思い出のGI1勝馬を辿る(其の拾壱)-サニングデール(1999.4.1)-

Pedigree

サニングデール 牡 黒鹿毛 1999.4.1生 静内・タイヘイ牧場生産 馬主・後藤繁樹氏 栗東・瀬戸口勉厩舎

サニングデール(1999.4.1)の4代血統表
ウォーニング
青鹿毛 1985.4.13
種付け時活性値:1.25
Known Fact
黒鹿毛 1977.3.15
In Reality
鹿毛 1964.3.1
Intentionally 1956.4.2
My Dear Girl 1957.2.17
Tamerett
黒鹿毛 1962.2.17
Tim Tam 1955.4.19
Mixed Marriage 1952
Slightly Dangerous
鹿毛 1979.4.8
Roberto
鹿毛 1969.3.16
Hail to Reason 1958.4.18
Bramalea 1959.4.12
Where You Lead
栗毛 1970.4.23
★Raise a Native 1961.4.18
Noblesse 1960
カディザデー
黒鹿毛 1988.5.23
仔受胎時活性値:0.50
Darshaan
黒鹿毛 1981.4.18
種付け時活性値:1.50
Shirley Heights
鹿毛 1975.3.1
Mill Reef 1968.2.23
Hardiemma 1969
Delsy
鹿毛 1972.3.20
Abdos 1959.5.18
Kelty 1965.2.28
Kadissya
鹿毛 1979.3.15
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Blushing Groom
栗毛 1974.4.8
種付け時活性値:1.00
Red God 1954.2.15
Runaway Bride 1962
Kalkeen
鹿毛 1974.2.18
仔受胎時活性値:1.00
Sheshoon
栗毛 1956
種付け時活性値:0.25
Gioia
鹿毛 1959
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:なし>

サニングデール(1999.4.1)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
ウォーニング
(Intent系)
Darshaan
(Mill Reef系)
Blushing Groom
(Red God系)
Sheshoon
(Hurry On系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
Darshaan
(カディザデー)
5.00 or 3.00伯父Kahyasi
(No. 5-e)
6番仔
(不受胎後)

*

2004年の第34回高松宮記念(GI。中京芝1200m)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破
時計
着差通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
13サニングデール牡557福永 祐一1:07.911-1134.2446
[-2]
瀬戸口 勉2
28デュランダル牡557池添 謙一1:07.9クビ17-1733.6458
[+6]
坂口 正大1
318キーンランドスワン牡557四位 洋文1:08.11 1/411-1134.3482
[-6]
森 秀行8
42ギャラントアロー牡457幸 英明1:08.1ハナ1-135.2502
[-6]
崎山 博樹4
57シーイズトウショウ牝455中舘 英二1:08.1ハナ6-534.7462
[+2]
鶴留 明雄3

2004年の第34回高松宮記念。サニングデール、前年2003年はシルクロードS(GIII)3着、阪急杯(GIII)2着、そして高松宮記念2着。当年2004年は初戦にダートのガーネットS(GIII)を使い7着、その後シルクロードS3着、阪急杯1着。阪急杯は3歳時のCBC賞(GII)以来1年2ヶ月振りの勝利であり、勢いを付けての本番・高松宮記念。1番人気は同じ1999年生まれ世代の「聖剣」デュランダル(1999.5.25)に譲りましたが、1着は譲らず。サニングデール、芝1200m7勝目、重賞5勝目が悲願のGI初勝利となりました。

サニングデールは直父系にMatchem(1748)系を持つ馬です。直父系にMatchem系を持つ馬による中央競馬のGI(級)レースの勝利は、1976年の第43回東京優駿を制したクライムカイザー(1973.5.22)以来、実に28年ぶりの出来事でした。クライムカイザーは中島国治氏の配合馬ですが、サニングデールの生産者であるタイヘイ牧場の代表者・六郎田靖氏は、中島氏が30万頭の馬のデータを調査された際の「戦友」だそうです。そんな中島氏と六郎田氏のエピソードを引いておきますと、

 実は、このヌレイエフには忘れられない思い出がある。1978年の夏の初めにタイヘイ牧場の六郎田靖氏が、キーンランドで馬を買うからセリ名簿から選んでみてくれ、と私が牧場へ行ったときに頼まれた。タイヘイ牧場には、アメリカン・スタッド・ブック、スタリオン・ブックなど調べるための書物が十分にあった。私は2週間の間牧場に泊まり込み、セリの出場馬を1頭ずつ綿密に調べて、そして選び出した馬がヌレイエフであった。

(中略)

六郎田氏が後に語ったのだが、「オヤジがノーザンダンサーを買いそこなって、オレがその仔(ヌレイエフ)を買いそこなった」と。実に不思議なことがあるものだ。

-KKベストセラーズ「競馬最強の法則」、1998年10月号、P87より抜粋-

タイヘイ牧場の生産馬には、時折、中島氏との関わりの名残を感じることがあります。という訳で、JBISにおけるタイヘイ牧場の主な産駒成績より、タイヘイ牧場の主な生産馬を確認してみますと、、、

タイヘイ牧場の主な生産馬
馬名
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
[料の遺伝]
4代血統構成
母父祖母父曾祖母父
GIサニングデール
(1999.4.1)
[5-e]
6番仔
(不受胎後)
[5.00 or 3.00]
ウォーニング
(Intent系)
Darshaan
(Mill Reef系)
Blushing Groom
(Red God系)
Sheshoon
(Hurry On系)
GIIフェイムオブラス
(1987.5.31)
[9-c]
3番仔
(3連産目)
[5.50 or 3.50]
ランズダーン
(Lyphard系)
カウアイキング
(Native Dancer系)
Double Jay
(Himyar系)
Sunny Boy
(Teddy系)
GIIユウセンショウ
(1992.5.13)
[19-a マイトアンドメイン系]
3番仔
(3連産目)
[4.25 or 2.25]
★ラグビーボール
(Northern Dancer系)
カツラノハイセイコ
(Rockefella系)
インデイアナ
(Nearco系)
Aggressor
(Bahram系)
GIIデンシャミチ
(2003.4.9)
[2-f ミスバンブトン系]
2番仔
(2連産目)
[5.75 or 3.75]
サクラバクシンオー
(Princely Gift系)
マルゼンスキー
(Nijinsky系)
リアルシヤダイ
(Roberto系)
パーソロン
(My Babu系)
GIIシルポート
(2005.3.24)
[3-n]
2番仔
(2連産目)
[4.75]
ホワイトマズル
(Lyphard系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
★Woodman
(Mr. Prospector系)
Danzig
(Northern Dancer系)
GIIサウンドオブハート
(2009.2.12)
[3-n]
7番仔
(3連産目)
[3.75]
アグネスタキオン
(サンデーサイレンス系)
★Caerleon
(Nijinsky系)
★Woodman
(Mr. Prospector系)
Danzig
(Northern Dancer系)
GIIカフェブリリアント
(2010.2.27)
[3-n]
8番仔
(4連産目)
[4.00]
★ブライアンズタイム
(Roberto系)
★Caerleon
(Nijinsky系)
★Woodman
(Mr. Prospector系)
Danzig
(Northern Dancer系)
GIIIベロナスポート
(1973.3.1)
[16-h カジヨール系]
7番仔?
(6連産目?)
[5.00]
テツソ
(Bahram系)
トリプリケート
(Sundridge系)
フランクリー
(Hyperion系)
ステーツマン
(Blandford系)
GIIIミスラデイカル
(1979.5.30)
[14-f シユーベリーズ系]
5番仔
(5連産目)
[4.50]
レツクスレンジヤー
(Bold Ruler系)
フイリユース
(Pharis系)
Curragh King
(Nasrullah系)
Bois Roussel
(St. Simon系)
GIIIラブシツクブルース
(1982.4.24)
[16-h カジヨール系]
3番仔
(3連産目)
[5.75 or 3.75]
★バーバー
(Princely Gift系)
テツソ
(Bahram系)
トリプリケート
(Sundridge系)
フランクリー
(Hyperion系)
GIIIダイワゲーリック
(1986.5.24)
[9-c]
2番仔
(2連産目)
[5.25 or 3.25]
ランズダーン
(Lyphard系)
カウアイキング
(Native Dancer系)
Double Jay
(Himyar系)
Sunny Boy
(Teddy系)
J・GIゴーカイ
(1993.5.6)
[19-a マイトアンドメイン系]
4番仔
(4連産目)
[2.50]
ジヤツジアンジエルーチ
(Bold Ruler系)
カツラノハイセイコ
(Rockefella系)
インデイアナ
(Nearco系)
Aggressor
(Bahram系)
J・GIユウフヨウホウ
(1997.3.19)
[19-a マイトアンドメイン系]
7番仔
(2連産目)
[3.50]
ラグビーボール
(Northern Dancer系)
カツラノハイセイコ
(Rockefella系)
インデイアナ
(Nearco系)
Aggressor
(Bahram系)

ゴーカイに抜き出してみましたが、なんだか、それっぽい馬が揃っていますね。古くはベロナスポート&ラブシックブルース母娘、近年ではサウンドオブハート&カフェブリリアント姉妹に見られるような0交配を重ねる配合、ユウセンショウ&ゴーカイ&ユウフヨウホウ兄弟のようにネオ異系を組み込む配合、ダイワゲーリック&フェイムオブラス全兄妹のように米国血脈を組み込む配合。そして、ズバリ異系であるMatchem系を4代血統構成のうち2系に配したのが、サニングデール。

また、配合とは直接関係ありませんが、タイヘイ牧場は小田切有一オーナーとの結び付きも強い印象があります。上表ではフェイムオブラス、デンシャミチ、ミスラディカルの3頭が小田切オーナーの持ち馬です。小田切オーナーとの縁もあってラグビーボールの種付けをされて生産されたのが、ユウセンショウ&ユウフヨウホウ兄弟というところでしょうか。

#余談。ラグビーボールは、中島氏が保手浜忠弘氏に購入を薦められた馬だったそうです(参考WEB)。

*

父がMatchem系のウォーニング、伯父に英ダービー(GI)馬Kahyasi(1985.4.2)という血筋から日本軽種馬協会の種馬場で供用されているサニングデール。21歳ですが、まだまだ現役の種牡馬です。

サニングデール(JPN):日本軽種馬協会
日本軽種馬協会:サニングデール(JPN)のページです。

願わくは、その異系の血が、サラブレッドの血統表のどこかでつながることを祈っています。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[サニングデール(1999.4.1)の主な競走成績]

  1. 高松宮記念(GI)、CBC賞(GII)、阪急杯(GIII)、函館スプリントS(GIII)、ファルコンS(GIII)
  2. 高松宮記念(GI)、阪急杯(GIII)
  3. JBCスプリント(統一GI)、シルクロードS(GIII)2回、セントウルS(GIII)

通算27戦7勝、2着4回、3着4回。

*

マイシンザン
マイシンザン

「思ったよりも長い記事になってしまった……」って、このサイトの管理人が言ってたわ。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

タイヘイ牧場さんの活躍馬を列記してしまいましたからね。

マイシンザン
マイシンザン

やり始めたら引けなくなったパターンやね。