Malathaat(2018.3.7)-第147回ケンタッキーオークス(米GI)の勝ち馬-

Result

Malathaat(マラサート) 牝 鹿毛 2018.3.7生 米国・Stonestreet Thoroughbred Holdings LLC生産 馬主・Shadwell Stable 米国・Todd A. Pletcher厩舎

Malathaat(2018.3.7)の4代血統表
Curlin
栗毛 2004.3.25
種付け時活性値:1.25【13】
Smart Strike
鹿毛 1992.5.21
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Classy ‘n Smart
鹿毛 1981.5.20
Smarten 1976.4.17
No Class 1974.3.30
Sherriff’s Deputy
鹿毛 1994.3.6
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
Vice Regent 1967.4.29
Mint Copy 1970.2.24
Barbarika
鹿毛 1985.3.9
Bates Motel 1979.5.17
War Exchange 1972.3.24
Dreaming of Julia
鹿毛 2010.3.3
仔受胎時活性値:1.75【7】
A.P. Indy
黒鹿毛 1989.3.31
種付け時活性値:1.00【20】
Seattle Slew
黒鹿毛 1974.2.15
Bold Reasoning 1968.4.29
My Charmer 1969.3.25
Weekend Surprise
鹿毛 1980.4.8
Secretariat 1970.3.30
Lassie Dear 1974.5.2
Dream Rush
黒鹿毛 2004.4.22
仔受胎時活性値:1.25【5】
ワイルドラッシュ
鹿毛 1994.4.15
種付け時活性値:0.25【9】
Wild Again 1980.5.22
Rose Park 1986.2.7
Turbo Dream
黒鹿毛 1998.2.22
仔受胎時活性値:1.25【5】
Unbridled
鹿毛 1987.3.5
種付け時活性値:0.50【10】
Reve de Fee
黒鹿毛 1992.2.11
仔受胎時活性値:1.25【5】

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector3×5>

Malathaat(2018.3.7)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Curlin
(Mr. Prospector系)
A.P. Indy
(Seattle Slew系)
ワイルドラッシュ
(Nearctic系)
Unbridled
(Mr. Prospector系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Curlin 5.50 母と祖母も米GI馬
(No. 1-n)
2番仔?
(2連産目?)

*

2021年の第147回ケンタッキーオークス(米GI。チャーチルダウンズ・ダート9F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 10 Malathaat 牝3 54.9 John R Velazquez 1:48.99 Todd Pletcher 1
2 12 Search Results 牝3 54.9 Irad Ortiz Jr クビ Chad C Brown 3
3 11 Will’s Secret 牝3 54.9 Jon Kenton Court 2 3/4 Dallas Stewart 10
4 3 Clairiere 牝3 54.9 Tyler Gaffalione ハナ Steven Asmussen 4
5 6 Travel Column 牝3 54.9 Florent Geroux 2 1/2 Brad H Cox 2
無敗の女王誕生、マラサートが5連勝でケンタッキーオークス制覇 | JRA-VAN Ver.World
 現地30日、米チャーチルダウンズ競馬場にてG1ケンタッキーオークス(3歳牝馬、ダート9ハロン)が行われ、J.ヴェラスケス騎乗のマラサートが競り勝った。  マラサートは外の5番手付近で先団を射程圏に

2021年の第147回ケンタッキーオークス。例年”The Run for the Roses”の前日に行われる”Lilies for the Fillies”。ユリの首飾りを賭けた一戦を制したのは1番人気のMalathaat。13頭立てを道中は終始5番手を進むと、3角から4角にかけて外から差を詰め、直線は前を行った内のSearch Results(2018.2.7)との一騎打ち。ジョン・ヴェラスケス騎手とイラッド・オルティス・ジュニア騎手の叩き合い、MalathaatとSearch Resultsの3歳乙女の対決は、最後の最後「クビ」だけMalathaatが先んじていました。激しい戦いの後、ヴェラスケス騎手を称えるオルティス騎手の姿が清々しさを与えてくれました。

紹介は前後してしまいましたが、ヴェラスケス騎手は翌日の第147回ケンタッキーダービー(米GI)をMedina Spirit(2018.4.5)で制されて、

Medina Spirit(2018.4.5)-第147回ケンタッキーダービー(米GI)の勝ち馬-
Medina Spirit(メディーナスピリット) 牡 黒鹿毛 2018.4.5生 米国・Gail Rice生産 馬主・Zedan Racing Stables 米国・Bob Baffert厩舎

2日連続でチャーチルダウンズの3歳クラシック勝利となりました。サスガは「ザ・キャプテン」。名手の手腕が遺憾なく発揮された2日間でした。

*

主役Malathaatに戻りますと、Malathaatは2020年10月のメイドン、2020年11月のテンプテッドS(米L)、2020年12月のデモワーゼルS(米GII)、2021年4月のアッシュランドS(米GI)とケンタッキーオークスと、デビュー以来負けなし。今年は東洋ではソダシ(2018.3.8)が5戦5勝で桜花賞(GI)を制しましたが、西洋でもMalathaatが5戦5勝でケンタッキーオークスを制しました。

Malathaatは牝系の筋が通っており、母Dreaming of JuliaはフリゼットS(米GI)の勝ち馬、祖母Dream RushはテストS(米GI)、プライオレスS(米GI)の勝ち馬と、母系3代連続で米GI制覇となりました。米国で継承されている1号族n分枝系、牝系のミトコンドリア遺伝子の確かさを伝え続けています。

  

ケンタッキーオークスを通過した米国3歳無敗の女王Malathaat、どこまで負けなしを続けることが出来ますでしょうか。無敗を続けることの難しさは↑で引いたケンタッキーダービーで4着に敗れたEssentials Quality(2018.4.9)からも伺えますけれど、Malathaatのこれからの走りにも幸多かれと祈り願います。

  

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。