日本に輸入された凱旋門賞馬を辿る(其の陸)-ラムタラ(1992.2.2)&エリシオ(1993.1.24)-

Pedigree

ラムタラ(Lammtarra) 牡 栗毛 1992.2.2生~2014.7.7没 米国・Gainsborough Farm Inc生産 馬主・Saeed bin Maktoum al Maktoum 英国・Alex Scott厩舎→Saeed bin Suroor厩舎

ラムタラ(1992.2.2)の4代血統表

Nijinsky
鹿毛 1967.2.21
種付け時活性値:0.00
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic
黒鹿毛 1954.2.11
Nearco 1935.1.24
Lady Angela 1944
Natalma
鹿毛 1957.3.26
Native Dancer 1950.3.27
Almahmoud 1947.5.18
Flaming Page
鹿毛 1959.4.24
Bull Page
鹿毛 1947
Bull Lea 1935
Our Page 1940
Flaring Top
栗毛 1947
Menow 1935
Flaming Top 1941
Snow Bride
栗毛 1986.2.28
仔受胎時活性値:1.25
Blushing Groom
栗毛 1974.5.8
種付け時活性値:0.75
Red God
栗毛 1954.2.15
Nasrullah 1940.3.2
Spring Run 1948
Runaway Bride
鹿毛 1962
Wild Risk 1940
Aimee 1957
Awaasif
鹿毛 1979.5.27
仔受胎時活性値:1.50
Snow Knight
栗毛 1971.2.28
種付け時活性値:1.75
Firestreak 1956
Snow Blossom 1957
Royal Statute
鹿毛 1969.3.2
仔受胎時活性値:0.25
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
種付け時活性値:1.75
Queen’s Statute
鹿毛 1954
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer2×4、Nearco4×5、Menow4×5>

ラムタラ(1992.2.2)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
★Nijinsky
(Northern Dancer系)
Blushing Groom
(Red God系)
Snow Knight
(Pharis系)
◆Northern Dancer
(Nearctic系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Snow Knight
(Festuca)
4.50 母が英オークス馬
(No. 22-b)
2番仔
(2連産目)

*

1994年のワシントンシンガーS(英L。ニューベリー芝7F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 6 ラムタラ 牡2 54.4 W R Swinburn 1:28.26 A A Scott 2
2 2 Myself 牝2 54.9 John Reid 3/4 Peter Chapple-Hyam 1
3 7 Petoskin 牡2 57.2 B Raymond 3/4 Richard Hannon Snr 6
4 4 Daffaq I 牡2 54.4 W Carson 6 P T Walwyn 5
5 1 Wigberto 牡2 57.2 Frankie Dettori 1 1/2 David Loder 4

*

1995年の第216回英ダービー(GI。エプソムダウンズ芝12F10y)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 7 ラムタラ 牡3 57.2 W R Swinburn 2:32.31 Saeed bin Suroor 6
2 13 Tamure 牡3 57.2 Frankie Dettori 1 John Gosden 4
3 2 Presenting 牡3 57.2 C Asmussen 3/4 John Gosden 5
4 12 Fahal 牡3 57.2 Richard Hills 1 1/4 D Morley 10
5 15 Court of Honour 牡3 57.2 B Thomson 短アタマ Peter Chapple-Hyam 12

*

1995年の第45回”キング・ジョージ”(英GI。アスコット芝12F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 5 ラムタラ 牡3 54.9 Frankie Dettori 2:31.01 Saeed bin Suroor 1
2 7 ペンタイア 牡3 54.9 Michael Hills クビ G Wragg 3
3 1 Strategic Choice 牡4 60.3 T Quinn 1 1/2 Paul Cole 6
4 3 Winged Love 牡3 54.9 Olivier Peslier アタマ A Fabre 4
5 6 Broadway Flyer 牡4 60.3 Richard Hills アタマ J W Hills 5

*

1995年の第74回凱旋門賞(仏GI。ロンシャン芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 7 ラムタラ 牡3 56 Frankie Dettori 2:31.80 Saeed bin Suroor 1
2 3 Freedom Cry 牡4 59.5 Olivier Peslier 3/4 A Fabre 6
3 11 Swain 牡3 56 Mick Kinane 2 A Fabre 2
4 15Lando 牡5 59.5 M Roberts 1 1/2 H Jentzsch 12
5 4 Pure Grain 牝3 54.5 John Reid 2 1/2 Sir Michael Stoute 8

1995年の第74回凱旋門賞を制したのはラムタラ。「神の見えざる手」が差し伸べられた神々しいまでの栗毛馬は、父Nijinskyが成し得なかった凱旋門賞の勝利を遂げました。果たせるかなラムタラ、1994年のデビュー戦であるワシントンシンガーS、1995年の英ダービー、”キング・ジョージ”、そして凱旋門賞と4戦4勝の無敗を以て、競走馬としての物語を完結させました。凱旋門賞を制した折の鞍上であるランフランコ・デットーリ騎手は、凱旋門賞初制覇。後に騎手としての凱旋門賞最多勝-2019年時点で6勝-を遂げるデットーリ騎手、その勝利の最初の相棒がラムタラでした。

ラムタラと生まれ年を同じくする1992年生まれ世代は、クラシックディスタンスで活躍する馬が多く見られた印象も強くあります。代表馬たちの名前を挙げますと、、、

  1. ラムタラ(1992.2.2)
    →英ダービー(GI)、凱旋門賞(仏GI)、”キング・ジョージ”(英GI)。本稿の主役
  2. ピルサドスキー(1992.4.23)
    →ジャパンカップ(GI)、ブリーダーズカップ・ターフ(米GI)、英チャンピオンS(GI)、エクリプスS(英GI)、愛チャンピオンS(GI)、バーデン大賞(独GI)ほか
  3. Singspiel(1992.2.25)
    →ジャパンカップ(GI)、コロネーションC(英GI)、英インターナショナルS(GI)、カナディアンインターナショナルS(加GI)、ドバイワールドCほか
  4. Swain(1992.2.12)
    →”キング・ジョージ”(英GI)2回、コロネーションC(英GI)、愛チャンピオンS(GI)ほか
  5. ペンタイア(1992.4.12)
    →”キング・ジョージ”(英GI)、愛チャンピオンS(GI)ほか

などなど。同じ世代の馬たちで”キング・ジョージ”は4連覇、愛チャンピオンSも4連覇、凱旋門賞は3年連続連対。輪を掛けて、マイル路線では1995年のカルティエ賞年度代表馬Ridgewood Pearl(1992.3.11)もいた訳ですから、これは強い世代。

そんな中でもラムタラ。その黄金の輝きは、褪せることなく、人々の心の中で生き続けます。

[ラムタラ(1992.2.2)の主な競走成績]

  1. 英ダービー(GI)、凱旋門賞(仏GI)、”キング・ジョージ”(英GI)

通算4戦4勝。

Lammtarra

*

エリシオ(Helissio) 牡 鹿毛 1993.1.24生~2013.10.9没 仏国・Ecurie Skymarc Farm生産 馬主・Enrique Sarasola 仏国・Elie Lellouche厩舎

エリシオ(1993.1.24)の4代血統表
Fairy King
鹿毛 1982.3.4
種付け時活性値:0.50
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic
黒鹿毛 1954.2.11
Nearco 1935.1.24
Lady Angela 1944
Natalma
鹿毛 1957.3.26
Native Dancer 1950.3.27
Almahmoud 1947.5.18
Fairy Bridge
鹿毛 1975.5.4
Bold Reason
鹿毛 1968.4.8
Hail to Reason 1958.4.18
Lalun 1952
Special
鹿毛 1969.3.28
Forli 1963.8.10
Thong 1964.4.23
Helice
鹿毛 1988.4.4
仔受胎時活性値:1.00
Slewpy
黒鹿毛 1980.3.28
種付け時活性値:1.75
Seattle Slew
黒鹿毛 1974.2.15
Bold Reasoning 1968.4.29
My Charmer 1969.3.25
Rare Bouquet
栗毛 1963.5.10
Prince John 1953.4.6
Forest Song 1958.5.16
Hirondelle
鹿毛 1981.5.5
仔受胎時活性値:1.50
★Val de l’Orne
黒鹿毛 1972
種付け時活性値:0.00
Val de Loir 1959.5.7
Aglae 1965.5.28
Hermanville
鹿毛 1976.4.4
仔受胎時活性値:1.00
Cutlass
鹿毛 1970.4.26
種付け時活性値:1.25
Peaceful Lane
鹿毛 1971.2.17
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:なし>

エリシオ(1993.1.24)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Fairy King
(Northern Dancer系)
Slewpy
(Seattle Slew系)
Val de l’Orne
(Blandford系)
Cutlass
(Damascus系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Slewpy
(Fair Charmer)
4.50
(No. 10-c)
初仔?

*

1996年の第75回凱旋門賞(仏GI。ロンシャン芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 5 エリシオ 牡3 56 Olivier Peslier 2:29.90 E Lellouche 1
2 10 ピルサドスキー 牡4 59.5 W R Swinburn 5 Sir Michael Stoute 7
3 11 Oscar Schindler 牡4 59.5 C Asmussen 短クビ Kevin Prendergast 6
4 13 Swain 牡4 59.5 Thierry Jarnet 1 A Fabre 2
5 9 Luna Wells 牝3 54.5 Thierry Thulliez 1 1/2 A Fabre 13

1996年の第75回凱旋門賞を制したエリシオ。鞍上のオリビエ・ペリエ騎手の「凱旋門賞3連覇」はこのレースから始まりました。ペリエ騎手の日本での騎乗経験が活きたという大逃げによりライバルたちを圧倒。終わってみれば、2着のピルサドスキーに5馬身差の大楽勝でした。

そんなエリシオについては「カルティエ賞年度代表馬を辿る(其の陸)-エリシオ(1993.1.24)-」もご参照いただければ幸いです。

[エリシオ(1993.1.24)の主な競走成績]

  1. 凱旋門賞(仏GI)、サンクルー大賞(仏GI)2回、ガネー賞(仏GI)、リュパン賞(仏GI)、ニエル賞(仏GII)、ノアイユ賞(仏GII)
  2. ムーラン・ド・ロンシャン賞(仏GI)
  3. ジャパンカップ(GI)、”キング・ジョージ”(英GI)

通算13戦8勝、2着1回、3着2回。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。