第151回マッキノンS(豪GI)の勝ち馬-Magic Wand(2015.3.13)-

Result

Magic Wand(マジックワンド) 牝 鹿毛 2015.3.13生 愛国・Ecurie Des Monceaux & Skymarc Farm Inc生産 馬主・Michael Tabor & Derrick Smith & Mrs John Magnier 愛国・A P O’Brien厩舎

Magic Wand(2015.3.13)の4代血統表

Galileo
鹿毛 1998.3.30
種付け時活性値:0.00

Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Fairy Bridge
鹿毛 1975.5.4
Bold Reason 1968.4.8
Special 1969.3.28
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki
栗毛 1978.2.22
Mr. Prospector 1970.1.28
Hopespringseternal 1971.5.27
Allegretta
栗毛 1978.3.10
Lombard 1967
Anatevka 1969
Prudenzia
鹿毛 2005.5.14
仔受胎時活性値:0.25

Dansili
黒鹿毛 1996.1.27
種付け時活性値:0.00
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
★Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Hasili
鹿毛 1991.3.12
Kahyasi 1985.4.2
Kerali 1984.3.4
Platonic
鹿毛 1999.2.6
仔受胎時活性値:1.25
★Zafonic
鹿毛 1990.4.1
種付け時活性値:0.00
Gone West 1984.3.10
Zaizafon 1982.1.18
Puce
鹿毛 1993.4.2
仔受胎時活性値:1.25
Darshaan
黒鹿毛 1981.4.18
種付け時活性値:0.75
Souk
鹿毛 1988.4.27
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer3×5、Mr. Prospector4×5>

Magic Wand(2015.3.13)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Galileo
(Sadler’s Wells系)
★Dansili
(デインヒル系)
★Zafonic
(Mr. Prospector系)
Darshaan
(Mill Reef系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Darshaan
(Puce)
3.75 半姉が愛オークス馬
(No. 21-a)
5番仔?

*

2019年の第151回マッキノンS(豪GI。フレミントン芝2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 14 Magic Wand 牝4 57 Ryan Moore 2:01.82 A P O’Brien 2
2 15 Melody Belle 牝5 57 Opie Bosson 1 Jamie Richards 1
3 1 Hartnell せん8 59 Hugh Bowman 1.1 James Cummings 4
4 9 Life Less Ordinary せん7 59 Nash Rawiller 1.3 Chris Waller 12
5 11 Fifty Stars 牡4 59 Jye McNeil 3.3 David A & B Hayes & Tom Dabernig 6

2019年の第151回マッキノンS。GI出走16度目の正直、成る。これまでGI2着はヴェルメイユ賞(仏GI)、オペラ賞(仏GI)、ペガサスワールドカップターフ招待S(米GI)、プリティポリーS(愛GI)、アーリントンミリオンS(米GI)、愛チャンピオンS(GI)と6回を数えたMagic Wand。苦労馬がGI初勝利を得たのは、母国愛国から遥か遠い南半球の地。10月26日のコックスプレート(豪GI)4着、11月5日のメルボルンカップ(豪GI)10着と来て、11月9日のマッキノンS1着。豪州遠征は中9日、中3日という強行軍のGI3連戦。Magic Wand、そのタフネスさにも脱帽です^^;

日本から参戦した2頭。スズカデヴィアス(2011.5.8)7着、クルーガー(2012.4.26)8着。改めて、遠征先での力走、本当にお疲れ様でした。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。