シンボリルドルフ(1981.3.13)-ジャパンカップ(GI)の勝ち馬を辿る(No.5)+α-

Series

シンボリルドルフ(Symboli Rudolf) 牡 鹿毛 1981.3.13生~2011.10.4没 門別・シンボリ牧場生産 馬主・シンボリ牧場 美浦・野平祐二厩舎

シンボリルドルフ(1981.3.13)の4代血統表
パーソロン
鹿毛 1960
種付け時活性値:1.00【20】
Milesian
鹿毛 1953
My Babu
鹿毛 1945.3.2
Djebel 1937
Perfume 1938
Oatflake
鹿毛 1942
Coup de Lyon 1930
Avena 1936
Paleo
鹿毛 1953
★Pharis
黒鹿毛 1936
Pharos 1920.4.4
Carissima 1923
Calonice
栗毛 1940
Abjer 1933
Coronis 1935
スイートルナ
栗毛 1972.5.4
仔受胎時活性値:2.00【8】

スピードシンボリ
黒鹿毛 1963.5.3
種付け時活性値:0.00【8】
ロイヤルチヤレンヂヤー
栗毛 1951
★Royal Charger 1942
Skerweather 1936
スイートイン
鹿毛 1958.2.23
ライジングライト 1942
フイーナー 1949
ダンスタイム
鹿毛 1957
仔受胎時活性値:1.50【14】
Palestine
芦毛 1947
種付け時活性値:0.25【9】
Fair Trial 1932
Una 1930
Samaritaine
芦毛 1949
仔受胎時活性値:1.75【7】
Maravedis
鹿毛 1931
種付け時活性値:0.25【17】
Sarita
芦毛 1936
仔受胎時活性値:1.00【12】

<5代血統表内のクロス:Tourbillon5×5(父方)>

シンボリルドルフ(1981.3.13)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
パーソロン
(My Babu系)
★スピードシンボリ
(Royal Charger系)
Palestine
(Fairway系)
Maravedis
(St.Simon系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
パーソロン
(My Babu)
6.25 全兄シンボリフレンド
(No. 11-c)
4番仔
(不受胎後)

*

1985年の第5回ジャパンカップ(GI。東京芝2400m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢 騎手 走破
時計
着差 調教師
1 15 シンボリルドルフ 牡4 岡部 幸雄 2:28.8 野平 祐二 1
2 12 ロッキータイガー 牡4 桑島 孝春 2:29.1 1・3/4 泉 孝 11
3 8 ザフィルバート せん5 G.フィリップス 2:29.3 1 D.コーチマン 13
4 9 アリダーズベスト 牝3 W.カーソン 2:29.5 1・1/2 J.ゴスデン 5
5 4 ドーン 牡4 P.ギルソン 2:29.6 3/4 T.グリーパー 9

1985年の第5回ジャパンカップ。ジャパンカップ史上初の「1番人気馬による勝利」を収めたのは、皇帝シンボリルドルフ。雨も、重馬場も、全くいとやせず。その前走天皇賞・秋(GI)では、東京芝2000mの難しいコース形態もあり、仇となった大外枠。同じく大外枠、ピンクの帽子も東京芝2400mでは問題なし。泥だらけになりながらも、悠然と駆けて、快勝。2着にも南関東・船橋の雄であるロッキータイガー(1981.5.12)が突っ込み、これまたジャパンカップ史上初の「日本馬によるワンツーフィニッシュ」が遂げられたのでした。と同時に、ロッキータイガーにより、日本の地方競馬所属馬による初めてのジャパンカップ連対が果たされたということでもありますね。うぉ、名手・桑島孝春の唸る右腕、水車ムチ。

なお、このレースから7年後、シンボリルドルフはもうひとつジャパンカップ史上初を付け加えることになります。同じく大外枠、ピンクの帽子、岡部幸雄騎手を背にした孝行息子により「父仔制覇」を遂げたのでした。

*

[シンボリルドルフ(1981.3.13)の主な競走成績]

  1. 東京優駿(GI)、ジャパンカップ(GI)、有馬記念(GI)2回、皐月賞(GI)、菊花賞(GI)、天皇賞・春(GI)、日経賞(GII)、セントライト記念(GIII)、弥生賞(GIII)
  2. 天皇賞・秋(GI)
  3. ジャパンカップ(GI)

通算16戦13勝、2着1回、3着1回。

シンボリルドルフ(1981.3.13)-三冠馬を辿る(No.4)-
シンボリルドルフ 牡 鹿毛 1981.3.13生~2011.10.4没 門別・シンボリ牧場生産 馬主・シンボリ牧場 美浦・野平祐二厩舎

*

という訳で、日本の地方競馬所属馬による初めてのジャパンカップ連対を果たした馬の4代血統表も併せてご案内しておきます。

ロッキータイガー(Rocky Tiger) 牡 黒鹿毛 1981.5.12生~2007.4.2没 新冠・松浦牧場生産 馬主・児玉孝氏 船橋・泉孝厩舎

ロツキータイガー(1981.5.12)の4代血統表
ミルジヨージ
鹿毛 1975.4.12
種付け時活性値:1.25【5】
Mill Reef
鹿毛 1968.2.23
Never Bend
鹿毛 1960.3.15
Nasrullah 1940.3.2
Lalun 1952
Milan Mill
鹿毛 1962.2.10
Princequillo 1940
Virginia Water 1953.4.18
Miss Charisma
鹿毛 1967
Ragusa
鹿毛 1960
Ribot 1952.2.27
Fantan 1952
マタテイナ
鹿毛 1960
Grey Sovereign 1948
Zanzara 1951
ロツキーハーバ
鹿毛 1974.3.16
仔受胎時活性値:1.50【6】
シーカー
黒鹿毛 1964.2.25
種付け時活性値:0.25【9】
Sicambre
黒鹿毛 1948
Prince Bio 1941
Sif 1936
Arbela
鹿毛 1957
Pharis 1936
Arbele 1949
スズナル
鹿毛 1966.4.20
仔受胎時活性値:1.75【7】
★タリヤートス
黒鹿毛 1957
種付け時活性値:0.00【8】
Tulyar 1949.5.12
Certosa 1951
クインフオツクス
鹿毛 1960.3.23
仔受胎時活性値:1.25【5】
リンボー
鹿毛 1949.4.23
種付け時活性値:0.50【10】
フジフオツクス
鹿毛 1955.3.20
仔受胎時活性値:1.00【4】

<5代血統表内のクロス:Nasrullah4×5(父方)、Prince Rose5×5>

ロツキータイガー(1981.5.12)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ミルジヨージ
(Mill Reef系)
シーカー
(Prince Bio系)
タリヤートス
(Bois Roussel系)
リンボー
(Man o’ War系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ミルジヨージ
(マタテイナ)
5.50
(No. 3-d イヴオンヌフオツクス系)
2番仔?
(2連産目?)

*

[ロッキータイガー(1981.5.12)の主な競走成績]

  1. 帝王賞、ダイオライト記念、東京王冠賞、東京記念、金盃、報知グランプリC
  2. ジャパンカップ(GI)、東京大賞典、東京ダービー
  3. 金盃、NTV盃、報知オールスターC、羽田盃

通算25戦10勝、2着6回、3着5回。

日刊競馬で振り返るGI - 1985年ジャパンカップ(ロッキータイガー)

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。