Authentic(2017.5.5)-第37回ブリーダーズカップ・クラシック(米GI)の勝ち馬-

Result

Authentic(オーセンティック) 牡 鹿毛 2017.5.5生 米国・Peter E. Blum Thoroughbreds, LLC生産 馬主・Spendthrift Farm LLC, MyRaceHorse Stable, Madaket Stables LLC and Starlight Racing 米国・Bob Baffert厩舎

Authentic(2017.5.5)の4代血統表
Into Mischief
鹿毛 2005.3.28
種付け時活性値:0.75【11】
Harlan’s Holiday
鹿毛 1999.4.6
Harlan
黒鹿毛 1989.3.2
Storm Cat 1983.2.27
Country Romance 1976.3.2
Christmas in Aiken
鹿毛 1992.3.25
★Affirmed 1975.2.21
Dowager 1980.5.8
Leslie’s Lady
鹿毛 1996.3.10
Tricky Creek
鹿毛 1986.4.19
▲Clever Trick 1976.3.10
Battle Creek Girl 1977.3.10
Crystal Lady
鹿毛 1990.5.12
Stop the Music 1970.3.23
One Last Bird 1980.4.30
Flawless
黒鹿毛 2007.4.10
仔受胎時活性値:0.25【9】
Mr. Greeley
栗毛 1992.5.2
種付け時活性値:1.50【14】
Gone West
鹿毛 1984.3.10
Mr. Prospector 1970.1.28
Secrettame 1978.3.15
Long Legend
栗毛 1978.4.26
Reviewer 1966.4.30
Lianga 1971
Oyster Baby
黒鹿毛 2002.3.24
仔受胎時活性値:1.00【4】
Wild Again
黒鹿毛 1980.5.22
種付け時活性値:1.25【21】
Icecapade 1969.4.4
Bushel-n-Peck 1958.3.21
Really Fancy
鹿毛 1983.3.28
仔受胎時活性値:0.50【18】
In Reality
鹿毛 1964.3.1
種付け時活性値:0.50【18】
Native Fancy
鹿毛 1978.3.31
仔受胎時活性値:1.00【4】

<5代血統表内のクロス:Icecapade5×4>

Authentic(2017.5.5)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Into Mischief
(Storm Cat系)
Mr. Greeley
(Mr. Prospector系)
Wild Again
(Nearctic系)
In Reality
(Intent系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Mr. Greeley
(Gone West)
2.75 曾祖母が米GIII勝ち馬
(No. 3-n)
3番仔?

*

2020年の第37回ブリーダーズカップ・クラシック(米GI。キーンランド・ダート10F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 9 Authentic 牡3 55.3 John R Velazquez 1:59.19 Bob Baffert 3
2 8 Improbable 牡4 57.2 Irad Ortiz Jr 2 1/4 Bob Baffert 2
3 7 Global Campaign 牡4 57.2 Javier Castellano 1 Stanley M Hough 8
4 1 Tacitus 牡4 57.2 Jose L Ortiz 2 William Mott 7
5 10 Maximum Security 牡4 57.2 Luis Saez ハナ Bob Baffert 5

2020年の第37回ブリーダーズカップ・クラシック。「運命は勇者に微笑む」。2020年11月現在、竜王戦でタイトル通算100期に挑戦されている将棋の羽生善治九段の好きなお言葉です。競馬の神様も、やはり勇気を持って勝負に臨む馬人に微笑むものなのでしょうか。10頭立ての一戦、好発から先頭を走り続けたAuthenticとジョン・ヴェラスケス騎手。直線でも一向に衰えない脚色でひたむきにゴールに向かうと、後続を突き放してAuthentic。鹿毛の流星がキーンランド・ダート10Fを逃げ切って打ち立てた1分59秒19はトラックレコード。37回を数えるブリーダーズカップ・クラシックでも第21回のGhostzapper(2000.4.6)の1分59秒02、第14回のSkip Away(1993.4.4)の1分59秒16に次ぐ史上3位の好時計でした。

SS以降のエクリプス賞年度代表馬を辿る(其の拾伍)-Ghostzapper(2000.4.6)-
Ghostzapper(ゴーストザッパー) 牡 鹿毛 2000.4.6生 米国・Adena Springs Farms生産 馬主・Frank Stronach & Ghostzapper Syndicate 米国・Robert J. Frankel厩舎
SS以降のエクリプス賞年度代表馬を辿る(其の玖)-Skip Away(1993.4.4)-
Skip Away(スキップアウェイ) 牡 芦毛 1993.4.4生~2010.5.14没 米国・Anna Maria Barnhart生産 馬主・Carolyn Hine 米国・Hubert "Sonny" Hine厩舎

Authenticはケンタッキーダービー(米GI)とブリーダーズカップ・クラシックを同一年に制した4頭目の馬となりました。先馬を述べますと、1989年のサンデーサイレンス(1986.3.25)、1990年のUnbridled(1987.3.5)、そして2015年のAmerican Pharoah(2012.2.2)です。

SS以降のエクリプス賞年度代表馬を辿る(其の壱)-サンデーサイレンス(1986.3.25)-
サンデーサイレンス(Sunday Silence) 牡 青鹿毛 1986.3.25生~2002.8.19没 米国・Oak Cliff Thoroughbreds, Ltd. 生産 馬主・Gaillard-Hancock III-Whittingham 米国・Charles E. Whittingham厩舎

鞍上のヴェラスケス騎手は、意外なことにブリーダーズカップ・クラシック初制覇となりました。通算6000勝以上を挙げられている名手、同じ轍を踏むことがないところがサスガ。前走プリークネスS(米GI)では道中で先頭を譲ってSwiss Skydiver(2017.3.10)の後塵を拝しただけに、前々走第146回ケンタッキーダービーの勝利の際と同様に今回は終始先頭を譲りませんでした。

Authentic(2017.5.5)-第146回ケンタッキーダービー(米GI)の勝ち馬-
Authentic(オーセンティック) 牡 鹿毛 2017.5.5生 米国・Peter E. Blum Thoroughbreds, LLC生産 馬主・Spendthrift Farm LLC, MyRaceHorse Stable, Madaket Stables LLC and Starlight Racing Owner Link 米国・Bob Baffert厩舎

そしてまた、Authenticを管理されるボブ・バファート調教師は、第31回のBayern(2011.5.3)、第32回のAmerican Pharoah、第33回のArrogate(2013.4.11)による3連覇に続いて、調教師としてブリーダーズカップ・クラシック最多となる4勝目。

2016年のBCの主役たち(其の肆)-Arrogate(2013.4.11)-。
Arrogate 牡 芦毛 2013.4.11生 米国・Clearsky Farms生産 馬主・Juddmonte Farms, Inc 米国・Bob Baffert厩舎 Arrogate(...

そんなバファート師、今回はAuthentic、Improbable(2016.211)、Maximum Security(2016.5.14)と3頭出しの布陣で挑みワンツーフィニッシュ。優しい微笑みを見せられる師ですが、勝負に行っての厳しさは「当代随一」と思わされる米国屈指の名伯楽です。

  

Authentic、レースの走りは先手必勝ですけれど、2020年のエクリプス賞年度代表馬の争いにおいてはマクリ気味に大レースの勝利を重ねました。米国を代表する大一番2レースを制したAuthentic、人間社会の米国大統領戦で見られた混迷を尻目に、文句なしに「本物の」年度代表馬に選出されるでしょうか。その行方や如何に。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

#余談。今回1番人気6着だったTiz the Law(2017.3.19)。前走ケンタッキーダービーの最後の直線において、いったん交わしたはずのAuthenticに差し返されて最後には離されてしまったのが、その心理に悪影響を与えてしまっていたのかも知れません。0の理論的な見解ですが、Authenticに対してコンプレックスを持ってしまったのではないかと心配しています。