アカイトリノムスメ(2018.4.16)-第26回秋華賞(GI)の勝ち馬-

Result

アカイトリノムスメ 牝 黒鹿毛 2018.4.16生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・金子真人ホールディングス(株) 美浦・国枝 栄厩舎

アカイトリノムスメ(2018.4.16)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:1.75【15】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971.4.9
アパパネ
鹿毛 2007.4.20
仔受胎時活性値:0.50【10】
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
種付け時活性値:1.25【5】
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
ソルティビッド
栗毛 2000.1.29
仔受胎時活性値:1.50【6】
Salt Lake
鹿毛 1989.3.12
種付け時活性値:0.50【10】
Deputy Minister 1979.5.17
Take Lady Anne 1979.4.16
Piper Piper
栗毛 1987.5.15
仔受胎時活性値:1.00【12】
Spectacular Bid
芦毛 1976.2.17
種付け時活性値:0.50【10】
Alvarada
栗毛 1973.4.11
仔受胎時活性値:1.25【13】

<5代血統表内のクロス:なし>

アカイトリノムスメ(2018.4.16)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(サンデーサイレンス系)
キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
Salt Lake
(Deputy Minister系)
Spectacular Bid
(Bold Ruler系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ディープインパクト
(サンデーサイレンス)
4.25母が三冠牝馬
(No. 9-f)
5番仔
(5連産目)

*

2021年の第26回秋華賞(GI。阪神芝2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 12アカイトリノムスメ 牝3 55 戸崎 圭太 2:01.2  6-5-5-4 35.9 448
[-2]
国枝 栄 4
2 14ファインルージュ 牝3 55 C.ルメール 2:01.3 1/2 11-11-10-10 35.5 494
[-2]
岩戸 孝樹 2
3 9アンドヴァラナウト 牝3 55 福永 祐一 2:01.4 1/2 4-5-5-6 36.1 432
[-4]
池添 学 3
4 5エイシンヒテン 牝3 55 松若 風馬 2:01.6 1 1/2 1-1-1-1 36.9 452
[0]
渡辺 薫彦 10
5 6スライリー 牝3 55 石川 裕紀人 2:01.7 クビ 9-10-10-11 35.9 432
[+4]
相沢 郁 15

2021年の第26回秋華賞。秋華賞史上初の母仔制覇、成る。日付を見れば、母が制したのは2010年10月17日、仔が制したのは2021年10月17日。11年の星霜を経て、赤い鳥の物語がつながりました。

アパパネ(2007.4.20)-牝馬三冠馬を辿る(No.3)-
アパパネ 牝 鹿毛 2007.4.20生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・金子真人ホールディングス(株) 美浦・国枝栄厩舎

母アパパネも担当された福田好訓助手曰く顔はきょうだいのなかで一番そっくりで人懐っこいという、アカイトリノムスメ。春は桜花賞(GI)4着、優駿牝馬(GI)2着とすんでのところで逃した母仔制覇。

ソダシ(2018.3.8)-第81回桜花賞(GI)の勝ち馬。史上初の白毛馬のクラシック制覇、成る-
ソダシ 牝 白毛 2018.3.8生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・金子真人ホールディングス(株) 栗東・須貝尚介厩舎
ユーバーレーベン(2018.1.27)-第82回優駿牝馬(GI)の勝ち馬-
ユーバーレーベン 牝 青鹿毛 2018.1.27生 新冠・ビッグレッドファーム生産 馬主・(株)サラブレッドクラブ・ラフィアン 美浦・手塚貴久厩舎

ひと夏を越えて優駿牝馬から直行で掴んだ最後の一冠。父母合わせてジーワン12勝の超良血馬、アカイトリノムスメ。伸びしろはまだまだありそうですので「父に続け、母に続け」とばかりに、さらなるタイトル奪取を楽しみにしたいと思います。「優駿牝馬から直行」と記しましたが、アーモンドアイ(2015.3.10)クロノジェネシス(2016.3.6)デアリングタクト(2017.4.15)、そしてアカイトリノムスメと、4年連続で優駿牝馬からの直行馬が秋華賞を制したことになりました。ひと叩きせずとも、GIをぶっつけで勝てる時代になったものです。

いやぁ、純白の桜の女王が沈んでも、結局は「黒、青袖、黄鋸歯形」の勝負服ですよ。泣く子とノーザンファームと金子真人オーナーの持ち馬には敵いませんm(_ _)m

そんな純白の桜の女王ソダシ(2018.3.8)、待機所の輪乗りからスタート地点に向かうとなった時、吉田隼人騎手に促されても動かずにいた姿がありました。

女心と秋の空は難しいもの。今日はつよかわアイドルのお気に召さない「何か」があったのでしょうか。また次走、改めて期待しています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*