クロノジェネシス(2016.3.6)-第61回宝塚記念(GI)の勝ち馬-

Result

クロノジェネシス 牝 芦毛 2016.3.6生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・斉藤崇史厩舎

クロノジェネシス(2016.3.6)の4代血統表
バゴ
黒鹿毛 2001.2.3
種付け時活性値:1.50
Nashwan
栗毛 1986.3.1
Blushing Groom
栗毛 1974.4.8
Red God 1954.2.15
Runaway Bride 1962
Height of Fashion
鹿毛 1979.4.14
Bustino 1971
Highclere 1971.4.9
Moonlight’s Box
鹿毛 1996.2.2
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
Northern Dancer 1961.5.27
Special 1969.3.28
Coup de Genie
鹿毛 1991.5.7
Mr. Prospector 1970.1.28
Coup de Folie 1982.4.2
クロノロジスト
芦毛 2003.5.6
仔受胎時活性値:1.00
クロフネ
芦毛 1998.3.31
種付け時活性値:1.00
フレンチデピュティ
栗毛 1992.1.30
Deputy Minister 1979.5.17
Mitterand 1981.2.19
Blue Avenue
芦毛 1990.2.15
Classic Go Go 1978.2.11
Eliza Blue 1983.4.11
インディスユニゾン
青鹿毛 1997.5.12
仔受胎時活性値:1.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.50
Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ラスティックベル
鹿毛 1990.3.16
仔受胎時活性値:1.50
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
種付け時活性値:0.75
Ragtime Girl
栗毛 1973.3.5
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×4、Halo4×5>

クロノジェネシス(2016.3.6)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
バゴ
(Blushing Groom系)
クロフネ
(Deputy Minister系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
◆Mr. Prospector
(Raise a Native系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
バゴ
(Nashwan)
5.75 or 3.75 半姉ノームコア
(No. 20-a)
8番仔
(8連産目)

*

2020年の第61回宝塚記念(GI。阪神芝2200m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 16クロノジェネシス 牝4 56 北村 友一 2:13.5 7-8-7-1 36.3 464
[+10]
斉藤 崇史 2
2 14キセキ 牡6 58 武 豊 2:14.5 6 14-13-8-2 37.2 502
[-10]
角居 勝彦 6
3 12モズベッロ 牡4 58 池添 謙一 2:15.3 5 12-11-11-8 37.6 480
[+2]
森田 直行 12
4 5サートゥルナーリア 牡4 58 C.ルメール 2:15.6 1 3/4 10-10-11-10 37.6 508
[+6]
角居 勝彦 1
5 10メイショウテンゲン 牡4 58 松山 弘平 2:15.6 クビ 16-16-15-14 37.4 466
[-4]
池添 兼雄 16

出走18頭中GI馬8頭の豪華メンバーとなった春のグランプリ。クロノジェネシス、これは強かった。第7回のエイトクラウン(1962.4.21)、第46回のスイープトウショウ(2001.5.9)第57回のマリアライト(2011.2.19)第60回のリスグラシュー(2014.1.18)に続く史上5頭目の宝塚記念牝馬制覇は、レース史上最大着差となる6馬身差の大圧勝。クロノジェネシス、恐れ入谷の鬼子母神、ただただ「お見事」でした。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。