ジャンタルマンタル(2021.3.21)&エトヴプレ(2021.3.31)-2024年のクラシック候補生を確認する(No.15)-

Pedigree

ジャンタルマンタル 牡 黒鹿毛 2021.3.21生 千歳市・社台ファーム生産 馬主・(有)社台レースホース 栗東・高野 友和厩舎

ジャンタルマンタル(2021.3.21)の4代血統表
パレスマリス
鹿毛 2010.5.2
種付け時活性値:0.50【10】
Curlin
栗毛 2004.3.25
Smart Strike
鹿毛 1992.5.21
Mr. Prospector 1970.1.28
Classy’n Smart 1981.5.20
Sherriff’s Deputy
鹿毛 1994.3.6
Deputy Minister 1979.5.17
Barbarika 1985.3.9
パレスルーマー
鹿毛 2003.3.25
Royal Anthem
鹿毛 1995.4.2
Theatrical 1982.3.13
In Neon 1982.3.1
Whisperifyoudare
鹿毛 1997.2.9
▲Red Ransom 1987.3.31
Stellar Affair 1990.5.4
インディアマントゥアナ
黒鹿毛 2014.4.12
仔受胎時活性値:1.50【6】
Wilburn
鹿毛 2008.3.22
種付け時活性値:1.25【5】
Bernardini
鹿毛 2003.3.23
A.P. Indy 1989.3.31
Cara Rafaela 1993.3.30
Moonlight Sonata
鹿毛 2000.5.2
Carson City 1987.4.4
Wheatly Way 1989.3.26
Speed Wagon
青毛 2003.3.19
仔受胎時活性値:0.50【10】
Tomorrows Cat
黒鹿毛 1995.5.11
種付け時活性値:1.75【7】
Storm Cat 1983.2.27
Tomorrow’s Child 1985.5.7
Rajica
芦毛 1986.5.16
仔受胎時活性値:2.00【16】
El Baba
鹿毛 1979.3.23
種付け時活性値:1.50【6】
Brassica
芦毛 1972.6.8
仔受胎時活性値:1.25【13】

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×5>

ジャンタルマンタル(2021.3.21)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
パレスマリス
(Mr. Prospector系)
Wilburn
(A.P. Indy系)
Tomorrows Cat
(Storm Cat系)
El Baba
(Bold Ruler系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Tomorrows Cat
(Al Nasr)
5.25
(【6】+【10】+【16】+【13】)
母が米GIII勝ち馬
(No. 9-e)
初仔

*

2023年の第58回デイリー杯2歳S(GII。京都芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 2 ジャンタルマンタル 牡2 56 鮫島 克駿 1:34.5 3-3 34.7 490
[-6]
高野 友和 1
2 10 エンヤラヴフェイス 牡2 56 幸 英明 1:34.8 2 6-6 34.9 482
[+2]
森田 直行 8
3 3 ナムラフッカー 牡2 56 松山 弘平 1:35.0 1 1/4 11-10 34.5 468
[-2]
村山 明 10
4 11 ナムラエイハブ 牡2 56 浜中 俊 1:35.0 アタマ 9-6 34.9 496
[-6]
長谷川 浩大 5
5 5 メイショウサチダケ 牡2 56 和田 竜二 1:35.0 ハナ 1-1 35.5 472
[+10]
鈴木 孝志 9
2023年の第58回デイリー杯2歳S(GII。京都芝1600m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.3 – 11.0 – 11.7 – 12.4 – 12.1 – 11.9 – 11.2 – 11.9
ラップの
累計タイム
12.3 – 23.3 – 35.0 – 47.4 – 59.5 – 1:11.4 – 1:22.6 – 1:34.5
上り 4F 47.1 – 3F 35.0

京都芝1600m、曇の稍重馬場、11頭立て。伝統の京都2歳重賞であるデイリー杯2歳S、その2023年の一戦。1番人気に推されたのは、10月の京都芝1800mの新馬戦1着から返す刀で挑んだジャンタルマンタル。黒いメンコを着けた黒鹿毛馬、前進気勢の強さを見せてか鞍上の鮫島克駿騎手が抑えなだめながら進んだ道中は内ラチ沿いの4番手あたりを追走。京都芝Bコース外回りの直線398.7mを迎えたところで最内に上手く潜り込んだジャンタルマンタル、黒の帽子に「黄、黒縦縞、袖青一本輪」の勝負服をまとった鮫島騎手の鼓舞に応えると鋭く脚を伸ばし、最後は差し込んだエンヤラヴフェイス(2021.3.14)に2馬身差を着けたところが決勝点。ジャンタルマンタル、新馬から重賞勝ちの2戦2勝を以て、エリート街道に乗りました。

ジャンタルマンタルはいわゆる持込馬。父パレスマリスは現役時代に7勝を挙げ、その主な勝ち鞍にベルモントS(米GI)、メトロポリタンH(米GI)、ガルフストリームパークH(米GII)、ニューオーリンズH(米GII)、ジムダンディS(米GII)、ウェストチェスターS(米GIII)と米グレードレース6勝の活躍馬。「1000万ドルホース」Curlinの初年度産駒にして初めてのGI勝ち馬でした。

SS以降のエクリプス賞年度代表馬を辿る(其の拾捌)-Curlin(2004.3.25)-
Curlin(カーリン) 牡 栗毛 2004.3.25生 米国・Fares Farm Inc生産 馬主・Stonestreet Stables & Midnight Cry Stables 米国・Helen Pitts厩舎→Steve Asmussen厩舎

またパレスマリスは母パレスルーマーがカタカナ馬名の通り日本に輸入されています。はい、天皇賞・春(GI)の勝ち馬ジャスティンパレス(2019.4.12)の母でもありますね。米国のクラシックホースを産み、日本の八大競走勝ち馬を産む。尊ぶべきは偉大なる母堂、パレスルーマー。

ジャスティンパレス(2019.4.12)-第167回天皇賞・春(GI)の勝ち馬-
ジャスティンパレス 牡 青鹿毛 2019.4.12生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・三木 正浩氏 栗東・杉山 晴紀厩舎

そしてまたジャスティンパレスの名前を出してみれば、ジャンタルマンタル鞍上の鮫島騎手の手綱で神戸新聞杯(GII)を勝ち、菊花賞(GI)3着、宝塚記念(GI)3着。鮫島騎手はパレスルーマーの仔、孫に縁があるのでしょうか。関西の乗れる若手の一角である鮫島騎手、パレスルーマーの血を父方に持つジャンタルマンタルで狙うは、もちろんGI制覇でしょう。次走は朝日杯フューチュリティS(GI)となるということで、馬人共にGI初勝利を期待したいものです。

ジャンタルマンタル、その馬名意味は「インドにある天体観測施設」ということ。レッドカーペットH(米GIII)勝ちがある母インディアマントゥアナ(India Mantuana)の「India」からの連想なのでしょうね。

Home | Jantar Mantar

*

エトヴプレ 牝 芦毛 2021.3.31生 愛・Godolphin生産 馬主・H.H.シェイク・ハムダン 栗東・藤岡 健一厩舎

エトヴプレ(2021.3.31)の4代血統表
Too Darn Hot
鹿毛 2016.3.27
種付け時活性値:1.00【4】
Dubawi
鹿毛 2002.2.7
Dubai Millennium
鹿毛1996.3.20
Seeking the Gold 1985.4.7
Colorado Dancer 1986.2.13
Zomaradah
鹿毛 1995.2.21
Deploy 1987.5.15
Jawaher 1989.5.13
Dar Re Mi
鹿毛 2005.5.15
Singspiel
鹿毛 1992.2.25
In The Wings 1986.1.17
Glorious Song 1976.4.22
Darara
黒鹿毛 1983.5.11
Top Ville 1976.4.5
Delsy 1972.3.20
Nahoodh
芦毛 2005.1.24
仔受胎時活性値:1.75【15】
Clodovil
芦毛 2000.4.9
種付け時活性値:1.00【4】
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Clodora
鹿毛 1994.1.23
Linamix 1987.2.5
Cloche d’Or 1988.4.25
Mise
鹿毛 2000.1.6
仔受胎時活性値:1.00【4】
Indian Ridge
栗毛 1985.3.22
種付け時活性値:1.50【14】
Ahonoora 1975.4.12
Hillbrow 1975
Misbegotten
鹿毛 1991.2.24
仔受胎時活性値:2.00【8】
★バイアモン
鹿毛 1982.5.19
種付け時活性値:0.00【8】
Mistreat
鹿毛 1985.1.12
仔受胎時活性値:1.25【5】

<5代血統表内のクロス:なし>

エトヴプレ(2021.3.31)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Too Darn Hot
(Mr. Prospector系)
Clodovil
(デインヒル系)
Indian Ridge
(Clarion系)
バイアモン
(Blushing Groom系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Indian Ridge
(Mise)
6.00
(【15】+【4】+【8】+【5】)
母が英GI馬
(No. 4-m)
12番仔
(12連産目)

*

レース結果 JRA
2023年の福島2歳S(OP。福島芝1200m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 14 エトヴプレ 牝2 55 藤岡 佑介 1:10.4 8-6 35.9 470
[+12]
藤岡 健一 1
2 5 クリスアーサー 牡2 56 河原田 菜々 1:10.4 ハナ 4-2 36.3 510
[-4]
渡辺 薫彦 5
3 11 ヴェルトラウム 牡2 56 石橋 脩 1:10.7 2 14-14 35.5 446
[+2]
西田 雄一郎 3
4 13 アサギリ 牝2 55 大野 拓弥 1:10.8 3/4 13-11 35.8 450
[0]
尾形 和幸 15
5 9 キョウエイカンセ 牡2 56 永野 猛蔵 1:11.0 1 10-8 36.3 460
[0]
萱野 浩二 7
2023年の福島2歳S(OP。福島芝1200m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.1 – 10.4 – 11.3 – 11.9 – 11.9 – 12.8
ラップの
累計タイム
12.1 – 22.5 – 33.8 – 45.7 – 57.6 – 1:10.4
上り 4F 47.9 – 3F 36.6

福島芝1200m、曇の良馬場、15頭立て。みちのくの2歳オープン特別、かつての勝ち馬にはわが愛しきシンコウラブリイ(1989.2.2)の名前も見えます。そんな福島2歳Sの2023年の一戦を制したのは、1番人気に推されたエトヴプレ。改めてレースを見れば発馬前にクビをフリフリしていて、鞍上の藤岡佑介騎手はゲートの開くタイミングが怖かったのではないかと思いましたが、キレイにスタート。外枠から馬群中程を追走していたエトヴプレ、600m33秒8の流れを3角から4角で徐々に進出。福島芝Aコースの直線292mに差し掛かる時、エトヴプレの前でレースを進めていたクリスアーサー(2021.4.3)と河原田菜々騎手の感じが良く見えましたので「勝つのはこの馬か」と思いましたけれど、一完歩ずつ差を詰めたエトヴプレと藤岡騎手。最後の最後で芦毛の牝馬が鹿毛の牡馬を「ハナ」だけ差し切ったところがゴール地点。エトヴプレ、前走9月の阪神芝1200mの未勝利戦に続いて見事に連勝を果たしました。

エトヴプレはいわゆるマル外馬。父Too Darn Hotは現役時代に6勝を挙げ、その主な勝ち鞍にサセックスS(英GI)、ジャンプラ賞(仏GI)、デューハーストS(英GI)、英シャンペンS(GII)、ソラリオS(英GIII)と英仏グループレース5勝を遂げ、2018年のカルティエ賞最優秀2歳牡馬、2019年のカルティエ賞最優秀3歳牡馬に選出された活躍馬。

2019年のクラシック候補生を確認する(海外編・其の壱)-Too Darn Hot(2016.3.27)-
Too Darn Hot(トゥーダーンホット) 牡 鹿毛 2016.3.27生 英国・Watership Down Stud生産 馬主・Lord Lloyd-Webber 英国・John Gosden厩舎

なんだかんだ長くやっているとToo Darn Hotの記事もありますね^^;。またエトヴプレの母Nahoodhは現役時代に2勝を挙げ、その主な勝ち鞍にファルマスS(英GI)、ローザーS(英GII)があります。父母共に欧州GI勝ちがあるエトヴプレ、紛うことなき良血馬です。

そしてまたエトヴプレの馬主は「H.H.シェイク・ハムダン」ということで、ドバイ首長国のハンサム皇太子でおなじみのハムダン殿下ですね。

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing arou...

ハムダン殿下、インスタグラムのフォロワーは確認時点で1662万人^^;。そんなハムダン殿下の持ち馬であるエトヴプレ、その馬名意味は「準備はできましたか(フェンシング用語)」とのこと。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

#ジャンタルマンタル、エトヴプレ共に海外から持ち込まれた血ということで、日本で当世主流のサンデーサイレンス(1986.3.25)を持たない血統構成です。サンデーサイレンス・フリーの血統馬の活躍は、やはり気になるものです。

##福島2歳S2着のクリスアーサー。日本のドメスティックブラッドとなったテスコボーイ(1963)ビッグアーサー(2011.3.18)の仔。クリスアーサーもまたサンデーサイレンス・フリーの血統構成の持ち主にして、御料の16号族星旗(1924)系。渡辺薫彦調教師&河原田騎手の師弟コンビと共に歩んで欲しい、応援したくなる若駒です。