中島国治氏関連馬(其の肆)-トロットサンダー(1989.5.10)-

中島国治氏関連馬

トロットサンダー 牡 鹿毛 1989.5.10生~2004.11.20没 鵡川・フラット牧場生産 馬主・(有)有匡→藤本照男氏 浦和・津金沢正男厩舎→美浦・相川勝敏厩舎→内藤一雄厩舎→相川勝敏厩舎

トロットサンダー(1989.5.10)の4代血統表
ダイナコスモス
鹿毛 1983.3.25
種付け時活性値:1.25【5】
ハンターコム
黒鹿毛 1967
Derring-Do
鹿毛 1961
Darius 1951
Sipsey Bridge 1954
Ergina
黒鹿毛 1957
★Fair Trial 1932
Ballechin 1949
シヤダイワーデン
栗毛 1977.4.26
ノーザンテースト
栗毛 1971.3.15
Northern Dancer 1961.5.27
Lady Victoria 1962.2.20
シヤダイプリマ
鹿毛 1970.2.11
マリーノ 1956.3.6
ナイトアンドデイ 1962.3.28
ラセーヌワンダ
栃栗毛 1969.3.24
仔受胎時活性値:0.75【19】
テスコボーイ
黒鹿毛 1963
種付け時活性値:1.25【5】
Princely Gift
鹿毛 1951
Nasrullah 1940.3.2
Blue Gem 1943
Suncourt
黒鹿毛 1952
Hyperion 1930.4.18
Inquisition 1936
ラ・セーヌ
栗毛 1956.6.3
仔受胎時活性値:1.00【12】
リンボー
鹿毛 1949.4.23
種付け時活性値:1.50【6】
War Admiral 1934.5.2
Boojie 1943
ラシフオード
鹿毛 1942.3.12
仔受胎時活性値:1.25【13】
★アスフオード
鹿毛 1925
種付け時活性値:0.00【16】
ラシモア
鹿毛 1934
仔受胎時活性値:1.75【7】

<5代血統表内のクロス:なし>

トロットサンダー(1989.5.10)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ダイナコスモス
(Dante系)
テスコボーイ
(Princely Gift系)
リンボー
(Man o’ War系)
アスフオード
(Blandford系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
リンボー
(ラセーヌワンダ)
4.75
(【19】+【12】+【13】+【7】)

(No. 1-b フラストレート系)
14番仔
(不受胎後)

*

1995年の府中S(東京芝1600m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 11 トロットサンダー 牡6 56 横山典弘 1:33.8 7-6 35.3 474
[+6]
相川勝敏 1
2 13 シンコウキング 牡4 56 岡部幸雄 1:34.2 2.1/2 2-2 36.0 460
[0]
藤沢和雄 2
3 12 ショウリノメガミ 牝4 54 武豊 1:34.4 1.1/2 5-4 36.0 468
[0]
武邦彦 3
4 4 トーワウィナー 牡5 57 田中勝春 1:34.6 1.1/4 1-1 36.5 512
[+2]
佐山優 6
5 9 シャインフォード 牡4 56 橋本広喜 1:34.6 ハナ 16-16 35.0 434
[+2]
宗像義忠 8
1995年の府中S(東京芝1600m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
13.0 – 10.9 – 11.1 – 11.5 – 11.6 – 11.9 – 12.1 – 11.7
ラップの
累計タイム
13.0 – 23.9 – 35.0 – 46.5 – 58.1 – 1:10.0 – 1:22.1 – 1:33.8
上り 4F 47.3 – 3F 35.7

1着2着が後のGI勝ち馬、3着4着が後の重賞2勝馬、5着も後にGIII2着と、時が下って振り返れば豪華な準オープンのマイル戦。1番人気で勝ち切ったのはダイナコスモスの仔、トロットサンダー。

#このレースの10着から12着は順にインタークレバー(1991.4.4)、インターユニーク(1991.2.26)、ドージマムテキ(1990.3.31)と、後のオープン馬が名前を連ねます。本当に豪華な一戦でした。

*

1995年の第12回マイルチャンピオンシップ(GI。京都芝1600m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢 騎手 走破
時計
着差 調教師
1 13 トロットサンダー 牡6 横山 典弘 1:33.7 相川 勝敏 4
2 18 メイショウテゾロ 牡3 上篭 勝仁 1:33.9 1・1/4 星川 薫 16
3 1 ヒシアケボノ 牡3 角田 晃一 1:33.9 クビ 佐山 優 2
4 5 ビコーペガサス 牡4 武 豊 1:34.0 3/4 柳田 次男 1
5 7 トーワダーリン 牝5 猿橋 重利 1:34.1 クビ 佐山 優 13
1995年の第12回マイルチャンピオンシップ(GI。京都芝1600m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.3 – 10.7 – 11.2 – 11.7 – 11.7 – 11.5 – 11.9 – 12.7
ラップの
累計タイム
12.3 – 23.0 – 34.2 – 45.9 – 57.6 – 1:09.1 – 1:21.0 – 1:33.7
上り 4F 47.8 – 3F 36.1

1995年の第12回マイルチャンピオンシップ。第11回までは1番人気が必ず連対を果たしており「日本一堅いGIレース」だったマイルチャンピオンシップ、その神話が崩れてしまった第12回を制したのは、4番人気のトロットサンダー。出負け加減の発馬から道中は後方を進むと、直線では外から豪快な末脚を発揮。出走18頭中唯1頭の上がり3ハロン34秒台を繰り出して、16番人気(!!)のシンザン記念(GIII)勝ち馬メイショウテゾロ(1992.4.25)に1と4分の1馬身差を着けての快勝でした。

4番人気と16番人気の決着により、馬連104,390円というJRA・GIレース史上2位(当時)の大荒れの払い戻しとなりました。私の記憶が確かならば、メイショウテゾロの松本好雄オーナーは、この馬券を取られたはずです。翌日のスポーツ新聞で記事になっていたように覚えています。

*

1996年の第46回東京新聞杯(GIII。東京芝1600m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 11 トロットサンダー 牡7 58 横山典弘 1:34.4 9-8 34.1 472
[-2]
内藤一雄 1
2 6 メイショウユウシ 牡5 56 蛯名正義 1:34.5 クビ 3-3 34.8 470
[+2]
伊藤雄二 5
3 14 フジノマッケンオー 牡5 57 岡部幸雄 1:34.7 1.1/2 7-5 34.7 502
[+2]
中村好夫 4
4 3 トライディード 牡6 54 蛯沢誠治 1:34.9 1.1/2 11-13 34.2 470
[0]
加藤修甫 9
5 15 サイレントキラー 牡4 54 橋本広喜 1:35.0 1/2 5-5 35.1 540
[+6]
藤沢和雄 8
1996年の第46回東京新聞杯(GIII。東京芝1600m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.5 – 11.3 – 11.9 – 11.8 – 11.9 – 11.9 – 11.6 – 11.5
ラップの
累計タイム
12.5 – 23.8 – 35.7 – 47.5 – 59.4 – 1:11.3 – 1:22.9 – 1:34.4
上り 4F 46.9 – 3F 35.0

トロットサンダー、GI勝ち馬として臨んだ現年齢表記7歳の初戦は東京芝1600mのGIII、東京新聞杯。メイショウユウシ(1991.3.28)との競り合いを振り切り「クビ」だけ先着したのは、サスガにGI馬の貫禄。斤量58kgもなんのその、単勝2.2倍の1番人気に応えました。

*

1996年の第46回安田記念(GI。東京芝1600m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢 騎手 走破
時計
着差 調教師
1 12 トロットサンダー 牡7 横山 典弘 1:33.1 相川 勝敏 1
2 8 タイキブリザード 牡5 岡部 幸雄 1:33.1 ハナ 藤沢 和雄 3
3 2 ヒシアケボノ 牡4 角田 晃一 1:33.2 クビ 佐山 優 12
4 9 ジェニュイン 牡4 田中 勝春 1:33.4 1・1/2 松山 康久 6
5 6 ビコーペガサス 牡5 的場 均 1:33.6 1 柳田 次男 8
1996年の第46回安田記念(GI。東京芝1600m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.4 – 10.9 – 11.1 – 11.4 – 11.8 – 12.1 – 11.6 – 11.8
ラップの
累計タイム
12.4 – 23.3 – 34.4 – 45.8 – 57.6 – 1:09.7 – 1:21.3 – 1:33.1
上り 4F 47.3 – 3F 35.5

1996年の第46回安田記念。出走17頭中8頭がGI馬という超豪華メンバーが揃った一戦、単勝3.4倍の1番人気に推されたのは戦前までマイル戦7戦7勝、マル父の星トロットサンダー。

トロットサンダーと横山典弘騎手、道中はお決まりの後方待機。直線、大外に持ち出すと、力強く脚を伸ばしました。内ラチ沿いで逃げ粘るヒシアケボノ(1992.2.27)と角田晃一騎手、馬場中央を抜け出しに掛かるタイキブリザード(1991.3.12)と岡部幸雄騎手、そしてその2頭をまとめて外から交わそうとするトロットサンダーと横山騎手。最後の最後の決勝点、緑のメンコを着けた鹿毛の流星、緑の帽子、「黄、黒襷、袖桃縦縞」の勝負服が、「ハナ」「クビ」の勝負を僅かに制していました。

外国産馬や、猛威を振るい始めたサンデーサイレンス(1986.3.25)の血にも負けない。父内国産のマイルの申し子が、並み居る強豪を蹴散らして、1番人気に応えたという結末でした。

#この第46回安田記念は、フジテレビの青嶋達也アナウンサーのGIレース初実況でした。好メンバーが揃い名勝負だったこともあり、レース後に「光栄です」とおっしゃっていたことを覚えています。

*

トロットサンダー、マイル戦は生涯不敗の8戦8勝。

1400mでもなく、1800mでもなく、1600mのスペシャリスト。

そのマイル戦を勝ち切る姿、20年以上が過ぎた今も、鮮やかに記憶に残っています。

トロットサンダー、忘れ難き名マイラーでした。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[トロットサンダー(1989.5.10)の主な競走成績]

  1. 安田記念(GI)、マイルチャンピオンシップ(GI)、東京新聞杯(GIII)
  2. 京王杯スプリングC(GII)、毎日王冠(GII)

通算22戦15勝、2着2回、3着2回。

20世紀の名馬 第61位 トロットサンダー - ニコニコ動画
20世紀の名馬 第61位 トロットサンダー 生まれてから死ぬまで、レース以外ずっと不幸続きだったことが可哀想でならない。   競馬動画→mylist...