Savethelastdance(2020.3.2)-第129回愛オークス(GI)の勝ち馬-

Result

Savethelastdance(セーブザラストダンス) 牝 栗毛 2020.3.2生 愛国・Daddys Lil Darling Syndicate生産 馬主・Mrs John Magnier/Michael Tabor/Derrick Smith/Westerberg 愛国・A P O’Brien厩舎

Savethelastdance(2020.3.2)の4代血統表
Galileo
鹿毛 1998.3.30
種付け時活性値:1.25【21】

Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Fairy Bridge
鹿毛 1975.5.4
Bold Reason 1968.4.8
Special 1969.3.28
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki
栗毛 1978.2.22
Mr. Prospector 1970.1.28
Hopespringseternal 1971.5.27
Allegretta
栗毛 1978.3.10
Lombard 1967.1.31
Anatevka 1969.2.13
Daddys Lil Darling
鹿毛 2014.3.28
仔受胎時活性値:1.25【5】
Scat Daddy
黒鹿毛 2004.5.11
種付け時活性値:0.25【9】
ヨハネスブルグ
鹿毛 1999.2.23
ヘネシー 1993.3.25
Myth 1993.2.26
Love Style
栗毛 1999.3.22
Mr. Prospector 1970.1.28
Likeable Style 1990.1.30
Miss Hot Salsa
鹿毛 1995.3.18
仔受胎時活性値:0.50【18】
★Houston
鹿毛 1986.4.7
種付け時活性値:0.00【8】
Seattle Slew 1974.2.15
Smart Angle 1977.6.2
ミスハイブレイド
黒鹿毛 1988.5.5
仔受胎時活性値:1.50【6】
Highland Blade
黒鹿毛 1978.4.26
種付け時活性値:0.25【9】
ダーリングミスキュー
鹿毛 1981.1.18
仔受胎時活性値:1.50【6】

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×4>

Savethelastdance(2020.3.2)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Galileo
(Sadler’s Wells系)
Scat Daddy
(Storm Cat系)
★Houston
(Seattle Slew系)
Highland Blade
(Damascus系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Galileo
(Mr. Prospector)
4.75
(【5】+【18】+【6】+【6】)
母が米GI馬
(No. 19-b)
初仔

*

2023年の第129回愛オークス(GI。カラ芝12F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 7 Savethelastdance 牝3 58.1 Ryan Moore 2:43.11 A P O’Brien 1
2 3 Bluestocking 牝3 58.1 Colin Keane 1/2 Ralph Beckett 2
3 5 Library 牝3 58.1 Gavin Ryan 1 3/4 A P O’Brien 8
4 6 Lumiere Rock 牝3 58.1 Dylan Browne McMonagle 2 3/4 Joseph Patrick O’Brien 5
5 8 Warm Heart 牝3 58.1 Seamie Heffernan 1/2 A P O’Brien 3
セーブザラストダンスが怒とうの逆転劇、万事休すの場面から愛オークスを制す | JRA-VAN World - 海外競馬情報サイト
G1愛オークス(3歳牝馬、芝12ハロン)が現地22日にカラ競馬場で行われ、1番人気のセーブザラストダンスが3番手キープで直線に入ると、勝負所から反応が鈍く一時は敗色濃厚となるも、最後に猛然と巻き返し

2023年5月のチェシャーオークス(英L)を「22馬身差」という衝撃の大差で制したSavethelastdance。

Savethelastdance(2020.3.2)-2023年のチェシャーオークス(英L)の勝ち馬-
Savethelastdance(セーブザラストダンス) 牝 栗毛 2020.3.2生 愛国・Daddys Lil Darling Syndicate生産 馬主・Mrs John Magnier/Michael Tabor/Derrick Smith/Westerberg 愛国・A P O'Brien厩舎

6月の英オークス(GI)で日本風に言えば単勝1.83倍の1番人気に推されたもののSoul Sister(2020.1.25)から1と4分の3馬身差の2着。改めてGI獲りを狙うべく向かった先は7月の愛オークス。カラ芝12ハロン、重馬場、8頭立てで単勝1.91倍の1番人気に推された一戦。道中終始3番手から進んでいたSavethelastdance、カラ芝の直線3ハロンの入り口手前から鞍上のライアン・ムーア騎手のアクションが大きくなり始めたように見え、直線に入ってからも「もがいている」という感がありました。むしろ、外を回った愛オークスのスポンサーを務めるジャドモントの勝負服を背にしたBluestocking(2020.2.11)の脚色がよく、ラスト2ハロンから1ハロンの感じでは「この馬が勝つか」と思わせました。ただ「そうはさせない」とばかりに我慢強く脚を伸ばしたSavethelastdance、Bluestockingの外から一歩ずつ差を詰めると、ラスト50ヤードで先頭を奪取し、ゴール地点では半馬身先んじていました。最後は「おお、差し切るんか、差し切るんか!!」と思わず声が出てしまいましたが、Savethelastdance、苦しみながらではあったものの、初めてのグループレース勝利を愛オークスで決めて見せました。Savethelastdanceの鞍上のムーア騎手はSnow Fairy(2007.2.12)、Snowfall(2018.2.9)に続く3度目の愛オークス制覇、管理されるエイダン・パトリック・オブライエン調教師はAlexandrova(2003.4.23)、ピーピングフォーン(2004.1.15)、Moonstone(2005.3.3)、Bracelet(2011.1.24)、Seventh Heaven(2013.3.29)、Snowfallに続いて愛オークス7勝目を遂げ、6勝で並んでいたマイケル・スタウト調教師を抜いて、単独で愛オークス最多勝調教師となられました。先達の愛オークス馬の名前からは、エリザベス女王杯(GI)連覇のSnow Fairy、ディープインパクト(2002.3.25)の娘Snowfallの2頭の印象が残っています。

Snow Fairy(2007.2.12)
Snow Fairy(スノーフェアリー) 牝 鹿毛 2007.2.12生 愛国・Windflower Overseas Holdings Inc生産 馬主・Anamoine Limited 英国・Ed Dunlop厩舎
Snowfall(2018.2.9)
Snowfall(スノーフォール) 牝 鹿毛 2018.2.9生~2022.1.11没 日本・Roncon, Chelston Ire & Wynatt(安平・ノーザンファーム)生産 馬主・Derrick Smith & Mrs John Magnier & Michael Tabor 愛国・A P O'Brien厩舎

では、以下にSavethelastdanceの近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

ダーリングミスキュー 1981.1.18 3勝
|ミスハイブレイド 1988.5.5 9勝 カウンテスファーガーH(米GIII)ほか
||Miss Hot Salsa 1995.3.18 4勝 サンクレメンテH(米GII)2着ほか
|||Mongolian Saturday 2010.3.3 8勝 ブリーダーズカップ・ターフスプリント(米GI) ウッドフォードS(米GIII)ほか
|||Daddys Lil Darling 2014.3.28 5勝 アメリカンオークス(米GI) ポカホンタスS(米GII) モデスティH(米GIII)ほか
||||Savethelastdance 2020.3.2 (本馬) 愛オークス(GI)ほか
||Mr. Broad Blade 1996.3.23 サンフェルナンドS(米GII)3着ほか
|ワイルドブラスター 1992.4.13 8勝 アンタレスS(GIII) マーチS(GIII)2回ほか

欧米で継承されている19号族b分枝系。Savethelastdanceの母Daddys Lil Darlingがアメリカンオークスの勝ち馬、伯父Mongolian Saturdayがブリーダーズカップ・ターフスプリントの勝ち馬とごく近いところに米GI馬がいます。が、やはり高祖母ダーリングミスキューの仔ワイルドブラスターの存在がキラリと光ります。ワイルドブラスターは現役時代に8勝を挙げ、その主な勝ち鞍に1998年のアンタレスS、1997年と1998年で連覇を果たしたマーチSとJRAのダート重賞3勝があります。

ワイルドブラスター(1992.4.13)の男前の写真

2006年に会った時の写真。男前なんですよね、ワイルドブラスター。現役時代は赤メンコに隠されていましたがその鹿毛の流星も麗しい。本稿の主役Savethelastdanceは毛色は栗毛ですが、やはりキレイな流星が額に走っています。19号族b分枝系と書いてみて、ふっと思い出したのは星友(1923)の子孫であるトウカイテイオー(1988.4.20)。Savethelastdanceから見れば18代母、ワイルドブラスターやトウカイテイオーから見れば15代母であるNan Darrell(1844)からの別分枝馬と、随分と遠縁となりますがトウカイテイオーもまた鹿毛の流星の美麗馬でした。

チェシャーオークス1着、英オークス2着、愛オークス1着とオークスと名が付くレースばかり3連続で走っているSavethelastdance。これまでのレース間隔や厩舎の先輩たちのローテーションを鑑みれば、次走は8月のヨークシャーオークス(英GI)になるのではないでしょうか。昨年2022年はAlpinista(2017.2.16)がヨークシャーオークス優勝から凱旋門賞(仏GI)勝ちを果たしていますし、Savethelastdanceの進路も楽しみにしたいと思います。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

マイシンザン
マイシンザン

むぅ、お前さんのおっかさんの玄孫であるSavethelastdance、見事に愛オークス馬となったなぁ。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

ええ、ええ。我が母系に流れるDNAの確かさ、感じていただけましたでしょうか。

マイシンザン
マイシンザン

ああ、ホンマに大したものやわ。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

欲を言えば英オークスもというところでしたが、相手も強かったですし、Savethelastdanceの今後に期待したいと思っています。

マイシンザン
マイシンザン

そうやね。このサイトの管理人も「ソフトな馬場が合ってそうやから、馬場が悪くなりがちな10月のパリロンシャンでも」って言っていたわ。