第42回帝王賞(JpnI)の勝ち馬-オメガパフューム(2015.4.6)-

Result

オメガパフューム 牡 芦毛 2015.4.6生 千歳・社台ファーム生産 馬主・原禮子氏 栗東・安田翔伍厩舎

オメガパフューム(2015.4.6)の4代血統表
スウェプトオーヴァーボード
芦毛 1997.2.6
種付け時活性値:0.25
エンドスウィープ
鹿毛 1991.5.31
フォーティナイナー
栗毛 1985.5.11
Mr. Prospector 1970.1.28
File 1976.4.30
Broom Dance
鹿毛 1979.4.10
Dance Spell 1973.3.29
Witching Hour 1960.3.31
Sheer Ice
芦毛 1982.5.26
Cutlass
鹿毛 1970.4.26
Damascus 1964.4.14
Aphonia 1962.4.19
Hey Dolly A.
芦毛 1974.3.2
Ambehaving 1954.2.27
Swift Deal 1969.3.19
オメガフレグランス
鹿毛 2007.5.22
仔受胎時活性値:1.75
ゴールドアリュール
栗毛 1999.3.3
種付け時活性値:1.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ニキーヤ
鹿毛 1993.4.4
Nureyev 1977.5.2
Reluctant Guest 1986.2.21
ビューティーメイク
鹿毛 1989.3.21
仔受胎時活性値:0.25
リアルシヤダイ
黒鹿毛 1979.5.27
種付け時活性値:0.25
▲Roberto 1969.3.16
Desert Vixen 1970.4.19
セイリングビユーテイ
鹿毛 1976.3.30
仔受胎時活性値:1.00
Lyphard
鹿毛 1969.5.10
種付け時活性値:1.50
Sweetdric
鹿毛 1969
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5×5、Hail to Reason5×5>

オメガパフューム(2015.4.6)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
スウェプトオーヴァーボード
(Mr. Prospector系)
ゴールドアリュール
(Halo系)
リアルシヤダイ
(Roberto系)
Lyphard
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ゴールドアリュール
(Nearctic)
4.50 祖母がOP特別勝ち馬
(No. 14-c)
2番仔
(2連産目)

*

2019年の第42回帝王賞(JpnI。大井ダート2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 5オメガパフューム 牡4 57 D.レーン 2:04.4   36.7 448
[-14]
安田翔伍 3
2 1チュウワウィザード 牡4 57 川田将雅 2:04.6 1.1/4 37.7 470
[-12]
大久保龍志 2
3 14ノンコノユメ せん7 57 真島大輔 2:04.6 アタマ 37.4 442
[0]
荒山勝徳 8
4 10ミツバ 牡7 57 和田竜二 2:05.2 3 38.2 478
[+2]
加用正 5
5 3モジアナフレイバー 牡4 57 繁田健一 2:05.5 1.3/4 38.6 513
[+5]
福永敏 4

2019年の第42回帝王賞。中央でもレーン、地方でもレーン。ダミアン・レーン騎手、帝王賞の3日前に行われた第60回宝塚記念(GI)に続いてのジーワン連覇。鮮やかなマクリ一発、オメガパフュームに昨年2018年末の第64回東京大賞典(GI)以来の勝利をプレゼントしました。

さて、オメガパフュームの父であるスウェプトオーヴァーボードは現役時代に8勝を挙げ、その主な勝ち鞍にメトロポリタンH(米GI)、エインシェントタイトルBCH(米GI)、ハリウッドターフエクスプレスH(米GIII)、サンミゲルS(米GIII)と米グレードレース4勝があります。

スウェプトオーヴァーボードのGI初制覇となった2001年のエインシェントタイトルBCH。6頭立てのダート6F戦、最後方からのマクリ一発、最後は前年2000年のエクリプス賞最優秀短距離馬であるKona Gold(1994.3.19)に2馬身半差の快勝。その勝ち時計1分7秒67は、サンタアニタ・ダート6Fのトラックレコードでした。

そんなスウェプトオーヴァーボードの代表産駒を確認してみますと、、、

  1. レッドファルクス(2011.4.12)
    →スプリンターズS(GI)2回、京王杯スプリングC(GII)、CBC賞(GIII)ほか
  2. オメガパフューム(2015.4.6)
    →東京大賞典(GI)、帝王賞(JpnI)、シリウスS(GIII)ほか。本稿の主役
  3. リッジマン(2013.5.25)
    →ステイヤーズS(GII)ほか
  4. Florentino(2006.2.8)
    →ジェファーソンCS(米GII)ほか。ラインクラフト(2002.4.4)の半弟
  5. エーシンブラン(2008.3.4)
    →兵庫チャンピオンシップ(JpnII)ほか
  6. パドトロワ(2007.4.20)
    →函館スプリントS(GIII)、キーンランドC(GIII)、アイビスサマーダッシュ(GIII)ほか
  7. アーバンストリート(2004.4.4)
    →シルクロードS(GIII)ほか
  8. キョウエイアシュラ(2007.1.24)
    →オーバルS(JpnIII)ほか

基本は代表産駒筆頭のレッドファルクスを始めとする快速短距離馬ですが、オメガパフュームのようなダートの中距離馬、鬼っ子とも思えるステイヤーのリッジマン、そして2006年のセレクトセールにて1億4700万円でダーレーに購入されて、シェイク・ハムダンの勝負服で米国の芝9FのGIIであるジェファーソンCSを制したFlorentinoなど、活躍は多岐に渡ります。スウェプトオーヴァーボードの父エンドスウィープも、サウスヴィグラス(1996.4.19)、スイープトウショウ(2001.5.9)、ラインクラフト、アドマイヤムーン(2003.2.23)と日本に多様な産駒を送りましたが、その血をスウェプトオーヴァーボードも受け継いでいたというところでしょうか。

父の多様性の体現者であるオメガパフューム。その馥郁たる芳香は、天高く馬肥ゆる秋に向けて、さらに増すことでしょう。同じ2015年生まれ世代の砂の強豪であるルヴァンスレーヴ(2015.1.26)やチュウワウィザード(2015.4.19)、そしてまたゴールドドリーム(2013.4.19)との再戦が楽しみです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。