キラーアビリティ(2019.1.27)-第38回ホープフルS(GI)の勝ち馬-

Result

キラーアビリティ 牡 青鹿毛 2019.1.27生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)キャロットファーム 栗東・斉藤 崇史厩舎

キラーアビリティ(2019.1.27)の4代血統表

ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:0.00【16】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.510
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963.3.16
Highclere 1971.4.9
キラーグレイシス
栗毛 2009.4.17
仔受胎時活性値:0.25【9】
Congaree
栗毛 1998.4.20
種付け時活性値:0.50【10】
アラジ
栗毛 1989.3.4
Blushing Groom 1974.4.8
ダンスールファビュルー 1982.3.2
Mari’s Sheba
鹿毛 1992.3.7
Mari’s Book 1978.5.3
Sheba Little 1984.3.23
Heatherdoesntbluff
黒鹿毛 2003.3.25
仔受胎時活性値:1.25【5】
Old Trieste
栗毛 1995.3.2
種付け時活性値:1.75【7】
A.P. Indy 1989.3.31
Lovlier Linda 1980.5.17
Michigan Bluff
黒鹿毛 1994.3.9
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【8】
Skywalker
黒鹿毛 1982.3.4
種付け時活性値:0.75【11】
ミドルフォークラピッヅ
鹿毛 1988.3.22
仔受胎時活性値:1.25【5】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5×5>

キラーアビリティ(2019.1.27)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(サンデーサイレンス系)
Congaree
(Blushing Groom系)
Old Trieste
(Seattle Slew系)
Skywalker
(Intent系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Old Trieste
(El Relicario)
4.75 or 2.75 母が米GI馬
(No. 1-s)
5番仔
(不受胎後)

*

2021年の第38回ホープフルS(GI。中山芝2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 5キラーアビリティ 牡2 55 横山 武史 2:00.6 3-3-3-3 35.8 468
[-2]
斉藤 崇史 2
2 8ジャスティンパレス 牡2 55 C.デムーロ 2:00.8 1 1/2 5-5-5-5 35.7 450
[0]
杉山 晴紀 4
3 3ラーグルフ 牡2 55 丸田 恭介 2:01.0 1 1/4 7-5-5-3 36.0 496
[+14]
宗像 義忠 8
4 13フィデル 牡2 55 川田 将雅 2:01.1 3/4 12-12-12-11 35.4 476
[-2]
友道 康夫 7
5 9ボーンディスウェイ 牡2 55 石橋 脩 2:01.1 アタマ 2-2-2-2 36.5 494
[+4]
牧 光二 10

2021年の第38回ホープフルS。「素晴らしい能力、才能。母名、一族名より連想」という馬名意味を戴くキラーアビリティ、その名の通りの素晴らしい能力を未来への希望あふるる一戦で発揮しました。道中は終始先行3番手から進み、4角で鞍上が促しに掛かると中山芝の直線310mを鋭く駆けました。

キラーアビリティ、デビューとなった6月の阪神芝1800mを5着-テーオーコンドル(2019.2.28)とローマンネイチャー(2019.1.19)の一件があったレース-。

返す刀で挑んだ8月の小倉芝2000mの未勝利戦を1分59秒5の2歳レースレコードで7馬身差勝ち。10月の阪神芝1800mの萩S(L)でダノンスコーピオン(2019.2.22)と同タイムのハナ差2着。そうして挑んだ12月の中山芝2000mのホープフルSにおいて重賞初制覇とGI初制覇を飾ると共に、その勝ち時計2分0秒6は、レースの前身であるラジオたんぱ杯3歳S=ラジオたんぱ杯2歳S=ラジオNIKKEI杯2歳S時代を含めてもレースレコードタイムでした。

そしてまた、キラーアビリティの鞍上を務められた横山武史騎手。2021年はJRA・GI5勝を挙げる大躍進の1年となりました。

エフフォーリア(2018.3.10)-第81回皐月賞(GI)の勝ち馬-
エフフォーリア 牡 鹿毛 2018.3.10生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)キャロットファーム 美浦・鹿戸雄一厩舎
タイトルホルダー(2018.2.10)-第82回菊花賞(GI)の勝ち馬-
タイトルホルダー 牡 鹿毛 2018.2.10生 新ひだか町・岡田スタツド生産 馬主・山田 弘氏 美浦・栗田 徹厩舎
エフフォーリア(2018.3.10)-第164回天皇賞・秋(GI)の勝ち馬-
エフフォーリア 牡 鹿毛 2018.3.10生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)キャロットファーム 美浦・鹿戸 雄一厩舎
エフフォーリア(2018.3.10)-第66回有馬記念(GI)の勝ち馬-
エフフォーリア 牡 鹿毛 2018.3.10生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)キャロットファーム 美浦・鹿戸 雄一厩舎

キラーアビリティと同じ「緑、白二本輪、白袖赤一本輪」の勝負服であるエフフォーリア(2018.3.10)と共に制した有馬記念(GI)から中1日で遂げたGI5勝目。武史騎手がGI制覇した際には父である典弘騎手との親子制覇、天皇賞・秋(GI)に至っては祖父である富雄騎手との親子3代制覇を記しましたが、ホープフルSはGIに昇格してから5年目ということで、お祖父さん、お父さんが制していないGI級レースを初めて制したという結果となりました。

#横山典弘騎手はオープン特別だったホープフルSについてはエアチャリオット(1991.4.17)、エアガッツ(1994.4.7)、マイネヌーヴェル(2000.3.17)、ニシノアンサー(2003.4.29)と4勝。現行のホープフルSの前身であるラジオNIKKEI杯2歳Sについては第25回をロジユニヴァース(2006.3.11)で制されています。

キラーアビリティを管理される斉藤崇史調教師もホープフルS初制覇。厩舎の看板馬であるクロノジェネシス(2016.3.6)の引退直後に楽しみな馬が現れました。

キラーアビリティ、その素晴らしい能力を来年2022年、クラシックの舞台でも見せて欲しいと祈り願います。

*

今回はホープフルSの2着馬についても併せて記しておきます。

ジャスティンパレス 牡 青鹿毛 2019.4.12生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・三木 正浩氏 栗東・杉山 晴紀厩舎

ジャスティンパレス(2019.4.12)の4代血統表

ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:0.00【16】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.510
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963.3.16
Highclere 1971.4.9
パレスルーマー
鹿毛 2003.3.25
仔受胎時活性値:1.75【15】
Royal Anthem
鹿毛 1995.4.2
種付け時活性値:1.75【7】
Theatrical
黒鹿毛 1982.3.13
Nureyev 1977.5.2
ツリーオブノレッジ 1977.3.2
In Neon
鹿毛 1982.3.1
Ack Ack 1966.2.24
Shamara 1973
Whisperifyoudare
鹿毛 1997.2.9
仔受胎時活性値:1.25【5】
Red Ransom
鹿毛 1987.3.31
種付け時活性値:0.25【9】
▲Roberto 1969.3.16
アラビア2 1977.5.6
Stellar Affair
芦毛 1990.5.4
仔受胎時活性値:1.50【6】
Skywalker
黒鹿毛 1982.3.4
種付け時活性値:1.75【7】
Fawn and Hahn
芦毛 1986.2.18
仔受胎時活性値:0.75【3】

<5代血統表内のクロス:Hail to Reason4×5、Northern Dancer5×5>

ジャスティンパレス(2019.4.12)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(サンデーサイレンス系)
Royal Anthem
(Nureyev系)
Red Ransom
(Roberto系)
Skywalker
(Intent系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Royal Anthem
(Source Sucree)
5.25 半兄がベルモントS勝ち馬
(No. 2-s)
10番仔
(4連産目)

2021年のホープフルSは、1番人気馬が沈んでも、終わってみればノーザンファーム生産のディープインパクト産駒によるワンツーフィニッシュだった訳です。そうして1着、2着馬の4代血統表を開いてみれば、共に曾祖母父にSkywalkerが配されています。種牡馬Relaunch(1976.3.16)の初年度産駒であるSkywalkerは現役時代に北米8勝を挙げ、その主な勝ち鞍にブリーダーズカップ・クラシック(米GI)、サンタアニタダービー(米GI)を含む米グレードレース5勝の活躍馬。

そしてまた、近年のディープインパクト産駒で母方にRelaunchを持つ馬といえば、祖母父にTiznow(1997.3.12)コントレイル(2017.4.1)。異系種牡馬の重要性と共にノースヒルズ、ノーザンファームのサスガの慧眼を思わされます。

ジャスティンパレス、その馬名意味は「冠名+母名の一部」ということ。株式会社エービーシー・マートの創業者である三木正浩氏の持ち馬、京都2歳S(GIII)の勝ち馬ジャスティンロック(2019.3.24)に続いて楽しみなクラシック候補です。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

#ホープフルSでは沈んでしまったコマンドライン(2019.2.20)ですが、彼もノーザンファーム生産のディープインパクト産駒にして母父にTiz Wonderful(2004.3.7)、即ちTiznowの仔が配されています。またキラーアビリティ、ジャスティンパレス、コマンドラインと3頭いずれも青鹿毛です。

##「武史の年やった、今年は!!」と叫ぶテレビ観戦者。