第32回かしわ記念(JpnI)の勝ち馬-ワイドファラオ(2016.4.3)-

Result

ワイドファラオ 牡 栗毛 2016.4.3生 新ひだか・フジワラフアーム生産 馬主・幅田昌伸氏 栗東・角居勝彦厩舎

ワイドファラオ(2016.4.3)の4代血統表
ヘニーヒューズ
栗毛 2003.4.5
種付け時活性値:1.00
ヘネシー
栗毛 1993.3.25
▲Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
Island Kitty
栗毛 1976.2.23
Hawaii 1964
T. C. Kitten 1969.3.30
Meadow Flyer
鹿毛 1989.1.22
Meadowlake
栗毛 1983.3.12
Hold Your Peace 1969.1.24
Suspicious Native 1972.4.1
Shortley
黒鹿毛 1980.3.11
Hagley 1967.4.13
Short Winded 1965.4.20
ワイドサファイア
鹿毛 2006.4.9
仔受胎時活性値:0.25
アグネスタキオン
栗毛 1998.4.13
種付け時活性値:1.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
アグネスフローラ
鹿毛 1987.6.18
ロイヤルスキー 1974.5.24
アグネスレデイー 1976.3.25
クイーンソネット
鹿毛 1992.4.29
仔受胎時活性値:1.25
ノーザンテースト
栗毛 1971.3.15
種付け時活性値:1.00
Northern Dancer 1961.5.27
Lady Victoria 1962.2.20
エイプリルソネット
黒鹿毛 1981.4.10
仔受胎時活性値:0.50
Dike
栗毛 1966.4.29
種付け時活性値:1.50
Pass Me
鹿毛 1977.6.18
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5>

ワイドファラオ(2016.4.3)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ヘニーヒューズ
(Storm Cat系)
アグネスタキオン
(Halo系)
ノーザンテースト
(Northern Dancer系)
Dike
(Herbager系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
アグネスタキオン
(アグネスフローラ)
2.75 母がJpnII2着馬
(No. 12)
5番仔
(5連産目)

*

2020年の第32回かしわ記念(JpnI。船橋ダート1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 1ワイドファラオ 牡4 57 福永祐一 1:38.6  1-1-1-1 36.3 506
[+6]
角居勝彦 6
2 4ケイティブレイブ 牡7 57 長岡禎仁 1:39.0 2 5-5-4-4 36.0 521
[-3]
杉山晴紀 5
3 6サンライズノヴァ 牡6 57 武豊 1:39.3 1.1/2 6-6-6-5 36.2 529
[-5]
音無秀孝 3
4 3アルクトス 牡5 57 田辺裕信 1:39.4 1/2 3-3-3-3 36.7 558
[+10]
栗田徹 4
5 7ルヴァンスレーヴ 牡5 57 M.デムーロ 1:40.2 4 2-2-2-2 37.7 499
[+9]
萩原清 2

他のメンバーを見渡して「絶対に逃げる」という馬人が居ないと見るや、「先手必勝」というところを見せたワイドファラオと福永祐一騎手。ケイティブレイブ(2013.5.11)サンライズノヴァ(2014.4.9)ルヴァンスレーヴ(2015.1.26)モズアスコット(2014.3.31)と戦前までにジーワン勝ちを収めていた馬たちを抑えて、見事にジーワン初勝利を遂げました。

ワイドファラオはその父ヘニーヒューズが日本供用2年目の産駒で、日本供用後の産駒としては初めてのジーワン勝ち馬となりました。ヘニーヒューズ産駒のジーワン勝ち馬を確認しておきますと、

  1. Beholder(2010.5.9)
    →ブリーダーズカップ・ディスタフ(米GI)2回、ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズ(米GI)、パシフィッククラシック(米GI)、ゼニヤッタS(米GI)3回、サンタアニタオークス(米GI)、ラスヴィルヘネスS(米GI)、ヴァニティマイルS(米GI)、クレメントLハーシュS(米GI)ほか
  2. アジアエクスプレス(2011.2.9)
    →朝日杯フューチュリティS(GI)、レパードS(GIII)ほか
  3. モーニン(2012.4.14)
    フェブラリーS(GI)、根岸S(GIII)、コリアスプリントほか
  4. Academic(2012.4.30)
    →ウッドバインオークス、カナディアンダービー(加GIII)、ブリティッシュコロンビアダービー(加GIII)ほか
  5. ワイドファラオ(2016.4.3)
    →かしわ記念(JpnI)、ニュージーランドT(GII)、ユニコーンS(GIII)ほか。本稿の主役

代表産駒筆頭のBeholderの訳の分からないGI勝ち数(=11勝)に目を奪われますが、日本で走った産駒では馬場幸夫オーナーの所有馬だったアジアエクスプレス、モーニンに続いて、ワイドファラオが3頭目のジーワン勝ち馬となりました。ヘニーヒューズの仔は、アジアエクスプレスとワイドファラオに見られるように「芝ダート兼用の走り」が出来るところが大きな魅力であり、2020年は優駿スタリオンステーション繋養種牡馬では最高額となる種付料400万円で供用されています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。