Romantic Warrior(2018.3.18)-第36回香港カップ(GI)の勝ち馬-

Result

Romantic Warrior(浪漫勇士/ロマンチックウォリアー) せん 鹿毛 2018.3.18生 愛国・Corduff Stud & T. J. Rooney生産 馬主・Peter Lau Pak Fai 香港・C S Shum厩舎

Romantic Warrior(2018.3.18)の4代血統表
Acclamation
鹿毛 1999.4.26
種付け時活性値:0.50【18】
Royal Applause
鹿毛 1993.2.24
ワージブ
鹿毛 1983.5.20
トライマイベスト 1975.4.28
Coryana 1976.4.8
Flying Melody
鹿毛 1979.5.17
Auction Ring 1972
Whispering Star 1963
Princess Athena
鹿毛 1985.3.30
▲Ahonoora
栗毛 1975.4.12
Lorenzaccio 1965.2.23
Helen Nichols 1966
Shopping Wise
鹿毛 1965
フロリバンダ 1958
Sea Melody 1957
Folk Melody
鹿毛 2011.4.28
仔受胎時活性値:1.50【6】
Street Cry
黒鹿毛 1998.3.11
種付け時活性値:1.00【12】
Machiavellian
黒鹿毛 1987.1.31
★Mr. Prospector 1970.1.28
Coup de Folie 1982.4.2
Helen Street
鹿毛 1982.4.4
Troy 1976.3.25
Waterway 1976.4.21
Folk Opera
栗毛 2004.2.22
仔受胎時活性値:1.50【6】
Singspiel
鹿毛 1992.2.25
種付け時活性値:0.75【11】
In the Wings 1986.1.17
Glorious Song 1976.4.22
Skiphall
栗毛 1998.3.22
仔受胎時活性値:1.25【5】
Halling
栗毛 1991.3.14
種付け時活性値:1.50【6】
Minskip
栗毛 1988.5.6
仔受胎時活性値:0.25【9】

<5代血統表内のクロス:Halo5×5>

Romantic Warrior(2018.3.18)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Acclamation
(トライマイベスト系)
Street Cry
(Mr. Prospector系)
Singspiel
(Sadler’s Wells系)
Halling
(エタン系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Halling 4.50 祖母が加GI馬
(No. 10-a)
3番仔?
(3連産目?)

*

2022年の第36回香港カップ(GI。シャティン芝2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 2 Romantic Warrior せん4 57.2 James McDonald 1:59.70 C S Shum 1
2 6ダノンザキッド 牡4 57.2 北村 友一 4 1/2 安田 隆行 5
3 9 Money Catcher せん5 57.2 Silvestre De Sousa 3/4 F C Lor 9
4 7 Tourbillon Diamond せん6 57.2 Hugh Bowman 1 C S Shum 8
5 5 Russian Emperor せん5 57.2 Blake Shinn ハナ Douglas Whyte 7
【香港カップ】香港ダービー馬ロマンチックウォリアー、2着のダノンザキッドら圧倒して日本勢からタイトル奪還 | JRA-VAN Ver.World
 現地11日にシャティン競馬場で行われたG1香港カップ(3歳以上、芝2000m)は、中団を追走した地元のダービー馬ロマンチックウォリアー(1番人気)が、日本のダノンザキッド(6番人気)に4馬身1/2差

2022年の第36回香港カップ。終わってみれば地元香港の雄「浪漫勇士」Romantic Warriorの一人舞台。本邦から挑んだパンサラッサ(2017.3.1)レイパパレ(2017.1.28)ダノンザキッド(2018.1.29)ジャックドール(2018.4.8)ジオグリフ(2019.2.25)の5頭ではダノンザキッドの2着が最高着順。

Romantic Warrior、ジェームズ・マクドナルド騎手と共に好発から先頭を奪う勢いでしたが、パンサラッサ等を前に生かせると道中は5番手あたりをキープ。シャティン芝の最後の直線430mに向いたところでは、白と浅葱色を基調にした帽子と勝負服を乗せた鹿毛馬が外の良い位置から颯爽と抜け出しに掛かりました。ラスト200mを切ってマクドナルド騎手の左ムチが振るわれると、Romantic Warrior1頭だけ脚色の違いが歴然。道中は9番手あたりの後方待機だったダノンザキッドが進路を追うようにして伸びましたが、最後は流す余裕すら見せて、Romantic Warrior。その着差4と2分の1馬身差では、Romantic Warriorにシャッポを脱がざるを得ませんでした。クソ強かった\(^o^)/

Romantic Warriorの父系にチラッとだけ触れておきますと、トライマイベスト系のAcclamationが父であり、Acclamationを直系に持つ馬では

Cachet(2019.3.21)-第209回英1000ギニー(GI)の勝ち馬-
Cachet(カシェイ) 牝 鹿毛 2019.3.21生 愛国・Hyde Park Stud生産 馬主・Highclere T'Bred Racing - Wild Flower 英国・George Boughey厩舎
Pyledriver(2017.3.14)-第72回"キング・ジョージ"(英GI)の勝ち馬-
Pyledriver(パイルドライヴァー) 牡 鹿毛 2017.3.14生 英国・Knox & Wells Limited & R. Devlin生産 馬主・La Pyle Partnership 英国・William Muir & Chris Grassick厩舎

英1000ギニー(GI)馬Cachet(2019.3.21)、”キング・ジョージ”(英GI)の勝ち馬Pyledriver(2017.3.14)の2頭を今年2022年に紹介しています。トライマイベスト~ワージブという父仔2代の輸入種牡馬の系統が欧州で生き残ってくれて、2022年の今、子孫の活躍を書くことができるというのは、競馬者としての幸せの1つのようにも感じています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

​香港3強、来年1月のG1スチュワーズカップで揃い踏みか | JRA-VAN Ver.World
 カリフォルニアスパングル、ロマンチックウォリアー、ゴールデンシックスティの香港3強が、来年1月のG1スチュワーズカップ(芝1600m)で初の揃い踏みとなる可能性が現地メディアの『サウスチャイナモーニ
California Spangle(2018.4.5)-第32回香港マイル(GI)の勝ち馬-
California Spangle(加州星球/カリフォルニアスパングル) せん 鹿毛 2018.4.5生 愛国・Mr M. Enright生産 馬主・Howard Liang Yum Shing 香港・A S Cruz厩舎
Golden Sixty(2015.10.14)-第31回香港マイル(GI)の勝ち馬-
Golden Sixty(金鎗六十/ゴールデンシックスティ) せん 青鹿毛 2015.10.14生 豪州・Asco International Pty Ltd生産 馬主・Stanley Chan Ka Leung 香港・K W Lui厩舎