Malathaat(2018.3.7)-第39回ブリーダーズカップ・ディスタフ(米GI)の勝ち馬-

Result

Malathaat(マラサート) 牝 鹿毛 2018.3.7生 米国・Stonestreet Thoroughbred Holdings LLC生産 馬主・Shadwell Stable 米国・Todd A. Pletcher厩舎

Malathaat(2018.3.7)の4代血統表
Curlin
栗毛 2004.3.25
種付け時活性値:1.25【13】
Smart Strike
鹿毛 1992.5.21
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Classy ‘n Smart
鹿毛 1981.5.20
Smarten 1976.4.17
No Class 1974.3.30
Sherriff’s Deputy
鹿毛 1994.3.6
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
Vice Regent 1967.4.29
Mint Copy 1970.2.24
Barbarika
鹿毛 1985.3.9
Bates Motel 1979.5.17
War Exchange 1972.3.24
Dreaming of Julia
鹿毛 2010.3.3
仔受胎時活性値:1.75【7】
A.P. Indy
黒鹿毛 1989.3.31
種付け時活性値:1.00【20】
Seattle Slew
黒鹿毛 1974.2.15
Bold Reasoning 1968.4.29
My Charmer 1969.3.25
Weekend Surprise
鹿毛 1980.4.8
Secretariat 1970.3.30
Lassie Dear 1974.5.2
Dream Rush
黒鹿毛 2004.4.22
仔受胎時活性値:1.25【5】
ワイルドラッシュ
鹿毛 1994.4.15
種付け時活性値:0.25【9】
Wild Again 1980.5.22
Rose Park 1986.2.7
Turbo Dream
黒鹿毛 1998.2.22
仔受胎時活性値:1.25【5】
Unbridled
鹿毛 1987.3.5
種付け時活性値:0.50【10】
レヴドフェ
黒鹿毛 1992.2.11
仔受胎時活性値:1.25【5】

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector3×5>

Malathaat(2018.3.7)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Curlin
(Mr. Prospector系)
A.P. Indy
(Seattle Slew系)
ワイルドラッシュ
(Nearctic系)
Unbridled
(Mr. Prospector系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Curlin 5.50 母と祖母も米GI馬
(No. 1-n)
2番仔?
(2連産目?)

*

2022年の第39回ブリーダーズカップ・ディスタフ(米GI。キーンランド・ダート9F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 1Malathaat 牝4 56.2 John R Velazquez 1:49.07 Todd Pletcher 2
2 2 Blue Stripe 牝5 56.2 Hector I Berrios ハナ Marcelo Polanco 7
3 4 Clairiere 牝4 56.2 Joel Rosario ハナ Steven Asmussen 4
4 6 Nest 牝3 54.9 Irad Ortiz Jr 3 1/4 Todd Pletcher 1
5 3Secret Oath 牝3 54.9 Luis Saez 2 1/4 D Wayne Lukas 6
BCディスタフ、マラサートが3頭横一線の激闘制し昨年3着の雪辱 | JRA-VAN Ver.World
 米ダート女王決定戦のブリーダーズカップディスタフ(3歳以上、ダート9ハロン)がキーンランド競馬場で現地5日に行われ、後方から直線で大外に持ち出された2番人気のマラサートが、ゴールで3頭が並ぶ激戦をハ

2022年の第39回ブリーダーズカップ・ディスタフ。8頭立てのキーンランド・ダート9ハロンの一戦は、ラスト好勝負になりました。内からオグデンフィップスS(米GI)、コティリオンS(米GI)の勝ち馬Clairiere(2018.3.17)、真ん中に伯国産で前走クレメントL.ハーシュS(米GI)で米GI初制覇を遂げていたBlue Stripe(2017.10.27)、そして外からケンタッキーオークス(米GI)、アシュランドS(米GI)、アラバマS(米GI)、パーソナルエンスンS(米GI)、スピンスターS(米GI)と米GI5勝の実績最上位だったMalathaat。

Malathaat(2018.3.7)-第147回ケンタッキーオークス(米GI)の勝ち馬-
Malathaat(マラサート) 牝 鹿毛 2018.3.7生 米国・Stonestreet Thoroughbred Holdings LLC 生産 馬主・Shadwell Stable 米国・Todd A. Pletcher厩舎

まま、3頭共に昨年2021年の第38回ではマルシュロレーヌ(2016.2.4)の強烈な一撃を食らってしまった馬たちなのですが、1年経って、齢と強さ重ねて「若い子たちには負けません」とばかりに、1番人気に推されたCCAオークス(米GI)、アシュランドS、アラバマS(米GI)勝ち馬にしてベルモントS(米GI)でMo Donegal(2019.4.19)の2着だったNest(2019.4.8)、今年のケンタッキーオークス馬Secret Oath(2019.3.20)等を尻目に「ハナ」「ハナ」の激戦を展開。ゴール地点、先行していた真ん中のBlue Stripeが僅かに先んじたかのように私の目には見えたのですが、結果はBaaeed(2018.4.8)と同じシャドウェルの青と白の染め分け帽と青と白の勝負服を乗せたMalathaatが差し切っていました。Malathaat、パーソナルエンスンS、スピンスターS、そしてブリーダーズカップ・ディスタフとGI3連勝での戴冠、サスガの勝負強さを見せてくれました。

Baaeed(2018.4.8)-第51回英インターナショナルS(GI)の勝ち馬-
Baaeed(バーイード) 牡 鹿毛 2018.4.8生 英国・Shadwell Estate Company Limited生産 馬主・Shadwell Estate Company Ltd 英国・William Haggas厩舎

Malathaatを管理されるトッド・プレッチャー調教師は2004年の第21回のAshado(2001.2.4)、2015年の第32回のStopchargingmaria(2011.3.26)に続いてブリーダーズカップ・ディスタフ3勝目。鞍上の「ザ・キャプテン」ジョン・ヴェラスケス騎手も前述のAshado、2017年の第34回のForever Unbridled(2012.4.24)に続いてブリーダーズカップ・ディスタフ3勝目。米国が誇る伯楽に名手、こちらも共にサスガです。

上段でForever Unbridledの名前を書いてみて「この辺境サイトも長く続いているな」と改めて思ったのですが、開始年に記したBeholder(2010.5.9)が制した2016年の第33回からすると、今回が7つ目のブリーダーズカップ・ディスタフの記事となります。2016年の第33回、6歳のBeholder、戦前まで11連勝中だった3歳のSong Bird(2013.4.30)との一騎打ちを「ハナ」差制したレースも好勝負でした。

2016年のBCの主役たち(其の壱)-Beholder(2010.5.9)-。
Beholder 牝 鹿毛 2010.5.9生 米国・Clarkland Farm生産 馬主・Spendthrift Farm LLC 米国・Richard E. Mandella厩舎 Be...
第34回ブリーダーズカップ・ディスタフ(米GI)の勝ち馬
Forever Unbridled 牝 鹿毛 2012.4.24生 米国・Charles Fipke生産 馬主・Charles E Fipke 米国・Dallas Stewart厩舎 Forever Unbridled(2...
第35回ブリーダーズカップ・ディスタフ(米GI)の勝ち馬-Monomoy Girl(2015.3.26)-
Monomoy Girl(モノモイガール) 牝 栗毛 2015.3.26生 米国・FPF LLC & Highfield Ranch生産 馬主・Dubb, M., Monomoy Stables, LLC, The Elkstone Group LLC and Bethlehem Stables LLC 米国・Brad H. Cox厩舎
第36回ブリーダーズカップ・ディスタフ(米GI)の勝ち馬-Blue Prize(2013.8.26)-
Blue Prize(ブループライズ) 牝 栗毛 2013.8.26生 亜国・Bioart S. A.生産 馬主・Merriebelle Stable LLC 米国・Ignacio Correas, IV厩舎
Monomoy Girl(2015.3.26)-第37回ブリーダーズカップ・ディスタフ(米GI)の勝ち馬-
Monomoy Girl(モノモイガール) 牝 栗毛 2015.3.26生 米国・FPF LLC & Highfield Ranch生産 馬主・Dubb, M., Monomoy Stables, LLC, The Elkstone Group, LLC (Stuart Grant) and Bethlehem Stables LLC 米国・Brad H. Cox厩舎
マルシュロレーヌ(2016.2.4)-第38回ブリーダーズカップ・ディスタフ(米GI)の勝ち馬-
マルシュロレーヌ(Marche Lorraine) 牝 鹿毛 2016.2.4生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)キャロットファーム 栗東・矢作 芳人厩舎

昨年の第38回のマルシュロレーヌも「ハナ」差勝ちでしたし、牝馬どうしの僅差の勝負もシビレますね(^^)

*

Malathaat、母Dreaming of JuliaはフリゼットS(米GI)の勝ち馬、祖母Dream RushはテストS(米GI)、プライオレスS(米GI)の勝ち馬と母仔3代米GI勝ち馬という良血だけに、世代を重ねる仕事でも大きな期待が掛かります。女という性の真に素敵なところは、青春の折には咲いては散る華になれて、時を重ねて次代を産み出す樹にもなれるところ。

Malathaat、デビュー以来14戦10勝、2着3回、3着1回と3着を外したことがない名華にして名家のお嬢様の、来年2023年は果たして。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

#Malathaat、同い年のBaaeedの初年度の花嫁としても、実績としてはこの上ない存在ではないでしょうか。ヒッサ妃殿下、いかがでしょうか(^^)

結果表示|架空血統表|トピックス|JBISサーチ(JBIS-Search)
日本軽種馬協会が運営する国内最大級の競馬情報サイトJBISサーチの、,架空血統表の架空血統表に関するページです。競馬に関する膨大なデータを手軽に検索・入手できます。