ウシュバテソーロ(2017.3.4)-第69回東京大賞典(GI)の勝ち馬-

Result

ウシュバテソーロ 牡 鹿毛 2017.3.4生 新ひだか町・千代田牧場生産 馬主・了德寺健二ホールディングス(株) 美浦・高木 登厩舎

ウシュバテソーロ(2017.3.4)の4代血統表

オルフェーヴル
栗毛 2008.5.14
種付け時活性値:0.00【8】
ステイゴールド
黒鹿毛 1994.3.24
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ゴールデンサッシュ
栗毛 1988.4.23
デイクタス 1967.4.11
ダイナサツシユ 1979.3.16
オリエンタルアート
栗毛 1997.5.12
メジロマックイーン
芦毛 1987.4.3
★メジロテイターン 1978.3.22
メジロオーロラ 1978.3.8
エレクトロアート
栗毛 1986.3.29
ノーザンテースト 1971.3.15
グランマステイーヴンス 1977.2.9
ミルフィアタッチ
鹿毛 2006.1.28
仔受胎時活性値:0.50【10】
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
種付け時活性値:1.00【4】
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
シジェームサン
黒鹿毛 1992.2.19
仔受胎時活性値:1.25【13】
Septieme Ciel
鹿毛 1987.4.15
種付け時活性値:1.00【4】
Seattle Slew 1974.2.15
Maximova 1980.4.16
Samalex
鹿毛 1982.1.30
仔受胎時活性値:0.25【9】
Ela-Mana-Mou
鹿毛 1976.2.28
種付け時活性値:1.25【5】
Pampas Miss
栗毛 1974.3.7
仔受胎時活性値:1.75【7】

<5代血統表内のクロス:ノーザンテースト4×5(父方)>

ウシュバテソーロ(2017.3.4)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
オルフェーヴル
(サンデーサイレンス系)
キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
Septieme Ciel
(Seattle Slew系)
Ela-Mana-Mou
(Fair Trial系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Ela-Mana-Mou
(Rose Bertin)
3.75
(【10】+【13】+【9】+【7】)
祖母が米Gレース3勝馬
(No. 9-f)
6番仔
(6連産目)

*

2023年の第69回東京大賞典(GI。大井ダート2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 5 ウシュバテソーロ 牡6 57 川田将雅 2:07.3 8-8-7-7 37.0 522
[0]
高木登 1
2 9 ウィルソンテソーロ 牡4 57 原優介 2:07.4 1/2 1-1-1-1 37.9 487
[+5]
小手川準 6
3 6 ドゥラエレーデ 牡3 56 B.ムルザバエフ 2:07.5 クビ 2-2-2-2 37.8 510
[0]
池添学 4
4 2 ノットゥルノ 牡4 57 武豊 2:07.6 3/4 3-3-3-3 37.7 514
[-8]
音無秀孝 5
5 1 キングズソード 牡4 57 岩田望来 2:07.7 クビ 6-6-6-5 37.6 510
[-4]
寺島良 2
2023年の第69回東京大賞典(GI。大井ダート2000m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.4 – 11.8 – 12.7 – 13.6 – 13.3 – 12.7 – 13.0 – 12.7 – 12.0 – 13.1
ラップの
累計タイム
12.4 – 24.2 – 36.9 – 50.5 – 1:03.8 – 1:16.5 – 1:29.5 – 1:42.2 – 1:54.2 – 2:07.3
上り 4F 50.8 – 3F 37.8

大井ダート2000m、晴の良馬場、9頭立て。

日本の国際GIの掉尾を飾るのは有馬記念(GI)でもホープフルS(GI)でもなく、毎年東京大賞典。2023年は9頭立てという少ない頭数でしたが防衛王者で今年川崎記念(JpnI)ドバイワールドカップ(UAE・GI)を制しているウシュバテソーロ、JBCクラシック(JpnI)を4馬身差で制したキングズソード(2019.4.4)、7戦7勝無敗の南関東三冠馬ミックファイア(2020.4.5)、芝ダート兼用のホープフルS勝ち馬ドゥラエレーデ(2020.1.29)、大井コース得意の2022年のジャパンダートダービー(JpnI)勝ち馬ノットゥルノ(2019.4.16)など強豪が顔を揃えた年末の大一番。

ミックファイアが立ち上がるような発馬になっていつもの逃げ先行策が取れなかったところ、逃げたのは前走チャンピオンズカップ(GI)で目の覚める末脚を見せたウィルソンテソーロ(2019.2.25)。ビックリの展開でしたが、原優介騎手と共に作り出したペースは1000m通過1分3秒8というゆったりとした流れ。時折、追い込みも逃げも出来る馬がいますけれど、ウィルソンテソーロもそういう馬だったんですね。大井ダート外回りの直線386mに入った時には「うぉ、このまま逃げ切るか」と思わせました。そうして、道中番手のドゥラエレーデ、3番手のノットゥルノと共に前で頑張っていたところに飛んで来たのが、ウィルソンテソーロと同じ「緑、黄襷、袖黄一本輪」の勝負服をまとった川田将雅騎手を鞍上にしたウシュバテソーロ。道中後方2番手から進んでいたウシュバテソーロ、最後はディフェンディングチャンピオンのプライドが炸裂し、ウィルソンテソーロを半馬身交わしたところが決勝点。ウシュバテソーロ、アジュディミツオー(2001.6.2)スマートファルコン(2005.4.4)ホッコータルマエ(2009.5.26)オメガパフューム(2015.4.6)に続く史上5頭目の東京大賞典連覇を果たしたという結果でした。

ウシュバテソーロ(2017.3.4)-第68回東京大賞典(GI)の勝ち馬-
ウシュバテソーロ 牡 鹿毛 2017.3.4生 新ひだか町・千代田牧場生産 馬主・了德寺健二ホールディングス(株) 美浦・高木 登厩舎

ウシュバテソーロは来年2024年で7歳となりますが、サウジカップ(沙GI)、そして連覇を狙うドバイワールドカップを視野に入れている模様。中東転戦で世界に再び日本のダート王者の強さを見せて欲しいもの。ウシュバテソーロ、ただただ期待しています。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

#オメガパフュームは、同一GI4年連続勝利という金字塔を打ち立てました。そしてまた東京大賞典2勝ということではテツノカチドキ(1980.3.25)もいます。彼は現年齢表記4歳時と7歳時と隔年による勝利でした。テツノカチドキについては、netkeiba.comにアップされている、彼が生まれた日に撮影された写真が愛らしさ全開です。

テツノカチドキ (Tetsuno Kachidoki) | 競走馬データ - netkeiba.com
テツノカチドキ (Tetsuno Kachidoki)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。