アパパネ(2007.4.20)&サンテミリオン(2007.1.30)-【2010年】のJRA・GI勝ち馬を辿る(No.8)-

Series

アパパネ 牝 鹿毛 2007.4.20生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・金子真人ホールディングス(株) 美浦・国枝 栄厩舎

アパパネ(2007.4.20)の4代血統表
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
種付け時活性値:1.25【5】
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Miesque
鹿毛 1984.3.14
Nureyev 1977.5.2
Pasadoble 1979.4.1
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン
黒鹿毛 1983.5.9
トライマイベスト 1975.4.28
Mill Princess 1977.5.21
Pilot Bird
鹿毛 1983.2.9
★Blakeney 1966.3.28
The Dancer 1977.3.31
ソルティビッド
栗毛 2000.1.29
仔受胎時活性値:1.50【6】
Salt Lake
鹿毛 1989.3.12
種付け時活性値:0.50【10】
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
Vice Regent 1967.4.29
Mint Copy 1970.2.24
Take Lady Anne
鹿毛 1979.4.16
Queen City Lad 1971.3.25
Lovita H. 1955.3.18
Piper Piper
栗毛 1987.5.15
仔受胎時活性値:1.00【12】
Spectacular Bid
芦毛 1976.2.17
種付け時活性値:0.50【10】
Bold Bidder 1962.3.22
Spectacular 1970.3.20
Alvarada
栗毛 1973.4.11
仔受胎時活性値:1.25【13】
Hard Work
栗毛 1967.3.14
種付け時活性値:1.25【5】
Easterborn
栗毛 1964.3.29
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【8】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5×5>

アパパネ(2007.4.20)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
Salt Lake
(Deputy Minister系)
Spectacular Bid
(Bold Ruler系)
Hard Work
(Owen Tudor系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
キングカメハメハ 5.75 or 3.75アカイトリノムスメ
(No. 9-f)
3番仔
(3連産目)

*

サンテミリオン 牝 黒鹿毛 2007.1.30生 千歳市・社台ファーム生産 馬主・吉田 照哉氏 美浦・古賀 慎明厩舎

サンテミリオン(2007.1.30)の4代血統表
ゼンノロブロイ
黒鹿毛 2000.3.27
種付け時活性値:1.50【6】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ローミンレイチェル
鹿毛 1990.4.18
マイニング
栗毛 1984.4.4
Mr. Prospector 1970.1.28
I Pass 1978.4.8
One Smart Lady
鹿毛 1984.5.3
Clever Trick 1976.3.10
Pia’s Lady 1971.4.11
モテック
黒鹿毛 1995.2.25
仔受胎時活性値:0.75【11】
ラストタイクーン
黒鹿毛 1983.5.9
種付け時活性値:0.75【11】
トライマイベスト
鹿毛 1975.4.28
Northern Dancer 1961.5.27
Sex Appeal 1970.5.12
Mill Princess
鹿毛 1977.5.21
Mill Reef 1968.2.23
Irish Lass 1962
Sudaka
鹿毛 1986.4.13
仔受胎時活性値:2.00【8】
Garde Royale
黒鹿毛 1980.3.24
種付け時活性値:1.25【5】
Mill Reef 1968.2.23
Royal Way 1969.4.29
Didia Clara
栗毛 1978.1.28
仔受胎時活性値:1.75【7】
Sea Break
栗毛 1972.4.14
種付け時活性値:1.25【5】
Patria
鹿毛 1966.4.10
仔受胎時活性値:0.75【11】

<5代血統表内のクロス:Mill Reef4×4(母方)、Buckpasser5×5>

サンテミリオン(2007.1.30)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ゼンノロブロイ
(サンデーサイレンス系)
ラストタイクーン
(Northern Dancer系)
Garde Royale
(Mill Reef系)
Sea Break
(Sea-Bird系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ゼンノロブロイ 5.25 母が仏GIII勝ち馬
(No. 16-g)
6番仔
(3連産目)

*

2010年の第71回優駿牝馬(GI。東京芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 17 アパパネ 牝3 55 蛯名 正義 2:29.9  9-13-13-11 35.2 470
[-10]
国枝 栄 1
1 18 サンテミリオン 牝3 55 横山 典弘 2:29.9 同着 7-10-10-8 35.3 460
[+6]
古賀 慎明 5
3 2 アグネスワルツ 牝3 55 柴田 善臣 2:30.2 2 2-2-2-2 36.1 456
[-4]
宮本 博 8
4 13 アニメイトバイオ 牝3 55 後藤 浩輝 2:30.4 1 1/4 14-13-14-14 35.4 464
[+14]
牧 光二 11
5 6 オウケンサクラ 牝3 55 安藤 勝己 2:30.4 クビ 12-10-10-11 35.6 490
[+4]
音無 秀孝 3
JRAホームページ|データファイル|競走成績データ

2010年の第71回優駿牝馬。桃色の帽子の2頭、外の鹿毛に「黒、青袖、黄鋸歯形」の勝負服、内の黒鹿毛に「黄、黒縦縞、赤袖」の勝負服。桜花賞(GI)勝ち馬とフローラS(GII)の勝ち馬が、鞍上の蛯名正義と横山典弘、関東の名手2人の壮絶な叩き合いに応えたところが決勝点。12分という長い写真判定の末に下された裁定は、JRA・GI史上初の「1着同着」。

第71回オークス 勝利騎手インタビュー
第71回オークス 勝利騎手インタビュー つべより輸入。ノリさんがものすごく可愛らしい件w

蛯名騎手は「負けなくて良かったです」とおっしゃっていましたが、最後の最後、負けていなかったのがサスガにアパパネと蛯名騎手。サンテミリオンと横山騎手も強さを見せてくれました。なお、1992年の帝王賞において蛯名騎手がラシアンゴールド(1988.4.20)、横山騎手がナリタハヤブサ(1987.4.28)に騎乗されて、やはり1着同着を経験されています。

アパパネが牝馬二冠を達成したことにより、馬主の金子真人オーナーはJRA五大クラシック完全制覇となりました。そしてまたサンテミリオンが優駿牝馬を制したことにより、種牡馬ゼンノロブロイは初年度産駒からGI勝ち馬を輩出することになりました。共に素晴らしい。

アパパネ、その馬名意味は「ハワイに生息する赤い鳥の名前」。サンテミリオン、その馬名意味は「フランス有数のワインの産地。世界文化遺産」。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[アパパネ(2007.4.20)の主な競走成績]

  1. 優駿牝馬(GI)、桜花賞(GI)、秋華賞(GI)、ヴィクトリアマイル(GI)、阪神ジュベナイルフィリーズ(JpnI)
  2. チューリップ賞(GIII)
  3. エリザベス女王杯(GI)2回

通算19戦7勝、2着1回、3着3回。

アパパネ(2007.4.20)-【2010年】のJRA・GI勝ち馬を辿る(No.3)-
アパパネ 牝 鹿毛 2007.4.20生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・金子真人ホールディングス(株) 美浦・国枝 栄厩舎
アパパネ(2007.4.20)-牝馬三冠馬を辿る(No.3)-
アパパネ 牝 鹿毛 2007.4.20生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・金子真人ホールディングス(株) 美浦・国枝栄厩舎

*

[サンテミリオン(2007.1.30)の主な競走成績]

  1. 優駿牝馬(GI)、フローラS(GII)
  2. フラワーC(GIII)

通算18戦4勝、3着1回。