ソダシ(2018.3.8)-第17回ヴィクトリアマイル(GI)の勝ち馬-

Result

ソダシ 牝 白毛 2018.3.8生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・金子真人ホールディングス(株) 栗東・須貝 尚介厩舎

ソダシ(2018.3.8)の4代血統表
クロフネ
芦毛 1998.3.31
種付け時活性値:0.75【19】
フレンチデピュティ
栗毛 1992.1.30
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
Vice Regent 1967.4.29
Mint Copy 1970.2.24
Mitterand
鹿毛 1981.2.19
Hold Your Peace 1969.1.24
Laredo Lass 1971.3.19
ブルーアヴェニュー
芦毛 1990.2.15
Classic Go Go
鹿毛 1978.2.11
Pago Pago 1960
Classic Perfection 1972.4.22
Eliza Blue
芦毛 1983.4.11
Icecapade 1969.4.4
コレラ 1978.2.18
ブチコ
白毛 2012.4.27
仔受胎時活性値:1.25【5】
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
種付け時活性値:0.50【10】
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
シラユキヒメ
白毛 1996.4.4
仔受胎時活性値:1.75【15】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.25【9】
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ウェイブウインド
鹿毛 1991.1.28
仔受胎時活性値:1.00【4】
★Topsider
鹿毛 1974.3.15
種付け時活性値:0.00【16】
Storm and Sunshine
黒鹿毛 1983.2.3
仔受胎時活性値:1.75【7】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5>

ソダシ(2018.3.8)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
クロフネ
(Deputy Minister系)
キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
★Topsider
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
クロフネ 5.75 近親メイケイエール
(No. 2-w)
初仔

*

2022年の第17回ヴィクトリアマイル(GI。東京芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 5 ソダシ 牝4 55 吉田 隼人 1:32.2 4-4 33.4 476
[0]
須貝 尚介 4
2 11 ファインルージュ 牝4 55 C.ルメール 1:32.5 2 6-6 33.4 500
[-10]
木村 哲也 3
3 7 レシステンシア 牝5 55 横山 武史 1:32.5 クビ 2-2 34.1 510
[-6]
松下 武士 6
4 10 ローザノワール 牝6 55 田中 勝春 1:32.5 ハナ 1-1 34.5 468
[-6]
西園 正都 18
5 2 ソングライン 牝4 55 池添 謙一 1:32.5 ハナ 9-8 33.2 486
[前計不]
林 徹 2

2022年の第17回ヴィクトリアマイル。内枠から確認すればデアリングタクト(2017.4.15)、ソダシ、レシステンシア(2017.3.15)レイパパレ(2017.1.28)アカイイト(2017.4.17)とGI馬5頭を含む好メンバーが揃った春のマイル女王決定戦。百花繚乱とばかりに目移りするメンバーでしたので、1番人気4.1倍のレイパパレ、2番人気5.4倍のソングライン(2018.3.4)、3番人気5.4倍のファインルージュ(2018.3.11)、4番人気5.7倍のソダシ、5番人気8.4倍のデアリングタクトと戦前のオッズは混戦の様相を呈していました。

けれど、走ってみれば、芝1600m負け無しの白毛馬の独擅場でした。先入れとなったソダシ、ゲート入りをすこうしだけイヤイヤしたのはご愛嬌。ソダシ、18頭立てを抜群のスタートから内の先行4番手を終始キープ。しびれるような手応えで直線に向くと、残り200mで吉田隼人騎手の左ムチに応えて抜け出し。緑の絨毯の上を駆ける純白の馬体、赤の帽子に「黒、青袖、黄鋸歯形」の勝負服。必死の2着争いを繰り広げた後続を尻目にソダシ、決勝点では2馬身差を着けての完勝。ソダシ、2歳時のアルテミスS(GIII)と阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)、3歳時の桜花賞(GI)、そして4歳時のヴィクトリアマイルと芝1600mでは4戦4勝。

ソダシ(2018.3.8)&ラッキードリーム(2018.5.9)-2021年のクラシック候補生を確認する(No.5)-
ソダシ 牝 白毛 2018.3.8生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・金子真人ホールディングス(株) 栗東・須貝尚介厩舎ラッキードリーム 牡 鹿毛 2018.5.9生 新ひだか・谷岡牧場生産 馬主・林正夫氏 北海道・林和弘厩舎
ソダシ(2018.3.8)-第72回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)の勝ち馬。史上初の白毛馬のGI制覇、成る-
ソダシ 牝 白毛 2018.3.8生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・金子真人ホールディングス(株) 栗東・須貝尚介厩舎サトノレイナス 牝 鹿毛 2018.2.26生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(株)サトミホースカンパニー 美浦・国枝栄厩舎ユーバーレーベン 牝 青鹿毛 2018.1.27生 新冠・ビッグレッドファーム生産 馬主・(株)サラブレッドクラブ・ラフィアン 美浦・手塚貴久厩舎
ソダシ(2018.3.8)-第81回桜花賞(GI)の勝ち馬。史上初の白毛馬のクラシック制覇、成る-
ソダシ 牝 白毛 2018.3.8生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・金子真人ホールディングス(株) 栗東・須貝尚介厩舎

純粋に強く速く、そして美しい。伊達や酔狂では遂げられない「3年連続GI勝ち」を収めたソダシの輝きが際立って見えた、2022年の第17回ヴィクトリアマイルでした。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

#↑の0の理論的総括で示したとおり、ソダシはメイケイエール(2018.2.23)と近親。

ソダシ(2018.3.8)&メイケイエール(2018.2.23)-2021年のクラシック候補生を確認する(No.2)-
ソダシ 牝 白毛 2018.3.8生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・金子真人ホールディングス(株) 栗東・須貝尚介厩舎メイケイエール 牝 鹿毛 2018.2.23生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・名古屋競馬(株) 栗東・武英智厩舎

メイケイエールはヴィクトリアマイル前日の京王杯スプリングC(GII)を「例によって」道中気難しさを見せながら、それでも最後は勝ち切って重賞5勝目を遂げました。同一牝系の連動する活躍、連日の東京メインジャック、お見事でした。

##競馬を長く見ていると親子とか兄弟とかの姿を馬だけではなく人でも見る訳ですが、今回のヴィクトリアマイルのゴール後の吉田隼人騎手の右腕の様を見て、兄・吉田豊騎手がメジロドーベル(1994.5.6)で優駿牝馬(GI)を制した際を思い出しました^^;