アーモンドアイ(2015.3.10)-第162回天皇賞・秋(GI)の勝ち馬。JRA所属馬史上初の芝GI8勝、成る-

Result

アーモンドアイ 牝 鹿毛 2015.3.10生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)シルクレーシング 美浦・国枝栄厩舎

アーモンドアイ(2015.3.10)の4代血統表
ロードカナロア
鹿毛 2008.3.11
種付け時活性値:1.50【6】
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
レディブラッサム
鹿毛 1996.3.4
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
サラトガデュー
鹿毛 1989.4.3
Cormorant 1974.4.21
Super Luna 1982.4.5
フサイチパンドラ
栗毛 2003.2.27
仔受胎時活性値:0.75【11】

サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.00【16】
★Halo
黒鹿毛 1969.2.9
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ロッタレース
栗毛 1992.3.3
仔受胎時活性値:0.50【10】
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
種付け時活性値:1.50【14】
Northern Dancer 1961.5.27
Special 1969.3.28
Sex Appeal
栗毛 1970.5.12
仔受胎時活性値:1.25【21】
Buckpasser
鹿毛 1963.4.28
種付け時活性値:1.50【6】
Best in Show
栗毛 1965.4.29
仔受胎時活性値:1.00【4】

<5代血統表内のクロス:Nureyev5×3、Northern Dancer5×4>

アーモンドアイ(2015.3.10)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
ロードカナロア
(Mr. Prospector系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
◆Nureyev
(Northern Dancer系)
Buckpasser
(Tom Fool系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
ロードカナロア3.50母がGI勝ち馬
(No. 8-f)
7番仔
(7連産目)

*

2020年の第162回天皇賞・秋(GI。東京芝2000m)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破
時計
着差通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
19アーモンドアイ牝556C.ルメール1:57.83-3-433.1490
[+2]
国枝 栄1
26フィエールマン牡558福永 祐一1:57.91/210-9-1032.7478
[-12]
手塚 貴久5
37クロノジェネシス牝456北村 友一1:57.9クビ8-9-932.8464
[0]
斉藤 崇史2
411ダノンプレミアム牡558川田 将雅1:58.221-1-134.0496
[-10]
中内田 充正6
58キセキ牡658武 豊1:58.62 1/23-3-234.1508
[+6]
角居 勝彦4

「目千両」アーモンドアイ、JRA所属馬史上初の芝GI8勝、成る。

シンボリルドルフ(1981.3.13)、テイエムオペラオー(1996.3.13)、ディープインパクト(2002.3.25)、ウオッカ(2004.4.4)、ジェンティルドンナ(2009.2.20)、キタサンブラック(2012.3.10)。

シンボリルドルフ(1981.3.13)-三冠馬を辿る(No.4)-
シンボリルドルフ 牡 鹿毛 1981.3.13生~2011.10.4没 門別・シンボリ牧場生産 馬主・シンボリ牧場 美浦・野平祐二厩舎
JRA賞年度代表馬を辿る(其の拾肆)-テイエムオペラオー(1996.3.13)-
テイエムオペラオー 牡 栗毛 1996.3.13生 浦河・杵臼牧場生産 馬主・竹園正繼氏 栗東・岩元市三厩舎
ディープインパクト(2002.3.25)-三冠馬を辿る(No.6)-
ディープインパクト 牡 鹿毛 2002.3.25生~2019.7.30没 早来・ノーザンファーム生産 馬主・金子真人氏→金子真人ホールディングス(株) 栗東・池江泰郎厩舎
ウオッカ(2004.4.4)
ウオツカ 牝 黒鹿毛 2004.4.4生~2019.4.1没 静内・カントリー牧場生産 馬主・谷水雄三氏 栗東・角居勝彦厩舎
ジェンティルドンナ(2009.2.20)-牝馬三冠馬を辿る(No.4)-
ジェンティルドンナ 牝 鹿毛 2009.2.20生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・石坂正厩舎
第62回有馬記念(GI)の勝ち馬
キタサンブラック 牡 鹿毛 2012.3.10生 日高・ヤナガワ牧場生産 馬主・(有)大野商事 栗東・清水久詞厩舎 キタサンブラック(2012.3.10)の4代血統表 ブラックタイド 黒鹿毛 2001....

いずれ違わぬ名馬たちが魅せてくれた芝ジーワン7勝。その壁を乗り越えて、前馬未踏の金字塔の芝GI8勝を、これまた史上初の牝馬による天皇賞連覇で打ち立てました。お見事でした。サスガでした、アーモンドアイ。

そんな「目千両」が走る姿を見られるのも、あと1回か2回。アーモンドアイ、その強さと速さ、この目でしかと焼き付けておきたいと思います。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

マイシンザン
マイシンザン

このサイトの管理人、↑ではアーモンドアイちゃんのことしか書いていないけれど、鞍上のクリストフ・ルメール騎手は、天皇賞を5連勝やねんな。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

2018年の第158回天皇賞・秋をレイデオロ(2014.2.5)で制して以降、フィエールマン(2015.1.20)第159回第161回の天皇賞・春を連覇、そしてアーモンドアイちゃんで第160回と第162回の天皇賞・秋を連覇ですね。

マイシンザン
マイシンザン

馬も人も凄い。恐れ入谷の鬼子母神やわ、ホンマに。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

今回のレース後、ルメール騎手が感極まられていたのもグッと来ました。