性値:1.50
シンボリクリスエス
黒鹿毛 1999.1.21
Kris S.
黒鹿毛 1977.4.25
Roberto 1969.3.16
Sharp Queen 1965.4.19
Tee Kay
黒鹿毛 1991.2.9
★Gold Meridian 1982.4.14
Tri Argo 1982.5.18
シーザリオ
青毛 2002.3.31
スペシャルウィーク
黒鹿毛 1995.5.2
サンデーサイレンス 1986.3.25
キャンペンガール 1987.4.19
キロフプリミエール
鹿毛 1990.4.15
★Sadler’s Wells 1981.4.11
Querida 1975.3.14
デアリングバード
黒鹿毛 2011.5.9
仔受胎時活性値:1.25
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
種付け時活性値:0.25
▲Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
デアリングハート
栃栗毛 2002.3.9
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:1.75
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
デアリングダンジグ
鹿毛 1990.4.26
仔受胎時活性値:0.75
Danzig
鹿毛 1977.2.12
種付け時活性値:1.00
Impetuous Gal
栗毛 1975.3.30
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:サンデーサイレンス3×4、Hail to Reason5×5、Northern Dancer5×5>

デアリングタクト(2017.4.15)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
エピファネイア
(Roberto系)
キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
Danzig
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
サンデーサイレンス
(デアリングバード)
5.50 or 3.50 祖母がGIII3勝
(No. 1-l)
2番仔
(2連産目)

*

2020年の第81回優駿牝馬(GI。東京芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 4デアリングタクト 牝3 55 松山 弘平 2:24.4 11-12-12-13 33.1 466
[0]
杉山 晴紀 1
2 16ウインマリリン 牝3 55 横山 典弘 2:24.5 1/2 2-2-2-4 34.0 452
[+2]
手塚 貴久 7
3 7ウインマイティー 牝3 55 和田 竜二 2:24.6 クビ 7-5-5-4 34.1 474
[+6]
五十嵐 忠男 13
4 6リアアメリア 牝3 55 川田 将雅 2:24.7 3/4 11-11-11-10 33.7 474
[-4]
中内田 充正 8
5 12マジックキャッスル 牝3 55 浜中 俊 2:24.8 3/4 16-16-17-16 33.4 422
[-2]
国枝 栄 14

デアリングタクト、ミスオンワード(1954.3.8)以来63年ぶり史上2頭目の無敗の牝馬クラシック二冠、成る。終わってみればデアリングタクト、ウインマリリン(2017.5.23)、ウインマイティー(2017.4.1)と岡田家の関連馬がワン・ツー・スリー。そしてまた終わってみれば前走1着だった5頭の内3頭で決着しており、フローラS(GII)勝ち馬が7番人気、忘れな草賞(L)勝ち馬が13番人気と不可思議な人気ではありました^^;

では、以下にデアリングタクトの簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

デアリングダンジグ 1990.4.26 不出走
|Ecton Park 1996.2.9 6勝 スーパーダービー(米GI) ジムダンディS(米GII)ほか
|ピットファイター 1999.2.26 10勝 アンタレスS(GIII) 武蔵野S(GIII) マーキュリーC(統一GIII)ほか
|デアリングハート 2002.3.9 4勝 府中牝馬S(GIII)2回 クイーンS(GIII)ほか
||デアリングバード 2011.5.9 0勝
|||デアリングタクト 2017.4.15 (本馬) 優駿牝馬(GI) 桜花賞(GI) エルフィンS(L)

デアリングタクトの牝系は1号族l分枝系。大伯父Ecton Park&ピットファイター、祖母デアリングハートと近いところにGレース勝ち馬3頭が見えるように活力はあります。大伯父Ecton Parkは先日アップしたフォーティナイナー(1985.5.11)の記事において、フォーティナイナーの代表産駒の1頭として名前を挙げました。祖母デアリングハートは2005年の第65回桜花賞(GI)3着、NHKマイルC(GI)2着と3歳春のマイルGIで頑張っていたことを思い出します。特に桜花賞はラインクラフト(2002.4.4)、↑のデアリングタクトの4代血統表にも姿が見えるシーザリオと「アタマ」「クビ」の好勝負でした。

2005年の第65回桜花賞(GI。阪神芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 17ラインクラフト 牝3 55 福永 祐一 1:33.5  3-4-4 34.7 454
[-6]
瀬戸口 勉 2
2 7シーザリオ 牝3 55 吉田 稔 1:33.5 アタマ 6-11-10 34.4 454
[-2]
角居 勝彦 1
3 9デアリングハート 牝3 55 M.デムーロ 1:33.6 クビ 3-2-2 35.0 418
[+2]
藤原 英昭 10
4 15エアメサイア 牝3 55 武 豊 1:33.9 1 3/4 12-11-10 34.7 462
[+4]
伊藤 雄二 3
5 6ダンツクインビー 牝3 55 小牧 太 1:34.0 3/4 12-10-7 35.0 474
[-6]
石坂 正 14

デアリングタクトの血統表内でデアリングハートとシーザリオが祖母の代で並んだように、ラインクラフトもその血を残してほしかったものです。

  

閑話休題。デアリングタクト、4戦4勝の無敗で春の二冠を終えて、この後に向かう先が楽しみになりました。2020年代の青き女王デアリングタクト、その行く末を見守りたいと思います。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。