ダイタクヘリオス(1987.4.10)-カンテレ競馬【公式】さんの良い仕事に乗る(No.7)-

Series

ダイタクヘリオス 牡 黒鹿毛 1987.4.10生~2008.12.12没 平取町・清水牧場生産 馬主・中村雅一氏 栗東・梅田康雄厩舎

ダイタクヘリオス(1987.4.10)の4代血統表
ビゼンニシキ
栗毛 1981.4.26
種付け時活性値:1.25【5】

ダンデイルート
鹿毛 1972.5.10
Luthier
黒鹿毛 1965.3.22
Klairon 1952.3.31
Flute Enchantee 1950
Dentrelic
栗毛 1965.3.20
Prudent 1959
Relict 1958
ベニバナビゼン
栗毛 1975.4.16
ミンスキー
栗毛 1968.3.25
Northern Dancer 1961.5.27
Flaming Page 1959.4.24
カツハゴロモ
鹿毛 1971.6.9
サウンドトラツク 1957
ワイルドライフ 1957
ネヴアーイチバン
黒鹿毛 1971.2.7
仔受胎時活性値:1.75【15】
ネヴアービート
栃栗毛 1960
種付け時活性値:0.50【10】
★Never Say Die
栗毛 1951.3.26
Nasrullah 1940.3.2
Singing Grass 1944
Bride Elect
鹿毛 1952
Big Game 1939
Netherton Maid 1944
ミスナンバイチバン
黒鹿毛 1959.5.9
仔受胎時活性値:0.75【11】
ハロウエー
黒鹿毛 1940
種付け時活性値:0.50【18】
Fairway 1925.4.15
Rosy Legend 1931
スタイルパツチ
鹿毛 1950.4.2
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【8】
Dogpatch
黒鹿毛(?) 1939
種付け時活性値:0.50【10】
Style Leader
青毛 1933
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【16】

<5代血統表内のクロス:Big Game4×5、Nearco5×5(母方)>

ダイタクヘリオス(1987.4.10)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ビゼンニシキ
(Clarion系)
ネヴアービート
(Never Say Die系)
ハロウエー
(Fairway系)
Dogpatch
(Teddy系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ビゼンニシキ
(ミンスキー)
6.50 or 4.50 or 2.50カブラヤオーと同牝系
(No. 8-g スタイルパツチ系)
10番仔
(3連産目)

*

1990年の第4回クリスタルC(GIII。中山芝外1200m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 5 ダイタクヘリオス 牡3 55 岸滋彦 1:09.0  2-2 35.8 456
[0]
梅田康雄 2
2 7 シンボリガルーダ 牡3 55 岡部幸雄 1:09.4 2.1/2 4-3 35.9 494
[0]
田中和夫 3
3 9 ハントウイッシュ 牝3 53 郷原洋行 1:09.7 2 2-3 36.4 442
[-4]
田村駿仁 5
4 2 サファリキャップ 牝3 53 蛯沢誠治 1:09.8 1/2 1-1 36.8 426
[+4]
田子冬樹 7
5 1 ゴールデンアワー 牡3 55 岡潤一郎 1:10.5 4 4-5 37.0 474
[-8]
安藤正敏 6

*

1991年の第22回読売マイラーズC(GII。中京芝1700m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 5 ダイタクヘリオス 牡4 56 武豊 1:41.2レコード 4-4-3-3 36.3 470
[-8]
梅田康雄 4
2 13 プリティハット 牝5 55 小屋敷昭 1:42.0 5 13-12-8-7 36.6 470
[0]
野元昭 8
3 12イクノディクタス 牝4 54 松永昌博 1:42.1 1/2 5-4-5-5 37.0 452
[+2]
福島信晴 7
4 7 ユートジョージ 牡4 56 岡潤一郎 1:42.2 クビ 8-8-8-7 36.7 452
[0]
安藤正敏 1
5 6 ナルシスノワール 牡5 57 南井克巳 1:42.3 1/2 3-3-3-3 37.3 482
[+10]
田之上勲 2

*

1991年の第21回高松宮杯(GII。中京芝2000m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 1 ダイタクヘリオス 牡4 58 加用正 1:59.4  2-2-2-1 36.5 456
[-6]
梅田康雄 5
2 8ダイイチルビー 牝4 57 河内洋 1:59.4 ハナ 3-3-3-3 36.2 476
[+8]
伊藤雄二 1
3 6 ヤマニングローバル 牡4 57 武豊 1:59.9 3 8-8-7-7 36.1 498
[-2]
浅見国一 4
4 5 センターショウカツ 牡4 58 松永昌博 2:00.0 クビ 7-7-4-4 36.7 446
[-2]
松永善晴 6
5 3 ホワイトアロー 牡4 57 安田隆行 2:00.0 クビ 5-4-4-5 36.7 480
[-2]
小野幸治 2

*

1991年の第8回マイルチャンピオンシップ(GI。京都芝1600m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢 騎手 走破
時計
着差 調教師
1 12 ダイタクヘリオス 牡4 岸 滋彦 1:34.8  梅田 康雄 4
2 5ダイイチルビー 牝4 河内 洋 1:35.2 2・1/2 伊藤 雄二 1
3 11 ケイエスミラクル 牡3 南井 克巳 1:35.3 1/2 高橋 成忠 2
4 8 プリンスシン 牡4 田島 良保 1:35.3 ハナ 安田 伊佐夫 9
5 10ダイユウサク 牡6 熊沢 重文 1:35.3 アタマ 内藤 繁春 5

*

1992年の第23回読売マイラーズC(GII。阪神芝1600m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
4F
馬体重
[増減]
調教師
1 4 ダイタクヘリオス 牡5 60 岸滋彦 1:36.2  4-4-1 48.7 476
[+2]
梅田康雄 2
2 5 シンホリスキー 牡4 56 南井克巳 1:37.1 5 5-4-4 49.6 538
[0]
岩元市三 5
3 10 スペインランド 牡7 57 松永幹夫 1:37.3 1.1/4 7-9-7 48.8 472
[0]
高橋成忠 9
4 1 センリョウヤクシャ 牡6 57 藤田伸二 1:37.4 3/4 2-2-2 50.2 494
[+4]
庄野穂積 4
5 3 ナルシスノワール 牡6 58 安田隆行 1:37.5 クビ 3-2-2 50.2 482
[-2]
福島信晴 3

*

1992年の第43回毎日王冠(GII。東京芝1800m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 1 ダイタクヘリオス 牡5 59 岸滋彦 1:45.6レコード 1-1-1 35.5 474
[0]
梅田康雄 4
2 9イクノディクタス 牝5 55 村本善之 1:45.7 1/2 3-3-3 35.2 464
[+6]
福島信晴 3
3 2 ナイスネイチャ 牡4 58 松永昌博 1:45.9 1.1/4 4-6-4 35.2 500
[+8]
松永善晴 1
4 8 ヤマニンシアトル 牡5 57 南井克巳 1:46.3 2.1/2 4-4-4 35.5 504
[-2]
橋本寿正 6
5 6 スカーレットブーケ 牝4 55 柴田政人 1:46.4 1/2 7-8-7 35.4 466
[+10]
伊藤雄二 7

*

1992年の第9回マイルチャンピオンシップ(GI。京都芝1600m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢 騎手 走破
時計
着差 調教師
1 18 ダイタクヘリオス 牡5 岸 滋彦 1:33.3レコード 梅田 康雄 2
2 7シンコウラブリイ 牝3 岡部 幸雄 1:33.5 1・1/2 藤澤 和雄 1
3 8 ナイスネイチャ 牡4 松永 昌博 1:33.7 1 松永 善晴 4
4 11 ヌエボトウショウ 牝5 角田 晃一 1:34.0 2 渡辺 栄 7
5 9ヤマニンゼファー 牡4 田中 勝春 1:34.0 クビ 栗田 博憲 3

*

気まぐれな名マイラー、ダイタクヘリオス。私がスポーツ新聞の競馬記事で、初めて意識して読んだ話題が、ダイタクヘリオスのマイルチャンピンシップ連覇でした。ニホンピロウイナー(1980.4.27)でも、ニッポーテイオー(1983.4.21)でも、オグリキャップ(1985.3.27)でも破ることができなかった京都芝外回り1600mのレコードタイム。アイノクレスピン(1974.4.15)が1977年に計時した1分33秒5を、15年ぶりに更新する1分33秒3の快時計を以てマイルチャンピンシップ連覇を果たしたのは、ビゼンニシキの仔でした。

地味な血統でも、現年齢表記2歳から5歳まで能力の減退無く、常に一線級であり続けたダイタクヘリオス。前段で「気まぐれ」と書きましたけれど、ことマイル戦に限っては10戦4勝、2着4回と連対率80%。連を外したのは3歳時に春からぶっつけで挑んだ1990年の第7回マイルチャンピオンシップ、5歳時に1番人気で挑んだ第42回安田記念(GI)という、2つのGIレースだけ。また、1600mから1800mとしても14戦6勝、2着5回と連対率78.6%の成績。1600mから1800mではマイルチャンピオンシップ連覇、マイラーズC連覇、毎日王冠2年連続連対で2年目は日本レコードとなる東京芝1800m1分45秒6での逃げ切り勝ち。2歳時の阪神3歳S(GI)2着以降はずっとオープンクラスに在籍し、オープン特別には3回出走しただけで、後はすべて重賞に出走。そんな中で通算35戦10勝、2着6回、3着1回を残し、9着以降の着順だったのは僅かに4回だけ。総収得賞金6億8995万2400円は、ダイタクヘリオスが引退した当時、JRA史上3番目の獲得賞金額。改めて戦績を振り返ると、凄みを見せます。ダイタクヘリオス、1990年代初頭を代表する名マイラーだったのでした。

そんなダイタクヘリオス、↑に示した7回の重賞制覇のうち5回は2着に牝馬を連れてきています。5回を古い順に並べますと、

  1. 1991年のマイラーズC(GII)
    →2着プリティハット(1986.5.19)。武豊騎手を鞍上に迎えたダイタクヘリオス、中京芝1700mを5馬身差かつ1分41秒2のコースレコード勝ち
  2. 1991年の高松宮杯(GII)
    →2着ダイイチルビー(1987.4.15)。ダイイチルビーには「母仔3代高松宮杯制覇」の偉業が掛かっていましたが、KYな感じでふっ飛ばしたのがダイタクヘリオスらしい
  3. 1991年の第8回マイルチャンピオンシップ(GI)
    →2着ダイイチルビー。3角から4角の下りで一気にスパートしたダイタクヘリオス、GIレースで2着に2馬身半差は完勝としか言えません
  4. 1992年の毎日王冠(GII)
    →2着イクノディクタス(1987.4.16)。1枠1番から好発を見せると、最後まで先頭を譲らず。終わってみれば、芝1800mの日本レコード1分45秒6
  5. 1992年の第9回マイルチャンピオンシップ(GI)
    →2着シンコウラブリイ(1989.2.2)。前年のリプレイのように3角から4角の下りで一気にスパートしたダイタクヘリオス、終わってみれば、京都芝外回り1600mのコースレコード1分33秒3

強いし速いし、イイ女たちの前で格好良いですね、ダイタクヘリオス。特に、同じ1987年生まれ世代のダイイチルビーとの仲の良さは、よしだみほさんの漫画の中で示されましたね^^;

あと、ダイタクヘリオスの成績を振り返ってみれば、JRAの中央4場すべてで重賞勝ちを収めていることに気付かされます。マイルチャンピオンシップ連覇の京都競馬場、毎日王冠で日本レコードを叩き出した東京競馬場、2回目のマイラーズCを別定60kgで制した阪神競馬場、そして重賞初制覇となったクリスタルC(GIII)の中山競馬場。……むぅ、強い馬はどこで走っても強い。

  

歯をむき出しにして、笑いながら駆けていたダイタクヘリオス。「まともに走ったら一番強い」と武豊騎手に言わしめた、黒鹿毛の太陽神の走る姿は、真の能力、真の適正に気付いてくれない人間に対する、彼なりの反逆だったのかも知れませんね。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[ダイタクヘリオス(1987.4.10)の主な競走成績]

  1. マイルチャンピオンシップ(GI)2回、毎日王冠(GII)、マイラーズC(GII)2回、高松宮杯(GII)、クリスタルC(GIII)
  2. 安田記念(GI)、阪神3歳S(GI)、毎日王冠(GII)、ニュージーランドT4歳S(GII)、シンザン記念(GIII)

通算35戦10勝、2着6回、3着1回。

*

JRA賞になって以降の年度代表馬を辿る(其の肆)-オグリキャップ(1985.3.27)-。
オグリキャップ 牡 芦毛 1985.3.27生~2010.7.3没 三石・稲葉不奈男氏生産 馬主・小栗孝一氏→佐橋五十雄氏→近藤俊典氏 笠松・鷲見昌勇厩舎→栗東・瀬戸口勉厩舎