レモンポップ(2018.2.15)-第24回チャンピオンズカップ(GI)の勝ち馬+α-

Pedigree

レモンポップ 牡 栗毛 2018.2.15生 米・Mr. & Mrs. Oliver S. Tait氏生産 馬主・ゴドルフィン 美浦・田中 博康厩舎

レモンポップ(2018.2.15)の4代血統表
Lemon Drop Kid
鹿毛 1996.5.26
種付け時活性値:1.25【21】
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Miesque
鹿毛 1984.3.14
Nureyev 1977.5.2
Pasadoble 1979.4.1
Charming Lassie
黒鹿毛 1987.3.6
Seattle Slew
黒鹿毛 1974.2.15
Bold Reasoning 1968.4.29
My Charmer 1969.3.25
Lassie Dear
鹿毛 1974.5.2
Buckpasser 1963.4.28
Gay Missile 1967.3.27
Unreachable
栗毛 2009.2.4
仔受胎時活性値:2.00【8】
Giant’s Causeway
栗毛 1997.2.14
種付け時活性値:0.75【11】
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
Mariah’s Storm
鹿毛 1991.4.1
Rahy 1985.2.18
イメンス 1979.3.17
Harpia
鹿毛 1994.2.10
仔受胎時活性値:1.50【14】
Danzig
鹿毛 1977.2.12
種付け時活性値:0.00【16】
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Razyana
鹿毛 1981.4.18
仔受胎時活性値:1.00【12】
His Majesty
鹿毛 1968.4.15
種付け時活性値:1.00【12】
Spring Adieu
鹿毛 1974.5.10
仔受胎時活性値:1.50【6】

<5代血統表内のクロス:Buckpasser4×5、Northern Dancer4×5×5、Natalma5×5(母方)>

レモンポップ(2018.2.15)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Lemon Drop Kid
(Mr. Prospector系)
Giant’s Causeway
(Storm Cat系)
Danzig
(Northern Dancer系)
His Majesty
(Ribot系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Lemon Drop Kid 6.00
(【8】+【14】+【12】+【6】)
大伯父デインヒル
(No. 2-d)
4番仔?
(前年産駒なし後?)

*

2023年の第24回チャンピオンズカップ(GI。中京ダート1800m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 15 レモンポップ 牡5 58 坂井 瑠星 1:50.6 1-1-1-1 37.3 514
[-3]
田中 博康 1
2 7 ウィルソンテソーロ 牡4 58 原 優介 1:50.8 1 1/4 13-13-13-13 36.6 482
[-4]
小手川 準 12
3 5 ドゥラエレーデ 牡3 57 B.ムルザバエフ 1:50.9 クビ 2-2-2-2 37.5 510
[-14]
池添 学 9
4 4 テーオーケインズ 牡6 58 松山 弘平 1:50.9 クビ 4-3-4-3 37.3 504
[+8]
高柳 大輔 4
5 2 メイショウハリオ 牡6 58 浜中 俊 1:51.3 2 1/2 10-10-10-10 37.3 508
[+5]
岡田 稲男 6
2023年の第24回チャンピオンズカップ(GI。中京ダート1800m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.5 – 11.0 – 12.9 – 12.4 – 12.1 – 12.4 – 12.6 – 12.1 – 12.6
ラップの
累計タイム
12.5 – 23.5 – 36.4 – 48.8 – 1:00.9 – 1:13.3 – 1:25.9 – 1:38.0 – 1:50.6
上り 4F 49.7 – 3F 37.3

中京ダート1800m、晴の良馬場、15頭立て。

レモンポップ、初距離となった1800m、大外15番枠ものかは。競馬の神様は「透徹した意志」を持った馬人に微笑みかけるのでしょう。出脚良く発馬したレモンポップと坂井瑠星騎手、内に切れ込みながら最初の1ハロンでハナに立つと、最後の最後まで先頭を譲ることはありませんでした。

そうして果たされたのはウイングアロー(1995.3.25)、トランセンド(2006.3.9)、ゴールドドリーム(2013.2.19)に続く史上4頭目となる「同一年のJRAダートGIダブル制覇」。いずれ違わぬ砂の猛者しか成し得ない偉業。先達に続いたレモンポップ、やはり前走マイルチャンピオンシップ南部杯(JpnI)における、イグナイター(2018.4.13)以下に2秒差を着けての大圧勝は伊達ではありませんでした。

ウイングアロー(1995.3.25)-20世紀のJRA賞最優秀ダートホースを辿る(No.8)-
ウイングアロー 牡 鹿毛 1995.3.25生~2019.11.21没 静内町・フジワラフアーム生産 馬主・池田 實氏 栗東・工藤 嘉見厩舎→南井 克巳厩舎
トランセンド(2006.3.9)-【2010年】のJRA・GI勝ち馬を辿る(No.19)-
トランセンド 牡 鹿毛 2006.3.9生 新冠町・ノースヒルズマネジメント生産 馬主・前田 幸治氏 栗東・安田 隆行厩舎
第18回チャンピオンズカップ(GI)の勝ち馬
ゴールドドリーム 牡 鹿毛 2013.4.19生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・吉田勝己氏 栗東・平田修厩舎 ゴールドドリーム(2013.4.19)の4代血統表 ゴールドアリュール 栗毛 1999.3.3 種付け時活性値:1.25 サン...
レモンポップ(2018.2.15)-第36回マイルチャンピオンシップ南部杯(JpnI)の勝ち馬+α-
レモンポップ(2018.2.15)-第36回マイルチャンピオンシップ南部杯(JpnI)の勝ち馬+α-

レモンポップは今回のチャンピオンズカップを含めて14戦10勝、2着3回、着外1回。5歳冬ですが大事に使われて来ましたので、また来年もその走りを見ることが出来るのでしょう。オーナーがオーナーだけに、狙うは今年のドバイのリベンジ、海外遠征となりますでしょうか。レモンポップ、さらなる高みを目指してくれることを期待しています。

*

という訳でレモンポップも記事にすること4回目となりましたので、今回はチャンピオンズカップで12番人気ながら2着に強襲したウィルソンテソーロの4代血統表も併せてお届けしておきます。

ウィルソンテソーロ 牡 鹿毛 2019.2.25生 日高町・リョーケンファーム(株)生産 馬主・了德寺健二ホールディングス(株) 美浦・小手川 準厩舎

ウィルソンテソーロ(2019.2.25)の4代血統表
キタサンブラック
鹿毛 2012.3.10
種付け時活性値:1.50【6】
ブラックタイド
黒鹿毛 2001.3.29
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao 1980.2.28
Burghclere 1977.4.26
シュガーハート
鹿毛 2005.3.6
サクラバクシンオー
鹿毛 1989.4.14
サクラユタカオー
1982.4.29
サクラハゴロモ 1984.4.13
オトメゴコロ
栗毛 1990.4.18
ジヤツジアンジエルーチ 1983.2.22
テイズリー 1981.4.27
チェストケローズ
鹿毛 2013.4.17
仔受胎時活性値:1.25【5】
Uncle Mo
鹿毛 2008.3.10
種付け時活性値:1.00【4】
Indian Charlie
鹿毛 1995.3.27
In Excess 1987.4.8
Soviet Sojourn 1989.4.4
Playa Maya
黒鹿毛 2000.4.16
Arch 1995.1.31
Dixie Slippers 1995.2.5
Deputy’s Delight
芦毛 1997.2.23
仔受胎時活性値:1.75【15】
フレンチデピュティ
栗毛 1992.1.30
種付け時活性値:1.00【4】
Deputy Minister 1979.5.17
Mitterand 1981.2.19
Bishop’s Delight
芦毛 1983.5.30
仔受胎時活性値:1.25【13】
Sawbones
芦毛 1973.4.13
種付け時活性値:0.25【9】
Med Coed
栗毛 1970.5.8
仔受胎時活性値:1.00【12】

<5代血統表内のクロス:Lyphard5×5(父方)>

ウィルソンテソーロ(2019.2.25)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
キタサンブラック
(サンデーサイレンス系)
Uncle Mo
(フオルテイノ系)
フレンチデピュティ
(Deputy Minister系)
Sawbones
(Mahmoud系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
キタサンブラック
(シュガーハート)
5.25
(【5】+【15】+【13】+【12】)
伯父が米GII勝ち馬
(No. 4-n)
初仔

今年2023年にかきつばた記念(JpnIII)、マーキュリーC(JpnIII)、白山大賞典(JpnIII)とJpnIII3連勝を遂げ、前走JBCクラシック(JpnI)ではキングズソード(2019.4.4)の5着だったウィルソンテソーロ。今回のチャンピオンズカップで超一線級とも伍して戦えるところを見せてくれました。キタサンブラックの仔、芝だけではなくダートでも強い。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。