テオレーマ(2016.2.2)-第11回JBCレディスクラシック(JpnI)の勝ち馬-

Result

テオレーマ 牝 鹿毛 2016.2.2生 浦河町・笠松牧場生産 馬主・水上 行雄氏 栗東・石坂 公一厩舎

テオレーマ(2016.2.2)の4代血統表
ジャスタウェイ
鹿毛 2009.3.8
種付け時活性値:1.50【6】
ハーツクライ
鹿毛 2001.4.15
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
アイリッシュダンス
鹿毛 1990.3.26
トニービン 1983.4.7
ビユーパーダンス 1983.2.26
シビル
鹿毛 1999.5.16
Wild Again
黒鹿毛 1980.5.22
Icecapade 1969.4.4
Bushel-n-Peck 1958.3.21
シャロン
栗毛 1987.5.10
Mo Exception 1981.1.25
Double Wiggle 1978.2.4
スターズアラインド
鹿毛 2011.3.19
仔受胎時活性値:1.00【4】
Sea The Stars
鹿毛 2006.4.6
種付け時活性値:1.00【4】
Cape Cross
黒鹿毛 1994.3.13
Green Desert 1983.4.16
Park Appeal 1982.4.9
Urban Sea
栗毛 1989.2.18 ♀
Miswaki 1978.2.22
Allegretta 1978.3.10
Senora Galilei
鹿毛 2003.1.22
仔受胎時活性値:1.75【7】
Galileo
鹿毛 1998.3.30
種付け時活性値:1.00【4】
Sadler’s Wells 1981.4.11
Urban Sea 1989.2.18 ♀
Speirbhean
鹿毛 1998.5.25
仔受胎時活性値:1.00【4】
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
種付け時活性値:0.75【11】
Saviour
鹿毛 1987.5.17
仔受胎時活性値:0.50【10】

<5代血統表内のクロス:Urban Sea(♀)3×4(母方)、Danzig5×5(母方)>

テオレーマ(2016.2.2)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ジャスタウェイ
(サンデーサイレンス系)
Sea The Stars
(Danzig系)
Galileo
(Sadler’s Wells系)
デインヒル
(Danzig系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ジャスタウェイ
(ハーツクライ)
4.25 大叔父Teofilo
(No. 1-n)
初仔

*

2021年の第11回JBCレディスクラシック(JpnI。金沢ダート1500m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 6テオレーマ 牝5 55 川田将雅 1:32.1レコード 8-8-6-4 36.1 476
[-10]
石坂公一 1
2 3マドラスチェック 牝5 55 斉藤新 1:32.6 2.1/2 2-2-3-2 37.3 511
[+5]
斉藤誠 6
3 4リネンファッション 牝4 55 武豊 1:32.8 3/4 6-2-2-1 37.5 461
[+5]
坂口智康 4
4 8レーヌブランシュ 牝4 55 松山弘平 1:33.0 1 3-4-4-5 37.3 473
[+6]
橋口慎介 2
5 10ラインカリーナ 牝5 55 山本聡哉 1:33.0 クビ 9-10-10-7 36.6 486
[-8]
小澤宏次 11

2021年の第11回JBCレディスクラシック。日本におけるダートグレード競走で唯一の牝馬限定ジーワンであるJBCレディスクラシック。その第11回を制したのはテオレーマ。12頭立てを道中中団待機から徐々に押し上げ、最後は鋭く抜け出して2着のマドラスチェック(2016.4.22)に2と2分の1馬身差の快勝。その走破時計1分32秒1は金沢ダート1500mのコースレコード。馬主の水上行雄氏はディープスカイ(2005.4.24)の生産で知られる笠松牧場の代表であり、オーナーブリード馬による馬主としてのジーワン初勝利。管理される石坂公一調教師は嬉しいジーワン初制覇。そうして鞍上の川田将雅騎手はJBCレディスクラシック初優勝。テオレーマ、その馬名意味は「定理(西)」ということです。

テオレーマの4代血統構成で目に付くのは、母方のUrban Sea3×4の牝馬クロスですね。祖母父Galileo、母父Sea The Starsという半兄弟の累代。言わずもがなの欧州現代血統の中心的存在。テオレーマの血統の全体的な印象は芝で走りそうな感じなのですが、レースに使ってみればダートが良かった。直牝系を遡れば4代母Saviourの半兄に米ダートGI3勝の輸入種牡馬ジヤツジアンジエルーチ(1983.2.22)がいます。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。