JRA賞になって以降の年度代表馬を辿る(其の壱)-サクラスターオー(1984.5.2)-。

Horse of the Year

サクラスターオー 牡 黒鹿毛 1984.5.2生~1988.5.12没 静内・藤原牧場生産 馬主・(株)さくらコマース 美浦・平井雄二厩舎

サクラスターオー(1984.5.2)の4代血統表

サクラシヨウリ
鹿毛 1975.3.1
種付け時活性値:0.00【8】
パーソロン
鹿毛 1960
Milesian
鹿毛 1953
My Babu 1945.3.2
Oatflake 1942
Paleo
鹿毛 1953
★Pharis 1936
Calonice 1940
シリネラ
芦毛 1968
フオルテイノ
芦毛 1959.4.19
Grey Sovereign 1948.3.30
Ranavalo 1954
Shirini
黒鹿毛 1961
Tehran 1941
Confection 1948
サクラスマイル
鹿毛 1978.3.11
仔受胎時活性値:1.25【5】
インターメゾ
黒鹿毛 1966
種付け時活性値:0.75【11】
Hornbeam
栗毛 1953
Hyperion 1930.4.18
Thicket 1947
Plaza
鹿毛 1958
Persian Gulf 1940
Wild Success 1949
アンジエリカ
黒鹿毛 1970.3.29
仔受胎時活性値:1.75【7】
ネヴアービート
栃栗毛 1960
種付け時活性値:0.25【9】
★Never Say Die 1951.3.26
Bride Elect 1952
スターハイネス
鹿毛 1964.3.10
仔受胎時活性値:1.25【5】
ユアハイネス
栗毛 1958
種付け時活性値:1.25【5】
スターロツチ
鹿毛 1957.4.16
仔受胎時活性値:1.50【6】

<5代血統表内のクロス:Nasrullah5×5×5>

サクラスターオー(1984.5.2)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
サクラシヨウリ
(My Babu系)
インターメゾ
(Hyperion系)
ネヴアービート
(Never Say Die系)
ユアハイネス
(Hurry On系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ユアハイネス
(Chamossaire)
5.75
(【5】+【7】+【5】+【6】)
叔父サクラユタカオー
(No. 11-c クレイグダーロツチ系)
初仔

*

https://twitter.com/fujitvkeiba/status/836813968878501889?s=20
1987年の第24回報知杯弥生賞(GII。中山芝2000m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 1 サクラスターオー 牡3 55 東信二 2:02.1 7-7-6-4 36.2 456
[-4]
平井雄二 6
2 6 ビュウーコウ 牡3 55 増沢末夫 2:02.2 クビ 1-1-1-1 36.8 464
[-6]
尾形盛次 4
3 5 マイネルダビテ 牡3 55 田原成貴 2:02.2 クビ 2-2-2-2 36.8 470
[0]
栗田博憲 2
4 7 ホクトヘリオス 牡3 55 河内洋 2:02.8 3.1/2 7-7-6-7 37.0 464
[-4]
中野隆良 1
5 11 ユキノシラギク 牡3 55 中野栄治 2:03.0 1 4-4-3-3 37.4 454
[-4]
仲住達弥 7
1987年の第24回報知杯弥生賞(GII。中山芝2000m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.6 – 11.0 – 12.4 – 12.4 – 12.4 – 12.1 – 12.5 – 12.2 – 12.3 – 12.2
ラップの
累計タイム
12.6 – 23.6 – 36.0 – 48.4 – 1:00.8 – 1:12.9 – 1:25.4 – 1:37.6 – 1:49.9 – 2:02.1
上り 4F 49.2 – 3F 36.7

この弥生賞からサクラスターオーと東信二騎手のコンビが始まりました。レースは、中団位置からまくり一発、メンバー最速の鋭い差し脚を見せて、重賞初制覇を遂げました。

*

1987年の第47回皐月賞(GI。中山芝2000m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢 騎手 走破
時計
着差 調教師
1 6 サクラスターオー 牡3 東 信二 2:01.9 平井 雄二 2
2 19 ゴールドシチー 牡3 本田 優 2:02.3 2・1/2 清水 出美 11
3 1 マティリアル 牡3 岡部 幸雄 2:02.3 アタマ 田中 和夫 1
4 15 モガミヤシマ 牡3 小島 太 2:02.3 アタマ 古山 良司 9
5 4 スーパーファントム 牡3 柴田 政人 2:02.4 クビ 中村 貢 12
1987年の第47回皐月賞(GI。中山芝2000m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.4 – 11.0 – 11.2 – 12.4 – 12.5 – 12.0 – 12.6 – 12.6 – 12.7 – 12.5
ラップの
累計タイム
12.4 – 23.4 – 34.6 – 47.0 – 59.5 – 1:11.5 – 1:24.1 – 1:36.7 – 1:49.4 – 2:01.9
上り 4F 50.4 – 3F 37.8

道中は内のマティリアル(1984.4.4)を見るような形で後方に位置したサクラスターオー。馬群の外側を徐々に進出し、4コーナーを回って直線に向くと、大外から一気に抜け出しました。2着に追い込んだゴールドシチー(1984.4.16)との差は2と2分の1馬身。勝ち時計2分1秒9は中山で行われた皐月賞ではシンボリルドルフ(1981.3.13)の2分1秒1に続く、当時史上2位の好タイムでした。

*

1987年の第48回菊花賞(GI。京都芝3000m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢 騎手 走破
時計
着差 調教師
1 9 サクラスターオー 牡3 東 信二 3:08.0 平井 雄二 9
2 2 ゴールドシチー 牡3 河内 洋 3:08.1 1/2 清水 出美 2
3 12 ユーワジェームス 牡3 安田 富男 3:08.2 1/2 新関 力 11
4 4 メグロアサヒ 牡3 飯田 明弘 3:08.3 1/2 境 勝太郎 16
5 10 サニースワロー 牡3 大西 直宏 3:08.4 3/4 中尾 銑治 7
1987年の第48回菊花賞(GI。京都芝3000m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
13.3 – 11.7 – 12.1 – 12.6 – 12.7 –
12.5 – 13.3 – 12.6 – 12.2 – 12.6 –
12.3 – 11.8 – 12.5 – 12.7 – 13.1
ラップの
累計タイム
13.3 – 25.0 – 37.1 – 49.7 – 1:02.4 –
1:14.9 – 1:28.2 – 1:40.8 – 1:53.0 – 2:05.6 –
2:17.9 – 2:29.7 – 2:42.2 – 2:54.9 – 3:08.0
上り 4F 50.1 – 3F 38.3

弥生賞、皐月賞と連勝を収めて「いざ、父仔2代のダービー制覇」と息上がったのも束の間、繋靭帯炎により回避を余儀なくされました。そんなサクラスターオーの次のレースが、皐月賞以来、中202日で臨んだ菊花賞でした。

5枠9番、9番人気での出走。思えば、菊色の帽子に、重陽の数字。関西テレビ放送の中継では「菊の季節に桜が満開」という杉本清アナウンサーの名調子も飛び出した決勝点。常識を覆した皐月賞馬による、見事な二冠達成の瞬間。

そしてまた、父サクラショウリが敗れた皐月賞、菊花賞を勝利したことにより、父仔で合わせて牡馬クラシック三冠を勝ち取ったのでした。

*

サクラスターオーが、本当の星になってから早28年。黒鹿毛の疾走も、四半世紀以上前のこととなりました。昭和は遠くになりにけり。

それでも、時が流れても、褪せることのない輝き。

まばゆく燦めいた一等星、サクラスターオー。

彼の走っていた姿は、競馬者の心の中で、ずっと、光を放ち続けます。

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[サクラスターオー(1984.5.2)の主な競走成績]

  1. 皐月賞(GI)、菊花賞(GI)、弥生賞(GII)

通算7戦4勝、2着1回。

#2023年02月05日(日)記事改め。

20世紀の名馬 第65位 サクラスターオー
20世紀の名馬 第65位 サクラスターオー 菊の季節にサクラが満開!菊の季節にサクラ~っ!    競馬動画→mylist/7354219