Lester Piggott(1935.11.5~2022.5.29)-レスター・ピゴット。英ダービー9勝の伝説の騎手、逝く-

Obituary

Sir Ivor(サーアイヴァー) 牡 鹿毛 1965.5.5生~1995.11.10没 米国・Mrs. Reynolds W. Bell生産 馬主・Raymond R. Guest 愛国・Vincent O’Brien厩舎

Sir Ivor(1965.5.5)の4代血統表
Sir Gaylord
黒鹿毛 1959.2.12
種付け時活性値:1.25【5】
Turn-to
鹿毛 1951
★Royal Charger
栗毛 1942
Nearco 1935.1.24
Sun Princess 1937
Source Sucree
黒鹿毛 1940
★Admiral Drake 1931
Lavendula 1930
Somethingroyal
鹿毛 1952.3.12
Princequillo
鹿毛 1940
Prince Rose 1928
Cosquilla 1933
Imperatrice
黒鹿毛 1938
Caruso 1927
Cinquepace 1934
Attica
栗毛 1953.4.7
仔受胎時活性値:0.75【11】
Mr. Trouble
栗毛 1947
種付け時活性値:1.25【5】
Mahmoud
芦毛 1933
Blenheim 1927.4.16
Mah Mahal 1928
Motto
鹿毛 1932
Sir Gallahad 1920
Maxima 1925
Athenia
黒鹿毛 1943
仔受胎時活性値:0.25【9】
Pharamond
黒鹿毛 1925.1.17
種付け時活性値:0.25【17】
Phalaris 1913.5.16
Selene 1919
Salaminia
栗毛 1937
仔受胎時活性値:1.25【5】
Man o’ War
栗毛 1917.3.29
種付け時活性値:0.75【19】
Alcibiades
栗毛 1927
仔受胎時活性値:0.25【9】

<5代血統表内のクロス:Pharos5×5、Plucky Liege(♀)5×5>

Sir Ivor(1965.5.5)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Sir Gaylord
(Turn-to系)
Mr. Trouble
(Blenheim系)
Pharamond
(Phalaris系)
Man o’ War
(Matchem系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Sir Gaylord 2.50 近親シヤダイアイバー
(No. 8-g)
6番仔?
(3連産目?)

*

1968年の第189回英ダービー(エプソムダウンズ芝12F)の結果(上位4頭)

馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 Sir Ivor 牡3 57.2 Lester Piggott 2:38.73 M V O’Brien 1
2 Connaught 牡3 57.2 Sandy Barclay 1 1/2 Noel Murless 3
3 Mount Athos 牡3 57.2 Ron Hutchinson 2 1/2 John Dunlop 6
4 リマンド 牡3 57.2 Joe Mercer W R Hern 2

*

Nijinsky(1967.2.21)-北の踊り子とその子孫を辿る(No.2)-
Nijinsky(ニジンスキー) 牡 鹿毛 1967.2.21生~1992.4.15没 加国・Edward P.Taylor生産 馬主・Charles W. Engelhard Jr. 愛国・Vincent O'Brien厩舎

*

Roberto(ロベルト) 牡 鹿毛 1969.3.16生~1988.8.2没 米国・John W. Galbreath生産 馬主・John W. Galbreath 愛国・Vincent O’Brien厩舎

Roberto(1969.3.16)の4代血統表
Hail to Reason
黒鹿毛 1958.4.18
種付け時活性値:0.50【10】
Turn-to
鹿毛 1951
★Royal Charger
栗毛 1942
Nearco 1935.1.24
Sun Princess 1937
Source Sucree
黒鹿毛 1940
★Admiral Drake 1931
Lavendula 1930
Nothirdchance
鹿毛 1948
Blue Swords
鹿毛 1940
Blue Larkspur 1926
Flaming Swords 1933
Galla Colors
鹿毛 1943
Sir Gallahad 1920
Rouge Et Noir 1934
Bramalea
黒鹿毛 1959.4.12
仔受胎時活性値:0.25【9】
Nashua
鹿毛 1952.4.14
種付け時活性値:1.50【6】
Nasrullah
鹿毛 1940.3.2
Nearco 1935.1.24
Mumtaz Begum 1932 ♀
Segula
黒鹿毛 1942
Johnstown 1936
Sekhmet 1929
Rarelea
鹿毛 1949
仔受胎時活性値:0.25【9】
Bull Lea
黒鹿毛 1935.3.11
種付け時活性値:1.25【13】
Bull Dog 1927
Rose Leaves 1916
Bleebok
黒鹿毛 1941
仔受胎時活性値:1.75【7】
Blue Larkspur
鹿毛 1926
種付け時活性値:1.50【14】
Forteresse
鹿毛 1926
仔受胎時活性値:1.50【14】

<5代血統表内のクロス:Nearco4×4、Blue Larkspur4×4、Mumtaz Begum(♀)4×5、Pharos5×5×5、Plucky Liege(♀)5×5×5、Teddy5×5、Sardanapale5×5(母方)>

Roberto(1969.3.16)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Hail to Reason
(Turn-to系)
Nashua
(Nasrullah系)
Bull Lea
(Teddy系)
Blue Larkspur
(Black Toney系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Nashua
(Johnstown)
3.75 母がCCAオークス馬
(No. 12-c)
4番仔?
(2連産目?)

*

1972年の第193回英ダービー(GI。エプソムダウンズ芝12F)の結果(上位5頭)

馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 Roberto 牡3 57.2 Lester Piggott 2:36.09 M V O’Brien 1
2ラインゴールド 牡3 57.2 Ernie Johnson 短アタマ Barry Hills 6
3 Pentland Firth 牡3 57.2 Pat Eddery 3 G Barling 10

*

エンペリー(Empery) 牡 鹿毛 1973.3.23生 米国・Nelson Bunker Hunt生産 馬主・Nelson Bunker Hunt 仏国・M Zilber厩舎

エンペリー(1973.3.23)の4代血統表
Vaguely Noble
鹿毛 1965.5.15
種付け時活性値:1.75【7】
ヴイエナ
栗毛 1957
Aureole
栗毛 1950
Hyperion 1930.4.18
Angelola 1945
Turkish Blood
鹿毛 1944
Turkhan 1937
Rusk 1935
Noble Lassie
鹿毛 1956
Nearco
黒鹿毛 1935.1.24
Pharos 1920.4.4
Nogara 1928
Belle Sauvage
栗毛 1949
Big Game 1939
Tropical Sun 1940
Pamplona(PER)
鹿毛 1956
仔受胎時活性値:2.00(?)【16(?)】
Postin(ARG)
栗毛 1940
種付け時活性値:1.75(?)【15(?)】
Hunter’s Moon
鹿毛 1926
Hurry On 1913.5.7
Selene 1919 ♀
Quinta
鹿毛 1935
Codihue 1929
En Guardia 1916
Society’s Way(GB)
鹿毛 1950
仔受胎時活性値:1.25(?)【5(?)】
Kingsway(GB)
黒鹿毛 1940
種付け時活性値:0.25【9】
Fairway 1925.4.15
Yenna 1927
Society’s Vote(GB)
栗毛 1944
仔受胎時活性値:1.25【5】
Wyndham(GB)
栗毛 1933
種付け時活性値:0.50【10】
Conversation Piece(GB)
芦毛 1935
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【8】

<5代血統表内のクロス:Hyperion4×5(父方)、Selene(♀)4×5、Bahram5×5(父方)、Phalaris5×5、Scapa Flow5×5>

エンペリー(1973.3.23)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Vaguely Noble
(Aureole系)
Postin
(Hurry On系)
Kingsway
(Fairway系)
Wyndham
(Blenheim系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Vaguely Noble 6.50(?) or 4.50(?) 母が秘国史上に残る名牝
(No. 2-s)
7番仔?

*

1976年の第197回英ダービー(GI。エプソムダウンズ芝12F)の結果(上位5頭)

馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 エンペリー 牡3 57.2 Lester Piggott 2:35.69 M Zilber 2
2 Relkino 牡3 57.2 Joe Mercer 3 W R Hern 7
3 Oats 牡3 57.2 Pat Eddery アタマ Peter Walwyn 2
4 Hawkberry 牡3 57.2 Christie Roche  P J Prendergast 16
5 ウオロー 牡3 57.2 Gianfranco Dettori  Henry Cecil 1

*

The Minstrel(1974.3.11)-北の踊り子とその子孫を辿る(No.5)-
The Minstrel(ザミンストレル) 牡 栗毛 1974.3.11生~1990.9.3没 加国・E. P. Taylor生産 馬主・Robert Sangster 愛国・Vincent O'Brien厩舎

*

Teenoso(ティーノソ) 牡 黒鹿毛 1980.4.7生~1999.10.4没 米国・Moller & White Lodge Stud, E. B.生産 馬主・Mollers Racing 英国・Geoff Wragg厩舎

Teenoso(1980.4.7)の4代血統表
Youth
鹿毛 1973.4.12
種付け時活性値:1.50【6】
Ack Ack
鹿毛 1966.2.24
Battle Joined
鹿毛 1959.3.21
Armageddon 1949
Ethel Walker 1953.4.26
Fast Turn
鹿毛 1959.3.6
Turn-to 1951
Cherokee Rose 1951
Gazala
黒鹿毛 1964
Dark Star
黒鹿毛 1950.4.4
Royal Gem 1942
Isolde 1938
Belle Angevine
鹿毛 1957
L’Amiral 1947
Bella 1945
Furioso
鹿毛 1971.4.12
仔受胎時活性値:2.00【8】

Ballymoss
栗毛 1954
種付け時活性値:0.00【16】
Mossborough
栗毛 1947
Nearco 1935.1.24
All Moonshine 1941
Indian Call
鹿毛 1936
★Singapore 1927
Flittemere 1926
ViolettaI
鹿毛 1958
仔受胎時活性値:1.00【12】
Pinza
鹿毛 1950
種付け時活性値:1.75【7】
Chanteur 1942
Pasqua 1939
Urshalim
黒鹿毛 1951
仔受胎時活性値:1.50【6】
Nasrullah
鹿毛 1940.3.2
種付け時活性値:0.50【10】
Horama
鹿毛 1943
仔受胎時活性値:1.75【7】

<5代血統表内のクロス:Nearco4×5>

Teenoso(1980.4.7)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Youth
(Himyar系)
★Ballymoss
(Nearco系)
Pinza
(Bend Or系)
Nasrullah
(Nearco系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Pinza
(Furioso)
6.25 母が英オークス2着馬
(No. 3-c)
4番仔?

*

1983年の第204回英ダービー(GI。エプソムダウンズ芝12F)の結果(上位5頭)

馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 Teenoso 牡3 57.2 Lester Piggott 2:49.07 Geoff Wragg 1
2 Carlingford Castle 牡3 57.2 Mick Kinane 3 D Browne 6
3 Shearwalk 牡3 57.2 Walter Swinburn 3 Michael Stoute 9
4 サーモンリープ 牡3 57.2 Pat Eddery 短クビ M V O’Brien 2
5 Guns of Navarone 牡3 57.2 Phillip Robinson 2 1/2 Clive Brittain 11

*

​伝説の名騎手ピゴット氏が死去、英ダービーを史上最多の9回優勝 | JRA-VAN Ver.World
 英三冠馬ニジンスキーなどに騎乗して英ダービーを史上最多の9回優勝した往年の名ジョッキー、レスター・ピゴット氏が死去した。86歳だった。 1948年に12歳でデビューしたピゴット氏は、54年にネヴァー

武豊騎手がドウデュース(2019.5.7)で東京優駿(GI)6勝目を遂げられた同日、2022年5月29日に英ダービー9勝の伝説の騎手が逝ってしまわれました。私が訃報を知ったのは、YouTubeチャンネル「At The Races」の「Tribute to Lester Piggott」という動画のサムネイル。「Lester Piggott 1935-2022」と記されているのを見て、思わず「えっ!! レスター・ピゴット、逝ってしまわれたんか」と、夜半でしたが声を上げてしまいました。

*

ピゴット氏の英ダービー9勝。騎乗した順に並べれば、Never Say Die(1951.3.26)、Crepello(1954)、St. Paddy(1957)、Sir Ivor、Nijinsky(1967.2.21)、Roberto、エンペリー、The Minstrel(1974.3.11)、Teenoso。いずれ名だたる優駿ばかりですし、種牡馬となったNever Say Die、Nijinsky、Robertoは日本にも強い影響を及ぼしました。今回の記事はYouTubeチャンネル「thejockeyclub1750」の「6 OF THE BEST – LEGENDARY LESTER PIGGOTT EPSOM DERBY WINS」という動画で紹介されたSir Ivor、Nijinsky、Roberto、エンペリー、The Minstrel、Teenosoの6頭を、過去記事を交えてではありますが、一気にご案内となりました。

*

ピゴット氏の逝去の報せは、武騎手にとっても、心に触れるところがおありだったようです。

まさに憧れの人でした。英国の3冠馬でのちの血統にも大きな影響を与えたニジンスキーの主戦騎手で、その勝負服がキタノカチドキ(武邦彦騎手の代表馬の1頭)と同じだったことに勝手に親近感を覚えていた少年の頃のボク。身長が近い(ピゴットさんは173センチ)こともあって、父が「和製ピゴット」と言われたことも誇りでした。ご冥福をお祈りします。

日記・コラム | 武豊オフィシャルサイト

おお、Nijinskyとキタノカチドキ(1971.3.27)の勝負服は、確かに同じ「緑、赤襷、黄袖」のデザインです。

キタノカチドキ(1971.3.27)-優駿賞年度代表馬を辿る(No.3)-
キタノカチドキ 牡 鹿毛 1971.3.27生~1983.9.7没 門別・佐々木節哉氏生産 馬主・初田豊氏 栗東・服部正利厩舎

*

レスター・ピゴット。近年も海外の動画サイトでお話されているところをちょいちょい拝見していました。

キング・ジョージを制した1970年夏のNijinskyについて”that summer he was an unbeatable racehorse really”と述べられていたり、キング・ジョージ(英GI)3勝目を狙ったEnable(2014.2.12)について”She’s wonderful filly”と述べられていたり。好々爺然としながら、記憶を辿る速さや話し言葉の鋭さに「サスガはレスター・ピゴット」と思ったものでした。

*

今年2022年で243回を迎える英ダービー。今年は「Cazoo Derby (In Memory of Lester Piggott)」と、副題に氏の名前が添えられています。ピゴットさん、空の上からご自身が最も多く勝利した英国クラシックの最高峰を走る馬人を、どうぞ見守ってあげてください。合掌。

  

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

[Sir Ivor(1965.5.5)の主な競走成績]

  1. 英ダービー、英2000ギニー、英チャンピオンS、ワシントンDCインターナショナル、仏グランクリテリウム、愛ナショナルS、アスコット2000ギニートライアル
  2. 愛ダービー、凱旋門賞、アンリデラマール賞
  3. エクリプスS

通算13戦8勝、2着3回、3着1回。

[Roberto(1969.3.16)の主な競走成績]

  1. 英ダービー(GI)、コロネーションC(英GI)、ベンソン&ヘッジズゴールドC(英GI)、愛ナショナルS(GII)、ヴォクソールトライアルS(愛GIII)、アングルシーS(愛GIII)
  2. 英2000ギニー(GI)、ニジンスキーS(愛GII)、ニエル賞(仏GIII)

通算14戦7勝、2着4回。

[エンペリー(1973.3.23)の主な競走成績]

  1. 英ダービー(GI)
  2. 愛ダービー(GI)
  3. リュパン賞(仏GI)、トーマスブライアン賞(仏GIII)

通算8戦2勝、2着1回、3着2回。

[Teenoso(1980.4.7)の主な競走成績]

  1. 英ダービー(GI)、”キング・ジョージ”(英GI)、サンクルー大賞(仏GI)、オーモンドS(英GIII)、リングフィールドダービートライアルS(英GIII)
  2. 愛ダービー(GI)、グレートヴォルティジュールS(英GII)、ジョンポーターS(英GIII)

通算13戦6勝、2着1回、3着3回。