Galileo Chrome(2017.4.28)-第244回英セントレジャーS(GI)の勝ち馬-

Result

Galileo Chrome(ガリレオクローム) 牡 鹿毛 2017.4.28生 愛国・Mr Mohamed Ali Meddeb生産 馬主・Galileo Chrome Partnership 愛国・Joseph Patrick O’Brien 厩舎

Galileo Chrome(2017.4.28)の4代血統表
Australia
栗毛 2011.4.8
種付け時活性値:1.25【5】
Galileo
鹿毛 1998.3.30
★Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961
Fairy Bridge 1975.5.4
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki 1978.2.22
Allegretta 1978.3.10
Ouija Board
黒鹿毛 2001.3.6
Cape Cross
黒鹿毛 1994.3.13
Green Desert 1983.4.16
Park Appeal 1982
Selection Board
鹿毛 1982.4.21
Welsh Pageant 1966.4.3
Ouija 1971
Curious Mind
鹿毛 2010.2.17
仔受胎時活性値:1.50【6】
Dansili
黒鹿毛 1996.1.27
種付け時活性値:1.25【13】
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Hasili
鹿毛 1991.3.12
Kahyasi 1985.4.2
Kerali 1984.3.4
Intrigued
芦毛 2002.2.2
仔受胎時活性値:1.75【7】
Darshaan
黒鹿毛 1981.4.18
種付け時活性値:1.00【20】
Shirley Heights 1975.3.1
Delsy 1972.3.20
Last Second
芦毛 1993.3.1
仔受胎時活性値:2.00【8】
Alzao
鹿毛 1980.2.28
種付け時活性値:1.00【12】
Alruccaba
芦毛 1983.3.6
仔受胎時活性値:0.25【9】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5、Danzig5×4>

Galileo Chrome(2017.4.28)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Australia
(Sadler’s Wells系)
Dansili
(デインヒル系)
Darshaan
(Mill Reef系)
Alzao
(Lyphard系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Australia 5.50 曾祖母が英愛Gレース3勝馬
(No. 9-c)
2番仔?
(2連産目?)

*

2020年の第244回英セントレジャーS(GI。ドンカスター芝14F115y)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 4 Galileo Chrome 牡3 57.6 Tom Marquand 3:01.94 Joseph Patrick O’Brien 3
2 1 Berkshire Rocco 牡3 57.6 Andrea Atzeni クビ Andrew Balding 5
3 8 Pyledriver 牡3 57.6 Martin Dwyer 1 William Muir 4
4 9Santiago 牡3 57.6 Frankie Dettori 短アタマ A P O’Brien 1
5 5 Hukum 牡3 57.6 Jim Crowley 2 3/4 Owen Burrows 2
ガリレオクロームが4連勝、G1英セントレジャーで激闘制す | JRA-VAN Ver.World
 英クラシック最終戦のG1英セントレジャー(3歳、芝14ハロン115ヤード)が現地12日にドンカスター競馬場で行われ、中団を追走した3番人気のガリレオクロームが直線で5頭一線の激闘を制した。  中団

世界最古のクラシック競走である英セントレジャーS。2020年の第244回は最後の直線で激戦が繰り広げられました。詳しくは↑の動画をご確認いただければと思います。そんな好勝負の決勝点「クビ」だけ抜け出したのはGalileo Chromeとトム・マーカンド騎手。英国の若手有望株のひとりであるマーカンド騎手、この英セントレジャーSはテン乗りでの勝利であり、手腕の確かさを見せられました。今年2020年はAddeybb(2014.2.9)により豪州でGI初勝利を遂げられ、そして母国でクラシック競走制覇。マーカンド騎手にとって嬉しい年となりました。

第67回クイーンエリザベスS(豪GI)の勝ち馬-Addeybb(2014.2.9)-
Addeybb(アデイブ) せん 栗毛 2014.2.9生 愛国・Rabbah Bloodstock Limited生産 馬主・Sheikh Ahmed Al Maktoum 英国・William Haggas厩舎

下世話な話で恐縮ですが、英語版Wikipediaのマーカンド騎手の記事によりますと、マーカンド騎手は英国女性騎手のトップと目されるホリー・ドイル騎手の「パートナー」だそうで。

良い写真。アカウントを見ればドイル騎手のお母様であるキャロラインさんが撮影されたようです。マーカンド騎手、ドイル騎手と共に一層の飛躍を期待したいものです。

*

Galileo Chromeの父Australiaにとっては、セカンドクロップである2017年生まれ世代から送り込んだGalileo Chromeが、初めてのGI勝ち馬となりました。「父Galileo×母Ouija Board」という「英愛ダービー馬×英愛オークス馬」の父母を持つ超良血馬Australia、Galileo Chromeを管理されるジョセフ・パトリック・オブエライエン調教師が、騎手時代に全8戦の手綱を取られていたことでも知られています。

オブライエン師にとっても、自身に英愛ダービーを贈ってくれたAustraliaの仔で英セントレジャーSを制することが出来たのですから、喜びも一入だったのではないでしょうか。

*

Galileo Chrome。騎手や父の紹介が先になってしまいましたが、サスガにクラシックを勝つ馬だけあって、2020年は4戦全勝。2019年のレパーズタウン・芝8ハロンのメイドンこそ5着に敗れたものの、2020年は距離10ハロン以上のレースで負けなし。そうして、英セントレジャーSが初めてのグループレース勝利となりました。前走ナヴァン・芝13ハロンのイェーツS(L)5馬身差勝ちからやって来たGalileo Chrome、別路線からの挑戦者の気概は、洋の東西を問わず、まま見られるものですね。

Galileo Chrome。年長のステイヤーにジョン・ゴスデン厩舎の強い馬たち、Stradivarius(2014.2.28)Logician(2016.3.29)がいますけれど、負けじと頑張って欲しいもの。新たな長距離王候補の未来に幸多からんことを。

  

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。