コーネルランサー(1971.4.16)-自分の生まれ日に東京優駿を制した馬を辿る(No.3)-

Pedigree

コーネルランサー 牡 栗毛 1971.4.16生~1991.9.16没 荻伏・大島牧場生産 馬主・久保谷唯三氏 東京・勝又忠厩舎

コーネルランサー(1971.4.16)の4代血統表
セダン
鹿毛 1955.3.9
種付け時活性値:1.75
Prince Bio
鹿毛 1941
Prince Rose
鹿毛 1928
★Rose Prince 1919
Indolence 1920
Biologie
栗毛 1935
Bacteriophage 1929
Eponge 1929
Staffa
鹿毛 1948
Orsenigo
鹿毛 1940
Oleander 1924
Ostana 1930
Signa
鹿毛 1939
Ortello 1926
Superga 1931
エオス
栗毛 1959.4.15
仔受胎時活性値:0.75
ブツフラー
栗毛 1952
種付け時活性値:1.50
★Prince Chevalier
鹿毛 1943
Prince Rose 1928
Chevalerie 1933
Monsoon
鹿毛 1941
Umidwar 1931
Heavenly Wind 1937
ミスハイペリオン
栗毛 1950.4.8
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Khaled
黒鹿毛 1943
種付け時活性値:1.50
Hyperion 1930.4.18
Eclair 1930
Mad Joss
栗毛 1933
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Bunting
鹿毛 1919
種付け時活性値:1.25
Jostle
栗毛 1927
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Prince Rose3×4>

コーネルランサー(1971.4.16)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
セダン
(Prince Bio系)
ブツフラー
(Prince Chevalier系)
Khaled
(Hyperion系)
Bunting
(Himyar系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
セダン 6.00 or 4.00 or 2.00 伯父ヘリオス
(No. 2-n)
7番仔
(7連産目)

*

1974年5月26日に行われた第41回東京優駿(東京芝2400m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢 騎手 走破
時計
着差 調教師
1 5 コーネルランサー 牡3 中島 啓之 2:27.4 勝又 忠 2
2 14 インターグツド 牡3 笹倉 武久 2:27.4 ハナ 石栗 龍雄 6
3 19 キタノカチドキ 牡3 武 邦彦 2:27.6 1 服部 正利 1
4 3 スリーヨーク 牡3 稲部 和久 2:27.9 2 諏訪 佐市 13
5 11 エクセルラナー 牡3 嶋田 潤 2:28.6 4 藤本 冨良 7

小さな馬体に大きな闘志を秘めて、コーネルランサー。馬名の英字綴の意味を解せば「大佐の槍騎兵」、その一刺しは大一番で発揮され、決勝点で「ハナ」差の勝負を勝ち切りました。映像を見れば、いったんは外のインターグツド(1971.3.30)が完全に先んじているのに、敢然と差し返したその勝負根性。そうしてコーネルランサー、鞍上の中島啓之騎手に東京優駿初制覇と共に、啓之騎手の父である中島時一騎手が第6回のヒサトモ(1934.4.23)で勝利を収めていることにより、東京優駿史上初の「父子ダービージョッキー」を贈ったのでした。

コーネルランサーはその勝負根性と共に、いざとなった際の時計勝負での強さも目を見張ります。現年齢表記2歳時の最終戦となったひいらぎ賞は中山芝1600mを1分34秒6で制しています。コーネルランサーの3歳年下の「スーパーカー」マルゼンスキー(1974.5.19)が朝日杯3歳Sを制した際のタイムが1分34秒4ですから、コーネルランサーの1分34秒6も相当に速い。そしてまた第41回東京優駿を制した際の東京芝2400mの走破時計2分27秒4は、前年の第40回を制したタケホープ(1970.3.24)の2分27秒8を0秒4上回るダービーレコードでした。

またコーネルランサーのボトムラインを確認すれば、祖母ミスハイペリオンは石塚栄五郎氏が米国から輸入した馬の1頭。今回の「自分の生まれ日に東京優駿を制した馬を辿る」シリーズでは、No.1でヒカルメイジ(1954.3.14)、No.2でメイズイ(1960.3.13)を紹介している訳ですが、No.3のコーネルランサーまでいずれも石塚氏の選定された牝馬が関与しているということです。恐るべしは日本軽種馬登録協会(現ジャパン・スタッドブック・インターナショナル)のブレイン。

コーネルランサーは1984年に当時の韓国大統領である全斗煥氏に寄贈され、「大佐の槍騎兵」から「大統領の馬」となりました。礼を篤く迎えられたコーネルランサー、彼の地で大切に繋養されて幸せに過ごしたそうな。残る写真を見れば栗毛の美麗馬コーネルランサー、ダービー馬にして大統領の馬に相応しい馬でした。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[コーネルランサー(1971.4.16)の主な競走成績]

  1. 東京優駿
  2. 皐月賞、京成杯
  3. 弥生賞

通算11戦4勝、2着2回、3着5回。

コーネルランサー - Wikipedia