ニホンピロウイナー(1980.4.27)-五十音にて名馬を辿る(No.22)-

Series

ニホンピロウイナー 牡 黒鹿毛 1980.4.27生~2005.3.17没 門別・佐々木節哉氏生産 馬主・小林百太郎氏 栗東・服部正利厩舎

ニホンピロウイナー(1980.4.27)の4代血統表
ステイールハート
黒鹿毛 1972.3.25
種付け時活性値:1.75【7】
Habitat
鹿毛 1966.5.4
Sir Gaylord
黒鹿毛 1959.2.12
Turn-to 1951
Somethingroyal 1952.3.12
Little Hut
鹿毛 1952
Occupy 1941
Savage Beauty 1934
A. 1
芦毛 1963
★Abernant
芦毛 1946
Owen Tudor 1938
Rustom Mahal 1934
Asti Spumante
栗毛 1947
Dante 1942
Blanco 1932
ニホンピロエバート
鹿毛 1974.3.17
仔受胎時活性値:1.25【5】
チヤイナロツク
栃栗毛 1953
種付け時活性値:1.00【20】
Rockefella
黒鹿毛 1941
Hyperion 1930.4.18
Rockfel 1935
May Wong
栗毛 1934
Rustom Pasha 1927
Wezzan 1924
ライトフレーム
黒鹿毛 1959.3.15
仔受胎時活性値:1.50【14】
ライジングフレーム
黒鹿毛 1947
種付け時活性値:0.75【11】
The Phoenix 1940
Admirable 1942
グリンライト
栗毛 1947.4.6
仔受胎時活性値:0.75【11】
ダイオライト
黒鹿毛 1927
種付け時活性値:0.75【19】
栄幟
鹿毛 1938
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【8】

<5代血統表内のクロス:Hyperion4×5、Rustom Pasha4×5、Nearco5×5>

ニホンピロウイナー(1980.4.27)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
ステイールハート
(Habitat系)
チヤイナロツク
(Rockefella系)
ライジングフレーム
(Cyllene系)
ダイオライト
(Orby系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
ステイールハート
(Little Hut)
5.50 or 3.50伯父キタノカチドキ
(No. 3-l フロリースカツプ系)
3番仔
(3連産目)

*

1984年の第1回マイルチャンピオンシップ(GI。京都芝1600m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名性齢騎手走破
時計
着差調教師
13ニホンピロウイナー牡4河内 洋1:35.3服部 正利1
212ハッピープログレス牡6田原 成貴1:35.41/2山本 正司3
311ダイゼンシルバー牡3西浦 勝一1:35.82・1/2中村 好夫2
44シャダイソフィア牝4猿橋 重利1:36.11・3/4渡辺 栄5
516ヤマノシラギク牝5松田 幸春1:36.31・1/4大久保 正陽7

*

1985年の第35回安田記念(GI。東京芝1600m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名性齢騎手走破
時計
着差調教師
17ニホンピロウイナー牡5河内 洋1:35.1服部 正利1
25スズマッハ牡4大崎 昭一1:35.23/4仲住 芳雄9
38ジムベルグ牝4東 信二1:35.41・1/4飯塚 好次14
49マルタカストーム牡4菅原 泰夫1:35.61・1/4本郷 一彦11
517ギャロップダイナ牡5柴崎 勇1:35.6クビ矢野 進10

*

1985年の第2回マイルチャンピオンシップ(GI。京都芝1600m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名性齢騎手走破
時計
着差調教師
13ニホンピロウイナー牡5河内 洋1:35.3服部 正利1
22トウショウペガサス牡6田原 成貴1:35.83奥平 真治4
38エーコーフレンチ牡4田島 信行1:35.9クビ安田 伊佐夫5
41ドウカンテスコ牡3大塚 栄三郎1:35.9ハナ田中 朋次郎10
514ウエスタンファイブ牝3東 信二1:36.22境 勝太郎2

*

20世紀最高の内国産マイラー、ニホンピロウイナー。通算26戦16勝、2着3回、3着1回。こと1600m以下ならば18戦14勝、2着3回。ただ1回の着外となった、現年齢表記3歳6月に挑んだ古馬相手の阪急杯9着も、落鉄の影響があったということ。恐るべしは、その短距離における才能。

豊かなスピードは代を経ても受け継がれ、ヤマニンゼファー(1988.5.27)フラワーパーク(1992.5.8)の2頭のGI勝ち馬をはじめ、重賞勝ち馬を数多く輩出しました。GI勝ちを収めた代表産駒2頭はもちろん印象深いのですが、晩年に送り込んだ「鬼っ子」メガスターダム(1999.4.2)には驚かされました。まま、メガスターダムも初勝利となった2歳未勝利戦の京都芝1400mで1分21秒4の快時計勝ちを収めた時は、ニホンピロウイナーの仔らしさを見せていたのです^^;

「京都芝1400mで1分21秒4の快時計勝ち」と言いますと、ニホンピロウイナーが最も強い競馬をしたと言われる1984年のスワンS(GII)が、まさにその「京都芝1400mで1分21秒4の快時計勝ち」で当時のレコードタイムでした。どんなコースでも強さを見せたニホンピロウイナーですけれど、こと京都競馬場について言うならば、7戦7勝。マイル王の威厳が遺憾なく発揮されたコースだったのでした。

*

では、以下にニホンピロウイナーのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

ライトフレーム 1959.3.15 不出走
|キタノカチドキ 1971.3.27 11勝 皐月賞、菊花賞を含む重賞9勝
|ニホンピロエバート 1974.3.17 1勝
||ニホンピロウイナー 1980.4.27 (本馬) 16勝 安田記念(GI)、マイルチャンピオンシップ(GI)2回を含む重賞10勝
||ニホンピロピュアー 1985.3.15 2勝
|||ニホンピロスワン 1997.4.29 3勝 ローズS(GII)
||テイエムメデル 1991.4.21 2勝
|||テイエムサウスポー 1998.5.14 2勝 京王杯3歳S(GII)ほか
|リードスワロー 1975.2.20 5勝 エリザベス女王杯、阪急杯

私が初めて購入した月刊『優駿』は1993年7月号。その号ではスティールハート、ニホンピロウイナー、ヤマニンゼファーと3代続いた短距離GI勝ち父仔の特集が組まれており、ニホンピロウイナーの祖母ライトフレームについてのエピソードが紹介されていました。ライトフレームは受胎しにくい体質だったそうで、生産者の佐々木節哉さんが苦慮した結果、厳冬期の山中で放し飼いをされた末に発情がやって来たそうです。その後に生産されたのが、キタノカチドキ、ニホンピロエバート、リードスワローという「賢兄賢妹」のきょうだい馬たちでした。

キタノカチドキ(1971.3.27)-優駿賞年度代表馬を辿る(No.3)-
キタノカチドキ 牡 鹿毛 1971.3.27生~1983.9.7没 門別・佐々木節哉氏生産 馬主・初田豊氏 栗東・服部正利厩舎

*

ニホンピロウイナーが現在を以て語り続けられるのは、短距離というカテゴリーの王者でありながら、その地位に甘んずることなく「挑戦者」であったからではないでしょうか。絶対皇帝と共に走ることを承知で挑んだ東京芝2000m、1985年の第92回天皇賞・秋(GI)。「あっと驚く」ギヤロツプダイナ(1980.4.25)の1分58秒7のレコード駆けから惜しくも0秒2差、ウインザーノツト(1980.3.3)と同着3着だったとは言え、マイル王の矜持は見せました。

スペシャリストからゼネラリストを目指したニホンピロウイナー。自身はGIでは遂げられませんでしたけれど、息子ヤマニンゼファーが見事にその精神を受け継いで、成就しました。息子が1993年の第108回天皇賞・秋を制した折の勝ち時計は1分58秒9。父が8年前に走破した際と同じタイムで、雪辱を果たしたのでした。

年度代表馬の同期生を辿る(其の伍)-ヤマニンゼファー(1988.5.27)-。
ヤマニンゼファー 牡 鹿毛 1988.5.27生 新冠・錦岡牧場生産 馬主・土井肇氏 美浦・栗田博憲厩舎

*

果たして、内国産馬でニホンピロウイナーほど長きに渡り信頼を置かれるマイル王が再び現れるでしょうか。日本中央競馬会の競馬番組改革に合わせるかのようにして現れた「時代の申し子」ニホンピロウイナー、真に不世出の名馬でした。

 

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

[ニホンピロウイナー(1980.4.27)の主な競走成績]

  1. 安田記念(GI)、マイルチャンピオンシップ(GI)2回、京王杯スプリングC(GII)、マイラーズC(GII)、スワンS(GII)、デイリー杯3歳S、朝日チャレンジC(GIII)、CBC賞、きさらぎ賞
  2. 阪神3歳S、マイラーズC(GII)
  3. 天皇賞・秋(GI)

通算26戦16勝、2着3回、3着1回。

20世紀の名馬 第95位 ニホンピロウイナー
20世紀の名馬 第95位 ニホンピロウイナー 順位が低いのは多分昔の馬だから。   競馬動画→mylist/7354219

*

 

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

「正直に白状すると”別企画”においてニホンピロウイナーを紹介するつもりで、記事を下書きしていました」って、このサイトの管理人が言っていました。

 

マイシンザン
マイシンザン

そうか。同じ冠名「ニホンピロ」のニホンピロアワーズ(2007.5.3)とニホンピロジュピタ(1995.5.3)を紹介した記事でも、同じようなフレーズを聞いたな。

ニホンピロアワーズ(2007.5.3)-思い出のGI1勝馬を辿る(其の拾玖)+α-
ニホンピロアワーズ 牡 青鹿毛 2007.5.3生 新ひだか町・片岡牧場生産 馬主・小林 百太郎氏 栗東・大橋 勇樹厩舎 ニホンピロジュピタ 牡 鹿毛 1995.5.3生~2000.5.9没 浦河町・橋爪 松夫氏生産 馬主・小林 百太郎氏 栗東・目野 哲也厩舎
ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

ええ。で、ニホンピロウイナーさんの記事は2019年11月時点から下書き保存していたらしいです。

マイシンザン
マイシンザン

ああ。2019年11月と言えば、タケノベルベット(1989.3.13)さんの記事で

思い出のGI1勝馬を辿る(其の壱)-タケノベルベット(1989.3.13)-
タケノベルベット 牝 黒鹿毛 1989.3.13生~2014.2.28没 静内・武岡牧場生産 馬主・武岡大佶氏 栗東・小林稔厩舎
ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

ええ。他にも企画があるみたいですけれど、発作的に書いてしまった其の零により、「思い出のGI1勝馬を辿る」の企画を優先してアップしたそうです。

 

マイシンザン
マイシンザン

って、おまはんが伝えてくれていたな。”別企画”があるものの、発作的な企画を優先させてしまったので、ニホンピロウイナーさんの下書きを3年近く保存していた訳やね。

 

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

はい。そうして「五十音にて名馬を辿る」シリーズにおいて、ようやく日の目を見たニホンピロウイナーさんの記事です。

マイシンザン
マイシンザン

そうなると”別企画”の行く末が気になるが、どうするかはこのサイトの管理人次第やな……。