ノットゥルノ(2019.4.16)-第24回ジャパンダートダービー(JpnI)の勝ち馬-

Result

ノットゥルノ 牡 鹿毛 2019.4.16生 日高町・下河辺牧場生産 馬主・金子真人ホールディングス(株) 栗東・音無 秀孝厩舎

ノットゥルノ(2019.4.16)の4代血統表
ハーツクライ
鹿毛 2001.4.15
種付け時活性値:0.25【17】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
アイリッシュダンス
鹿毛 1990.3.26
トニービン
鹿毛 1983.4.7
カンパラ 1976.2.19
Severn Bridge 1965
ビユーパーダンス
黒鹿毛 1983.2.26
Lyphard 1969.5.10
My Bupers 1967.6.1
シェイクズセレナーデ
芦毛 2006.5.1
仔受胎時活性値:1.00【12】
Unbridled’s Song
芦毛 1993.2.18
種付け時活性値:1.00【12】
Unbridled
鹿毛 1987.3.5
Fappiano 1977.5.19
Gana Facil 1981.2.9
Trolley Song
芦毛 1983.4.13
Caro 1967.4.11
Lucky Spell 1971.1.28
Desert Stormer
鹿毛 1990.2.25
仔受胎時活性値:1.75【15】
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
種付け時活性値:1.50【6】
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
Breezy Stories
鹿毛 1978.5.21
仔受胎時活性値:0.75【11】
Damascus
鹿毛 1964.4.14
種付け時活性値:1.25【13】
New Tune
鹿毛 1968.5.2
仔受胎時活性値:0.25【9】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5>

ノットゥルノ(2019.4.16)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ハーツクライ
(サンデーサイレンス系)
Unbridled’s Song
(Mr. Prospector系)
Storm Cat
(Storm Bird系)
Damascus
(Sword Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Storm Cat
(Secretariat)
3.75 祖母がBCスプリント勝ち馬
(No. 21-a)
6番仔?
(2連産目)

*

2022年の第24回ジャパンダートダービー(JpnI。大井ダート2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 14 ノットゥルノ 牡3 56 武豊 2:04.6 5-6-3-2 38.3 526
[+9]
音無秀孝 4
2 7 ペイシャエス 牡3 56 菅原明良 2:04.7 3/4 6-5-4-4 38.2 488
[+6]
小西一男 3
3 6 ブリッツファング 牡3 56 池添謙一 2:04.8 1/2 2-2-2-1 38.6 464
[+5]
大久保龍志 1
4 3 ハピ 牡3 56 藤岡佑介 2:04.9 1/2 14-13-12-8 37.8 469
[+7]
大久保龍志 2
5 8 クライオジェニック 牡3 56 安藤洋一 2:06.9 10 7-7-6-5 40.3 548
[+5]
藤田輝信 10

2022年の第24回ジャパンダートダービー。「夜想曲(伊)」という馬名意味を持つノットゥルノ、大井競馬場のトゥインクルレース、ナイター競馬は似つかわしい舞台設定だったのでしょうか。JRA勢7頭、NAR勢7頭という14頭立てを大外発進となったノットゥルノ、スタート直後につまずき加減になりましたが、事なきを得て馬群外側を先行。道中の感じがよく見えたノットゥルノ、直線では先に抜け出したブリッツファング(2019.5.11)との叩き合いを制し、最後は差し迫ったペイシャエス(2019.3.18)を4分の3馬身抑えたところが決勝点。ノットゥルノ、重賞初制覇が夏の大一番となりました。

武豊騎手しか果たされていない「東京優駿(日本ダービー)とジャパンダートダービーの『同一年』制覇」。2002年のタニノギムレット(1999.5.4)ゴールドアリュール(1999.3.3)、2005年のディープインパクト(2002.3.25)カネヒキリ(2002.2.26)、そして2022年のドウデュース(2019.5.7)とノットゥルノ。ハーツクライ産駒の優駿2頭で成されたのは武騎手自身「3度目」の同一年制覇。

ドウデュース(2019.5.7)-第89回東京優駿(GI)の勝ち馬-
ドウデュース 牡 鹿毛 2019.5.7生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(株)キーファーズ 栗東・友道 康夫厩舎

武騎手のジャパンダートダービーの勝利はカネヒキリ以来17年ぶり4度目。やっぱりですね、なんだかんだ言いながら、金子真人オーナーの「黒、青袖、黄鋸歯形」の勝負服が一番似合う騎手はユタカさんだと思うのです。そうして武騎手はJRA所属騎手として初めてNAR200勝を併せて達成されました。サスガ。

#ジャパンダートダービー4勝は騎手としての最多勝であり、武騎手は上述の3頭の他に2003年にビッグウルフ(2000.5.12)で制されています。

種牡馬ハーツクライの日本で走った産駒では初めてダートのジーワンレース勝ち馬となったノットゥルノ。祖母Desert Stormerがブリーダーズカップ・スプリント(米GI)勝ち馬という筋の通った血統馬、秋以降も楽しみにしています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。