リバティアイランド(2020.2.2)-第74回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)の勝ち馬-

Result

リバティアイランド 牝 鹿毛 2020.2.2生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・中内田 充正厩舎

リバティアイランド(2020.2.2)の4代血統表
ドゥラメンテ
鹿毛 2012.3.22
種付け時活性値:1.75【7】
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
アドマイヤグルーヴ
鹿毛 2000.4.30
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
エアグルーヴ
鹿毛 1993.4.6
トニービン 1983.4.7
ダイナカール 1980.5.10
ヤンキーローズ(AUS)
青鹿毛 2013.8.7
仔受胎時活性値:1.375【5.5】
All American(AUS)
黒鹿毛 2005.9.23
種付け時活性値:1.75【7】
Red Ransom
鹿毛 1987.3.31
Roberto 1969.3.16
アラビア2 1977.5.6
Milva
黒鹿毛 1994.5.4
Strawberry Road 1979.9.28
Tersa 1986.4.30
Condesaar(AUS)
鹿毛 2004.8.9
仔受胎時活性値:2.00【8】
▲Xaar(GB)
黒鹿毛 1995.3.14
種付け時活性値:0.125【8.5】
Zafonic 1990.4.1
Monroe 1977.5.21
Condescendance(USA)
黒鹿毛 1997.1.24
仔受胎時活性値:1.625【6.5】
El Gran Senor(USA)
鹿毛 1981.4.21
種付け時活性値:1.75【15】
Condessa(IRE)
栗毛 1978.3.15
仔受胎時活性値:0.50【18】

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×5、Hail to Reason5×5>

リバティアイランド(2020.2.2)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ドゥラメンテ
(Mr. Prospector系)
All American
(Roberto系)
▲Xaar
(Mr. Prospector系)
El Gran Senor
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ドゥラメンテ 5.50
(【5.5】+【8】+【6.5】+【18】)
母が豪GI馬
(No. 5-h)
2番仔
(2連産目)

*

2022年の第74回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI。阪神芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 9リバティアイランド 牝2 54 川田 将雅 1:33.1 8-8 35.5 462
[-6]
中内田 充正 1
2 3シンリョクカ 牝2 54 木幡 初也 1:33.5 2 1/2 8-8 35.9 440
[0]
竹内 正洋 12
3 13ドゥアイズ 牝2 54 吉田 隼人 1:33.5 クビ 12-12 35.4 448
[+8]
庄野 靖志 10
4 4アロマデローサ 牝2 54 D.イーガン 1:33.6 3/4 6-4 36.3 446
[+2]
池添 学 13
5 10ミシシッピテソーロ 牝2 54 原 優介 1:33.8 1 10-10 35.9 422
[-14]
畠山 吉宏 16

2022年の第74回阪神ジュベナイルフィリーズ。リバティアイランド、「普通に走れば能力が違う」とばかりのレースぶりでした。今年のGIレースではゴール前後の私の様子を音声でお届けしておりますが、リバティアイランドの走りっぷりにはそう声が出ることもなく「普通に強かった」と言葉少なでした^^;

そんな単純に強い2歳牝馬女王の誕生となった一戦、阪神芝1600m、晴れの良馬場、18頭立て。1枠1番のサンティーテソーロ(2020.3.7)の出脚の素晴らしが目に付きましたが、5枠9番から発馬となったリバティアイランドも良いスタート。サンティーテソーロのスタートダッシュからの逃げ脚は速い流れを生み出し、テンの3ハロン33秒7、半マイル45秒2、1000m57秒0という大変厳しい流れ。そうして1200m通過が1分8秒1と4角から直線に掛けて11秒1というレースで2番目に速いラップを刻んだサンティーテソーロの逃げは、最後「根性比べ」という様相を見せるかに見えました。が、その流れを道中8番手の外側から追走していたリバティアイランド、阪神芝外回りBコースの直線476.3mでエンジン全開。ラスト200mで川田将雅騎手の左ムチに応えて内に切れ込みながら先頭に立つと、後はまっすぐ走らせることに専念したかのような川田騎手のエスコートでゴールまで鋭進。最後は道中リバティアイランドと同じような位置で内の最短距離を走っていたシンリョクカ(2020.1.24)が2着に上がりましたが、リバティアイランドとの差は2と2分の1馬身差。リバティアイランド、絶対能力の高さを示した完勝を以て2歳牝馬王者に輝きました。

リバティアイランドを管理される中内田充正調教師は、ダノンファンタジー(2016.1.30)で制した第70回に続いて阪神ジュベナイルフィリーズ2勝目。

第70回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)の勝ち馬-ダノンファンタジー(2016.1.30)+α-
ダノンファンタジー 牝 鹿毛 2016.1.30生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(株)ダノックス 栗東・中内田充正厩舎 クロノジェネシス 牝 芦毛 2016.3.6生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・斉藤崇史厩舎 ビーチサンバ 牝 黒鹿毛 2016.4.4生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・金子真人ホールディングス(株) 栗東・友道康夫厩舎

鞍上を務められる川田騎手は阪神ジュベナイルフィリーズ初勝利となりました。馬人共におめでとうございました(^^)

リバティアイランドは7月の新潟芝1600mの新馬戦において、上がり3ハロン31秒4という訳の分からない脚を使って3馬身差の勝利を収めた際に「これはスゴイ牝馬が現れた」と競馬ファンが瞠目しました。2戦目に出走した10月の東京芝1600mのアルテミスS(GIII)、単勝1.4倍の圧倒的な1番人気に推されましたが「簡単には勝たせない」とばかりにラヴェル(2020.2.14)が「クビ」差先着。

ラヴェル(2020.2.14)&ゴライコウ(2020.4.4)-2023年のクラシック候補生を確認する(No.5)-
ラヴェル 牝 鹿毛 2020.2.14生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)キャロットファーム 栗東・矢作 芳人厩舎 ゴライコウ 牡 鹿毛 2020.4.4生 新ひだか町・坂本 智広氏生産 馬主・岡 浩二氏 栗東・新谷 功一厩舎

そうして仕切り直しで挑んだ3戦目が12月の第74回阪神ジュベナイルフィリーズ。ファンはリバティアイランドの能力を信じて単勝2.6倍の1番人気に推すと、改めてその期待に応えました。

リバティアイランドは母ヤンキーローズがランドウィック芝1400mのサイアーズプロデュースS(豪GI)、ランドウィック芝2000mのスプリングチャンピオンS(豪GI)と豪GI2勝を挙げ、豪州で2歳牝馬王者と3歳牝馬王者に選出された名牝。血筋の確かさを思うリバティアイランド、私は高祖母のCondessaに懐かしさを覚えました。ヨークシャーオークス(英GI)を制したCondessa、名種牡馬Danzig(1977.2.12)との間に出来た仔がビコーペガサス(1991.2.8)。ビコーペガサスは京成杯(GIII)、セントウルS(GIII)と重賞2勝を挙げ、スプリンターズS(GI)2着2回、高松宮杯(GI)2着等と短距離戦線で活躍しました。特にビコーペガサスが1994年1月の京成杯でヒシアマゾン(1991.3.26)を負かして1着となった際の中山芝1600m1分33秒9は当時出色の時計。「サスガにマル外馬」と思ったのも、およそ29年前。時は流れ、血は巡り、馬は駆け、人は賭け続けます。

年度代表馬の同期生を辿る(其の拾参)-ヒシアマゾン(1991.3.26)-
ヒシアマゾン 牝 黒鹿毛 1991.3.26生 米国・Masaichiro Abe生産 馬主・阿部雅一郎氏 美浦・中野隆良厩舎

そしてまたリバティアイランドの父ドゥラメンテは今年2022年、リバティアイランドが阪神ジュベナイルフィリーズを制した時点で産駒がJRA・GI5勝、ダートグレード競走でもジーワン1勝と大活躍。

スターズオンアース(2019.2.27)-第82回桜花賞(GI)の勝ち馬-
スターズオンアース 牝 黒鹿毛 2019.2.27生 千歳市・社台ファーム生産 馬主・(有)社台レースホース 美浦・高柳 瑞樹厩舎
タイトルホルダー(2018.2.10)-第165回天皇賞・春(GI)の勝ち馬-
タイトルホルダー 牡 鹿毛 2018.2.10生 新ひだか町・岡田スタツド生産 馬主・山田 弘氏 美浦・栗田 徹厩舎
スターズオンアース(2019.2.27)-第83回優駿牝馬(GI)の勝ち馬-
スターズオンアース 牝 黒鹿毛 2019.2.27生 千歳市・社台ファーム生産 馬主・(有)社台レースホース 美浦・高柳 瑞樹厩舎
タイトルホルダー(2018.2.10)-第63回宝塚記念(GI)の勝ち馬-
タイトルホルダー 牡 鹿毛 2018.2.10生 新ひだか町・岡田スタツド生産 馬主・山田 弘氏 美浦・栗田 徹厩舎
ヴァレーデラルナ(2019.1.17)-第12回JBCレディスクラシック(JpnI)の勝ち馬-
ヴァレーデラルナ 牝 鹿毛 2019.1.17生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(株)ラ・メール 栗東・藤原 英昭厩舎

「死んでしまった種牡馬の仔は走る」というのは競馬格言のひとつではありますが、ドゥラメンテ、早世が本当に惜しまれます。

リバティアイランド、その馬名意味は「米、アッパーニューヨーク湾の自由の女神像が建っている島」ということ。そのボトムラインからは馬の思い出を呼び起こしてくれたリバティアイランドですが、馬名からは「あぁ、1986年の第10回と1987年の第11回、ウルトラクイズの決勝が行われた場所ですね」と、競馬と全然関係ないことを呼び起こしてくれました。なんのこっちゃ^^;

New York 10
New York 10 第10回ウルトラクイズ ニューヨーク
第11回 ウルトラ ニューヨーク
第11回 ウルトラ ニューヨーク 決勝戦 クイズ系マイリスト→mylist/31758067

*

今回は1戦1勝で挑んだGIレースで2着に頑張った馬も紹介しておこうと思います。

シンリョクカ 牝 鹿毛 2020.1.24生 日高町・下河辺牧場生産 馬主・由井 健太郎氏 美浦・竹内 正洋厩舎

シンリョクカ(2020.1.24)の4代血統表
サトノダイヤモンド
鹿毛 2013.1.30
種付け時活性値:1.50【6】
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao 1980.2.28
Burghclere 1977.4.26
マルペンサ
鹿毛 2006.9.10
Orpen
鹿毛 1996.5.20
Lure 1989.5.14
Bonita Francita 1987.5.10
Marsella
黒鹿毛 1997.10.21
サザンヘイロー 1983.2.9
Riviere 1978
レイカーラ
鹿毛 2009.4.20
仔受胎時活性値:0.50【10】
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
種付け時活性値:1.75【7】
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
カーラパワー
鹿毛 1998.2.5
仔受胎時活性値:0.50【10】
Caerleon
鹿毛 1980.3.27
種付け時活性値:0.25【17】
Nijinsky 1967.2.21
Foreseer 1969.4.12
Jabali
鹿毛 1991.1.30
仔受胎時活性値:1.50【6】
Shirley Heights
鹿毛 1975.3.1
種付け時活性値:1.75【15】
Toute Cy
鹿毛 1979.5.4
仔受胎時活性値:0.75【11】

<5代血統表内のクロス:Halo4×5(父方)>

シンリョクカ(2020.1.24)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
サトノダイヤモンド
(サンデーサイレンス系)
キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
Caerleon
(Nijinsky系)
Shirley Heights
(Mill Reef系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
キングカメハメハ
(レイカーラ)
3.25
(【10】+【10】+【6】+【11】)
伯父ダノンシャーク
(No. 1-u)
5番仔
(5連産目)

シンリョクカ。10月の東京芝1600mの新馬戦1着から挑んだ12月の阪神芝16000mのGIで12番人気2着の激走を見せてくれましたが、マイル戦得意はその血が為せる業でしょうか。伯父にマイルチャンピオンシップ(GI)を含むマイル重賞3勝のダノンシャーク(2008.3.9)、母が中山芝1600mだったターコイズS(OP)の勝ち馬レイカーラ、そして半姉がやはり中山芝1600mのアネモネS(L)の勝ち馬インターミッション(2017.1.19)。新種牡馬サトノダイヤモンドの初年度産駒でもあるシンリョクカ、その馬名意味は「心力歌」とのこと。「心力歌」という響きが良いなと思ったので確認してみたのですが、

心力歌・凝念|成蹊教育のモノコト|成蹊学園
心力歌・凝念|成蹊教育のモノコト|成蹊学園|東京都武蔵野市吉祥寺に位置し、ワンキャンパス内に小学校から大学・大学院までを擁する総合学園、成蹊学園のウェブサイトです。

成蹊学園で学んだ方々の心の拠りどころのようで、シンリョクカのオーナーの由井健太郎氏は成蹊大学の文学部をご卒業されているようです。

クリックしてdengyo20171220.pdfにアクセス

……また全然競馬と関係ないことの連想になってしまうのですが、1990年の第14回ウルトラクイズを優勝された佐藤光邦さんも成蹊大学のご出身だったと記憶しています。ああ、ホンマになんのこっちゃの記事になってしまいましたね^^;

14 - Final
14 - Final ホントはバレンタインデーに上げたかったのですが…すみませんです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。