第64回大阪杯(GI)の勝ち馬-ラッキーライラック(2015.4.3)-

Result

ラッキーライラック 牝 栗毛 2015.4.3生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・松永幹夫厩舎

ラッキーライラック(2015.4.3)の4代血統表
オルフェーヴル
栗毛 2008.5.14
種付け時活性値:1.50
ステイゴールド
黒鹿毛 1994.3.24
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ゴールデンサッシュ
栗毛 1988.4.23
デイクタス 1967.4.11
ダイナサツシユ 1979.3.16
オリエンタルアート
栗毛 1997.5.12
メジロマックイーン
芦毛 1987.4.3
★メジロテイターン 1978.3.22
メジロオーロラ 1978.3.8
エレクトロアート
栗毛 1986.3.29
ノーザンテースト 1971.3.15
グランマステイーヴンス 1977.2.9
ライラックスアンドレース
栗毛 2008.4.6
仔受胎時活性値:1.50
Flower Alley
栗毛 2002.5.7
種付け時活性値:1.25
★Distorted Humor
栗毛 1993.3.19
フォーティナイナー 1985.5.11
Danzig’s Beauty 1987.3.7
プリンセスオリビア
栗毛 1995.2.20
Lycius 1988.2.29
Dance Image 1990.3.16
Refinement
鹿毛 1994.3.9
仔受胎時活性値:1.25
Seattle Slew
黒鹿毛 1974.2.15
種付け時活性値:0.75
Bold Reasoning 1968.4.29
My Charmer 1969.3.25
ステラマドリッド
鹿毛 1987.5.15
仔受胎時活性値:1.50
Alydar
栗毛 1975.3.23
種付け時活性値:0.75
My Juliet
黒鹿毛 1972.5.7
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:ノーザンテースト5×4(父方)、Mr. Prospector5×5(母方)>

ラッキーライラック(2015.4.3)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
オルフェーヴル
(Halo系)
Flower Alley
(Mr. Prospector系)
Seattle Slew
(Bold Ruler系)
Alydar
(Raise a Native系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
オルフェーヴル 5.75 母が米GI勝ち馬
(No. 6-a)
3番仔
(不受胎後)

*

2020年の第64回大阪杯(GI。阪神芝2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 5 ラッキーライラック 牝5 55 M.デムーロ 1:58.4 3-3-3-5 33.9 520
[+2]
松永 幹夫 2
2 12 クロノジェネシス 牝4 55 北村 友一 1:58.4 クビ 3-3-3-3 34.0 454
[-6]
斉藤 崇史 4
3 8 ダノンキングリー 牡4 57 横山 典弘 1:58.5 クビ 1-1-1-1 34.3 456
[-2]
萩原 清 1
4 11 カデナ 牡6 57 鮫島 克駿 1:58.6 3/4 11-11-12-12 33.5 486
[+12]
中竹 和也 11
5 4 ワグネリアン 牡5 57 福永 祐一 1:58.8 1 1/4 5-5-5-8 34.0 466
[+8]
友道 康夫 5

出走12頭中2頭の牝馬によるワンツーフィニッシュ。ラッキーライラック、2歳時の阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)、4歳時のエリザベス女王杯(GI)に続いて、GI3勝目は価値ある牡牝混合の中距離GI、大阪杯によって成されました。そうして、GI昇格後の大阪杯において、牝馬による制覇は初めてのこととなりました。ラッキーライラック、同期にアーモンドアイ(2015.3.10)という大物牝馬もいますけれど、伊達や酔狂でGI3勝は遂げられません。見ればデビュー時は480kgだった馬体は、520kgとなっていました。2歳女王を獲得できる早熟性と、5歳になって牡牝混合GIを勝てる成長力。ラッキーライラック、栗色の見目麗しい「五弁のライラックの花(幸運のシンボル)」が、桜舞う阪神競馬場で見事に咲き誇りました。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。