メイショウハリオ(2017.2.25)-第45回帝王賞(JpnI)の勝ち馬-

Result

メイショウハリオ 牡 栗毛 2017.2.25生 浦河町・三嶋牧場生産 馬主・松本 好雄氏 栗東・岡田 稲男厩舎

メイショウハリオ(2017.2.25)の4代血統表
パイロ
黒鹿毛 2005.2.19
種付け時活性値:0.75【11】
Pulpit
鹿毛 1994.2.15
A.P. Indy
黒鹿毛 1989.3.31
Seattle Slew 1974.2.15
Weekend Surprise 1980.4.8
Preach
鹿毛 1989.3.26
Mr. Prospector 1970.1.28
Narrate 1980.4.6
Wild Vision
鹿毛 1998.5.16
Wild Again
黒鹿毛 1980.5.22
▲Icecapade 1969.4.4
Bushel-n-Peck 1958.3.21
Carol’s Wonder
芦毛 1984.3.15
Pass the Tab 1978.3.29
Carols Christmas 1977.4.10
メイショウオウヒ
黒鹿毛 2008.5.7
仔受胎時活性値:2.00【8】
マンハッタンカフェ
青鹿毛 1998.3.5
種付け時活性値:0.25【9】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
サトルチェンジ
黒鹿毛 1988.4.2
Law Society 1982.2.16
Santa Luciana 1973.4.4
アルペンローズ
黒鹿毛 1999.3.31
仔受胎時活性値:2.00【8】
Kris S.
黒鹿毛 1977.4.25
種付け時活性値:1.25【21】
Roberto 1969.3.16
Sharp Queen 1965.4.19
Amizette
鹿毛 1992.5.23
仔受胎時活性値:1.50【6】
フォーティナイナー
栗毛 1985.5.11
種付け時活性値:1.50【6】
Courtly Dee
黒鹿毛 1968.3.8
仔受胎時活性値:1.75【23】

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×5、Hail to Reason5×5(母方)>

メイショウハリオ(2017.2.25)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
パイロ
(A.P. Indy系)
マンハッタンカフェ
(サンデーサイレンス系)
Kris S.
(Roberto系)
フォーティナイナー
(Mr. Prospector系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
フォーティナイナー
(Amizette)
7.25 or 5.25 半弟テーオーロイヤル
(No. A4)
2番仔
(不受胎後)

*

2022年の第45回帝王賞(JpnI。大井ダート2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 9 メイショウハリオ 牡5 57 浜中俊 2:03.3 4-5-5-4 37.0 500
[-6]
岡田稲男 5
2 6 チュウワウィザード 牡7 57 川田将雅 2:03.3 クビ 5-4-6-6 36.6 491
[0]
大久保龍志 3
3 2 オメガパフューム 牡7 57 M.デムーロ 2:03.6 1.1/2 8-8-7-7 36.9 460
[-4]
安田翔伍 2
4 8 テーオーケインズ 牡5 57 松山弘平 2:04.4 4 3-3-3-3 38.4 495
[-5]
高柳大輔 1
5 7 クリンチャー 牡8 57 森泰斗 2:04.4 クビ 2-2-1-1 38.5 487
[-1]
宮本博 4

2022年の第45回帝王賞。当年の上半期の古馬ダート王を決める大井ダート2000mの一戦に集ったのはJRA勢7頭、NAR勢2頭の9頭。単勝1.5倍の1番人気に推された防衛王者テーオーケインズ(2017.4.27)、同コースで行われる東京大賞典(GI)4連覇のオメガパフューム(2015.4.6)ドバイワールドカップ(UAE・GI)3着からの参戦となったチュウワウィザード(2015.4.19)等GIホースが上位3番人気までを占めましたが、勝負はやってみなければ分かりません。

戦前5番人気だったメイショウハリオ、9頭立ての大外枠で最後の枠入りから、若干外にヨレ加減の発馬。道中は馬群外側の4~5番手を追っ付け加減で追走。直線に入りラスト300mでは内からチュウワウィザード、クリンチャー(2014.3.10)、テーオーケインズ、メイショウハリオ、オメガパフュームの上位人気5頭が横一線に広がるような状況。その中で脚勢良く伸びたメイショウハリオ、最後は内のチュウワウィザードの追撃を「クビ」だけ振り切ったところが決勝点。

歴戦の上位人気馬たちを打ち負かしたメイショウハリオ。浜中俊騎手とは昨年2021年のみやこS(GIII)からのコンビですが、確認してみれば、

  1. みやこS(GIII)1着
    →阪神ダート1800m(右回り)
  2. チャンピオンズカップ(GI)7着
    →中京ダート1800m(左回り)
  3. マーチS(GIII)1着
    →中山ダート1800m(右回り)
  4. 平安S(GIII)3着
    →中京ダート1900m(左回り)
  5. 帝王賞(JpnI)1着
    →大井ダート2000m(右回り)

と、右回りのレースに限れば、浜中騎手とのコンビで3戦3勝。そうしてメイショウハリオ自身初のジーワン勝利は、関西の大馬主の松本好雄オーナーにはメイショウマンボ(2010.2.25)以来の平地ジーワン勝ち、管理される岡田稲男調教師には初めてのジーワン勝ちを贈ることとなりました。

#気が付けば、メイショウハリオはメイショウマンボと同じ2月25日生まれ。なんということはないですが、星の巡り合わせがあったのかも知れません。

*

メイショウハリオ、その馬名意味は「冠名+世界一速いハリオアマツバメより」。ハリオアマツバメは、水平飛行では時速170kmで飛ぶそうです。そんな世界一速い鳥にあやかり名前を付けられたメイショウハリオ、ジーワン馬となって進む「これから」も楽しみにしたいと思います。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。