グランプリボス(2008.3.28)-【2010年】のJRA・GI勝ち馬を辿る(No.21)-

Series

グランプリボス 牡 鹿毛 2008.3.28生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(株)グランプリ 栗東・矢作 芳人厩舎

グランプリボス(2008.3.28)の4代血統表
サクラバクシンオー
鹿毛 1989.4.14
種付け時活性値:0.50【18】
サクラユタカオー
栗毛 1982.4.29
テスコボーイ
黒鹿毛 1963
Princely Gift 1951
Suncourt 1952
アンジエリカ
黒鹿毛 1970.3.29
ネヴアービート 1960
スターハイネス 1964.3.10
サクラハゴロモ
鹿毛 1984.4.13
ノーザンテースト
栗毛 1971.3.15
Northern Dancer 1961.5.27
Lady Victoria 1962.2.20
クリアアンバー
黒鹿毛 1967.5.8
★Ambiopoise 1958.5.6
One Clear Call 1960.5.21
ロージーミスト
黒鹿毛 1997.6.1
仔受胎時活性値:0.50【10】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.50【10】
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ビューティフルベーシック
栗毛 1989.4.20
仔受胎時活性値:1.75【7】
Secretariat
栗毛 1970.3.30
種付け時活性値:0.50【18】
Bold Ruler 1954.4.6
Somethingroyal 1952.3.12
Nervous Pillow
栗毛 1975.4.26
仔受胎時活性値:1.25【13】
Nervous Energy
鹿毛 1965.5.27
種付け時活性値:0.25【9】
Fathers Pillow
鹿毛 1969.3.31
仔受胎時活性値:1.25【5】

<5代血統表内のクロス:Nasrullah5×5>

グランプリボス(2008.3.28)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
サクラバクシンオー
(Princely Gift系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
Secretariat
(Bold Ruler系)
Nervous Energy
(Teddy系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
サクラバクシンオー 4.75
(No. 8-c)
7番仔
(7連産目)

*

2010年の第62回朝日杯フューチュリティS(GI。中山芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 11 グランプリボス 牡2 55 M.デムーロ 1:33.9 8-10-7 34.5 504
[-4]
矢作 芳人 5
2 5 リアルインパクト 牡2 55 F.ベリー 1:34.0 3/4 8-7-7 34.8 504
[+2]
堀 宣行 4
3 2 リベルタス 牡2 55 福永 祐一 1:34.0 アタマ 3-4-3 35.0 490
[-2]
角居 勝彦 2
4 10 サダムパテック 牡2 55 C.スミヨン 1:34.1 クビ 11-7-7 34.9 498
[0]
西園 正都 1
5 8 リフトザウイングス 牡2 55 C.ルメール 1:34.1 クビ 11-11-11 34.6 508
[-2]
橋口 弘次郎 3
JRAホームページ|データファイル|競走成績データ

2010年の第62回朝日杯フューチュリティS。終わってみれば上位人気5頭によるコンマ2秒差の争い。1馬身ほどのせめぎあいの中で抜け出したのは、ミルコ・デムーロ騎手に御されたグランプリボス。前走京王杯2歳S(GII)7番人気1着だったコンビが、京王杯2歳Sでも4分の3馬身抑えて2着に負かしたリアルインパクト(2008.5.14)に、やはり4分の3馬身差を着けての重賞連勝。決勝点に入る前からデムーロ騎手が派手に左腕を上げてのGI勝利は、グランプリボス自身、そして2022年の今をときめく矢作芳人厩舎にとって初めてのGI制覇でもありました。グランプリボス、4角では他馬を外に振る場面がありましたけれど、直線では自身の進路がなかなか開かず。サダムパテック(2008.3.30)の鞍上だったクリストフ・スミヨン騎手の厳しさを見ましたが、それでもグランプリボス、前が空いてからの末脚は他を圧するものでした。グランプリボス、その馬名意味は「冠名+ボス」。シンプルな馬名意味ですが、日本のドメスティックブラッドとも言えるテスコボーイ系の継承者として、統領たる馬にふさわしい名前と改めて思いました。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[グランプリボス(2008.3.28)の主な競走成績]

  1. NHKマイルカップ(GI)、朝日杯フューチュリティS(GI)、マイラーズC(GII)、スワンS(GII)、京王杯2歳S(GII)
  2. 安田記念(GI)2回、マイルチャンピオンシップ(GI)、阪神C(GII)
  3. 香港マイル(GI)、ニュージーランドT(GII)

通算28戦6勝、2着4回、3着2回。

#グランプリボスは2歳から5歳まで4年連続で重賞勝ちを収め、現役最終年となった2014年の6歳時も安田記念で17頭立て16番人気を跳ね返してジャスタウェイ(2009.3.8)からハナ差2着、引退レースとなった香港マイルでもワールドエース(2009.2.22)、フィエロ(2009.3.14)、ハナズゴール(2009.4.24)等に先着して3着。息の長い活躍を見せてくれました。言ったら怒られそうですが、4歳時の安田記念とマイルチャンピオンシップ、そして上述の6歳時の安田記念は、いずれもタイム差なしの2着でしたので「なんとかならなかったのか」と思ってしまいます^^;

cocolog:@nifty